3.ブレイク寸前

Rachel McAdams(1976)

「きみに読む物語」で純粋なヒロインを熱演し、全米女子の共感をゲット。
ストレートな美人ではないが、スリムな体型とチャーミングな笑顔が特徴。
キャリアはまだ長くないが、「ミーン・ガールズ」「レッド・アイ」 そして今年を代表するヒット作となった「ウェディング・クラッシャーズ」と、連続してホームランを飛ばしている。 若く見えるが現在28歳の遅咲き。恋人は「きみに読む物語」で共演したライアン・ゴズリング。

Alexis Bledel(1981)

ワーナーの人気ドラマ「Gilmore Girls」でロリー・ギルモアを演じたことからブレイク。
ロリー役のイメージもあり清純派の印象が強いが、「シン・シティ」では仲間を裏切る娼婦を演じた。 白い肌と澄んだブルーの瞳で小鹿のような愛らしさだが、モデル出身で意外にも170cmの高身長。 日本でも広く好まれそうなルックスなので、これからファンがついていきそう。両親は中南米からの移民。

Elisha Cusbert(1982)

「24」の娘役で一挙に人気を獲得、ポルノ女優を演じた青春コメディ
「ガール・ネクスト・ドア」も好評。 チャド・マイケル・マーレイ、パリス・ヒルトンといった人気者を集めたホラー大作 「蝋人形の館」の主役を任され、若手人気女優の座を決定的なものに。 既に4本もの作品が公開を控えているが、スリラー系ばかりなのがちょっと勿体無い。

Evan Rachel Wood(1987)

「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」で鮮烈なデビューを飾る。
当時15歳とは思えない迫真の演技で、暴走してゆく中学生の姿を表現し、多くの賞を獲得した。 本人のキャラクターは、その役柄とは反対の地に足の着いた女の子のよう。 余計なもののない上品な顔立ちで、グレース・ケリーの再来とも評される。大化けしそうな予感。

Jessica Biel(1982)

2005年度エスクワイア誌が選ぶ”最もセクシーな女性”に選出され話題に。
子役からキャリアをスタートさせ、「ブレイド3」「ステルス」などアクションでの活躍が目立ったが、 エドワード・ノートン主演の話題作「The Illusionist」のメインキャストに名を連ねるなど、 これから本格的に花開いていきそう。
アメコミ大作「ワンダーウーマン」の主役候補に上がっているとの噂も。



Young Hollywood 2005

CINEMA

HOME



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO