4.ファッション・セレブ

Sienna Miller(1981)

ジュード・ロウの婚約者として一挙にフラッシュを浴びることとなったシエナ。
モデルから女優に転身、キャリアは「アルフィー」「Casanova」等まだ少ないが
ケイト・モスに次ぐイギリス出身のファッション・リーダーとして注目される。
因みにジュードとは浮気が原因で破局。一時期オーランド・ブルームとも付き合っていたことも。

Mischa Barton(1986)

ティーンを中心に大ヒット中のドラマ「The O.C.」でお嬢様マリッサを演じ
10代とは思えない落ち着いた雰囲気と、 公私に渡ってブランドファッションをそつなく着こなす姿がブレイク、一気にファッションリーダーへ。
少女時代の作品では「シックス・センス」の幽霊の女の子、「ノッティング・ヒルの恋人」の子役が有名。 初の本格映画主演となる「Decamelon」で、ハリウッド女優としても軌道に乗るか。

Rachel Bilson(1981)

ミーシャ・バートンと並んで「The O.C.」の看板をつとめるのがレイチェル・ビルソン。
モデル体型のミーシャと対照的に、身長157センチでブルネットのキュートなルックス、 更に劇中でも恋人役をつとめる人気俳優アダム・ブロディと私生活でもパートナー、という フレンドリーな要素が受けている。
映画デビューは2006年の「The Last Kiss」の予定。

Amanda Bynes(1986)

7歳でCMデビューし、13歳で既に自身の名を冠したバラエティ番組を持っていた芸達者。
2002年から続く主演ドラマ「恋するマンハッタン」(原題:What I Like About You)はNHKでも放送された。 映画作品は、陽気なアメリカ娘を演じた「ロイヤル・セブンティーン」など。
学校の成績はオールAで、雑誌でも”知名度に恥じないだけの仕事をしたい。”と落ち着いた発言を。

Hilary Duff(1987)

日本でもアイドルとしてお馴染みのヒラリー・ダフ。 主演した「リジー・マグワイア」シリーズでアイドルに登り詰め、歌手業のヒットでその地位を揺るぎないものに。
ただし作品的にはあまり質の高いものに恵まれていないのが難。
最近痩せて大人っぽくなり、相応の役にチャレンジするのを期待したい。

Mary-Kate&Ashley Olsen(1986)

生後3ヶ月から「フルハウス」の3女ミッシェルを入れ替わりに演じ、国民的な人気を得る。
ロウティーンの女の子を対象にしたブランドを設立、文房具や洋服、ビデオや本などを販売し 巨大な”オルセン帝国”を築き上げ、ふたりの総資産は数百億超とも言われている。
メアリー・ケイトはビジネスに専念したいようだが、アシュレイはソロで女優を続ける?
実は二卵性双生児だというのは案外知られていない事実。



CINEMA

HOME



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO