ハオチー☆台湾旅行日記.


2日目

この日はバスで市内観光。7時40分に迎えに来ると言うので急いで起床。
朝食はホテルのビュッフェ。おかゆが美味しい!
外に出てみると天気もよく、清清しい空気に満ちていて(ホテルの前が丁度大きい公園だったし)
これからの素敵な旅を想像し想いを馳せるのでした。
バスに乗り込んで出発☆
今日は観光名所をまわりまくる怒涛のスケジュールです。

まず保安宮へ。
ここは健康の神様をまつる寺院です。
お線香もおみくじも無料。おみくじを引くときはルールがあって、
棒状のおみくじを引いた後、置いてある一対の木の模型?を地面に落とします。
この模型は陰陽をあらわしており、表と裏が両方出ればその棒に書かれた番号のおみくじをいただきます。
表と表、とか裏と裏、だと最初からやり直し。
3回失敗するとこの日はもうおみくじを引いては駄目なのだそうです。
寺院は、日本や中国と似ているところもありますが、南国だけあって柱が真っ赤。
このへんは琉球なんかとも通ずるところがありますね。
屋根瓦もカラフルで楽しかった〜
孔子廟の近くだったのですが、残念ながらこの日は閉館日。

次に向かったのが日本人観光客向けの茶館。
オーナーはとても日本語の堪能な人で、面白おかしく説明してくれます。
日本のテレビにもよく出てるんだとか。
いいプーアール茶、悪いプーアール茶の見分け方を教えてもらったり。
ここで自分のお土産用に可愛い茶器を購入!飾ってもよさそう!わーい。

そして台湾総統府を経由して中正記念堂へ。
台湾総統府は日本統治時代につくられた由緒ある建物。
この手のモダンレトロな建築物に目がない私は大喜びでした。現在も政府の拠点として使われているそう。

中正記念堂は蒋介石を偲んでつくられたメモリアルパーク。
広大な敷地内に、公園や建物が美しく配置されています。
メインの建物のインパクトが凄い。裏から見ると窓がひとつもないの。
真っ白な壁に青い屋根。
2階に蒋介石の大きな像があって(やたらにこやかで怖い)彼の像が外から見えるような設計になってます。
凄く天気がよくて綺麗な眺め!笑顔で記念撮影。

時刻はここで11時ごろ。免税店へGo!
1時間ほど買い物した後、昼食へと向かいます。
台湾料理レストラン梅子
割とあっさりした味付けでとっても食べやすいです。
魚のつみれが入ったスープと、豚の角煮ぽいのが特に美味しかったー
おそらく通常成人女性の3倍くらい食欲旺盛な私は、テーブルの円(中華レストランの机にあるあれね)を回しまくり。
初対面の人だらけの食卓で・・・恥ずかしい女ですが、旅の恥はかき捨て!食べます!!

ひと段落したところで一行は近くの有名足ツボマッサージ店へ。
ここはオプショナルだったので、参加したい人だけお金を払って参加、
あとの人は別の部屋で商品の説明をされたりしつつ休憩します。
台湾に来たからには当然足ツボを、とは思っていたのですが、お腹いっぱいだったのでちょっと迷う。
相棒・だちゃんはマッサージしてもらうことにしましたが、私はひとまず休憩することに。
・・・まあ、これにはもうひとつ理由があるのですがね。
下に続く。

長机が並ぶ別室へ案内され、適当に座る事になります。
私の目が光る。
見据えた先は最前2列の長机。
前に3人・後ろに2人の男の子たちが先に座っています。
彼らはどうやら5人組でこのツアーに参加しているらしく、さっきの中正記念堂で写真を撮ってあげたりしたのでした。
でね、それがなんと、5人とも全員なかなかのイケメンで、何より好感度高い楽しそうな人たちだったんです。
年も近そう。

そんなイケメンズを目にして、話せそうな機会があれば(彼らがマッサージせずに別室に行く雰囲気ならば)
そりゃ迷わずそっちに行きますよね?
席の隣りが空いていたら、「ここ座っていいですか☆」て言って陣取りますよね?

独身19歳女子なら当然の行動ですよね??

という訳で、こういう時だけコンコルド並に頭の回転がはやい私(女狐とでも呼ぶがいい)は
旅先での爽やかな出会いに心躍らせつつ彼らの横をゲットしたのでした。
因みに隣の彼(一番しっかりしてそう)に、向こうから「さっき写真撮ってくれた人ですよね?」と言われ
よし!つかみはOK!!いけいけサイコ!

店員による商品のデモンストレーションが終わり、ひと息ついたところで
隣りの席の彼に笑顔で話し掛ける私。
まずは軽くお互いの年齢とか。聞くと彼らは大学4年生。
就活も終わって、あとは卒論くらいで暇なんですよ〜 とのこと。
えへ、私は2年生ですけど、就職とか今から考えて憂鬱ですー(本音だけど) とかにこやかに話します。
そして「因みにどちらの大学なんですか?」と訊いたところ・・・

(ウォーターボーイズ風に)
ケイオーボーーイズ!!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

なんじゃそりゃこの巡り合わせ!!と一気に興奮したのは言うまでもない。
私「ええ、慶應なんですか!?私は○○なんですよー!」と盛り上がる。
そんな感じでだんだん5人全員と会話。
皆さん同じ学部(法学部ですよ姉さん!)、同じサークルとのこと。
イイ!みんな爽やか!面白い!

私が求めていたのはこういうのじゃなかっただろうか

しばらくして帰ってきただちゃんが「あれ?なんでそんな仲良くしてんの?」とびっくらこいてました。
自分の行動力に感謝感激雨嵐(嵐の桜井は慶應ですからね!慶應祭り)だぜ。

そんな感じでテンション上がりつつ次はお待ちかね、故宮博物院
国民党が中国本土から持ち出した金銀財宝(誇張)がざっくざく。
残念ながら本館は改修中で、完璧な形ではありませんでしたが、さすがに素晴らしい内容!
ものすごーく精巧な古代の置物とか、皇帝が使用した印鑑とか
私が特に気に入ったのは西遊記をモチーフにした巻物みたいなのかな。
桃源郷の絵とかあってとても楽しかったです。
時間が短くて完全に見切れなかったのが残念。

そして最後の観光地、忠烈詞へと向かいます。
ここは日本でいう靖国神社みたいなところで、戦争でなくなった兵士をまつる、厳粛な場所。
目玉は衛兵交代式。
中正記念堂でもそうでしたが、台湾の衛兵さんって凄いのね。直立不動で、まさに1ミリも動かないんです。
遠くから見たら人形かと思うほど。
時間が来ると、5人の衛兵が規則正しく行進をはじめ、途中軍隊式の剣さばき
(マスゲームとかでやるようなやつ 完璧にシンメトリーで神業)をしたり
もう軍隊フェチの私にはたまらない内容!
彼らは陸・海・空軍から選りすぐられたエリートとのこと。

そうしてバスは解散場所、DFS(免税店)へと向かいます。
時刻は午後4時半頃。

この免税店がツアーの終点。このあとは自由行動になります。
ガイドさんと記念撮影してもらったり。
因みに、その写真を慶應ボーイズに撮ってもらったのですが、
これでお別れだというのになんか微妙に何も言い出せないまま、後味の悪い別れ方をしてしまいました。
あー、折角故宮博物院とかでもちょこちょこ喋ったりできてたのに!
でも男5:女2だし、海外ゆえ気軽に携帯でメアド交換する雰囲気でもなくて
なんかまあ仕方なかったんだけど。
いったんホテルに帰ってからも気がおさまらないふたり。
サイコ「ぐあー!やっぱ名前とか訊いときゃよかった!!ばかばか!」
だちゃん「うん、ほんとみんなイケメンだったよね・・・」
サイコ「逃した魚は大きい、とはこういうことを言うのか・・・!」
騒いでもあとの祭り。

でももしかしたら、明日の自由行動で再会できるかもしれない
台湾そんなに広くないし、有名スポットに行けば可能性はあるはず、ということで
とりあえず気を取り直して夕食を食べに行くことに。
MRT中山駅近くにある福大山東蒸餃大王
ここはるるぶに載っていたのですが、かなーり庶民向けのお店。
割と早い時間でしたが、店は地元客ではやくもにぎわっています。
そこで水餃子のスープと牛肉麺をオーダー。
漢字読めないし日本語通じないしで、超無理やりな勢いで頼みましたが
特に前者、これがもう、ほんっとに美味しいの!!
餃子がぷりぷりっとしてて、だしも深くて、アツアツで、最高です。
牛肉麺も独特のスパイスがくせになる。
量も結構おおぶりで、結局このふたつだけで満腹になってしまいました。
そして驚くべき事に、ふたつでお値段195$。日本円でひとり400円くらい?
レンゲがプラスチック製なのにも驚いたけど(笑)

そしてそのままMRTに10分ほど乗って、剣潭駅まで。
MRTとは台湾の地下鉄のこと。とても整備されていて、日本の地下鉄とあまり変わりません。
ここでのお目当ては士林夜市
安めの屋台やお店がずらーっと並んでいるのです。
人が多くて熱気に溢れており、お祭りのような雰囲気。
麺類や飲茶といった食事系の屋台から、ミックスジュースやカキ氷といったデザート系まで様々なお店があります。

夜市は結構地元の若者が多くて、音楽やファッションなんかのお店もたくさん。
丁度露店で「2着で350$」という驚異のセールをやっていて、茶色と青の色違いのスカートで
なかなかいいのがあったんで、だちゃんと「ふたりで半分こしよっか〜」と言って物色してたんですよ。
そしたら急に店のおばさんに、持っていた商品を掴み取られる。
「!?」
訳がわからないまま呆然としていたら、ものすごい勢いで露店は路地の奥へと撤収していきました。
どうやら警察が来たみたいです。
ていうか違法だったんだ。
そして帰りにまた通ったら、再び商売してました(スカートもうなかった)強すぎ。

中華風バーガーみたいなのを買って食べたり、楽しむ私たち。
そういや妹にF4グッズ買ってこいと言われていたんだった!
ビルの2階にある、絶対違法くさいアイドルショップ(原宿とかにあるやつですね)に入店。
店主「コレ、F4ノポスター」
入るなり・・・!
店内にはF4以外にもワン・リーホンとか、ヨン様(台湾でも人気ある)はたまたジャニーズグッズも盛りだくさん。
妹に「ヴィック・チョウ買ってよ」と言われていたのだが、どいつがヴィックでどいつがジェリーか見分けつかねー!
因みにジェリーが「花より男子」で道明寺、ヴィックが花沢累演じてました。
だちゃんとぎゃあぎゃあ笑いながら、結局F4全員がうつったカレンダーとマウスパッドを購入。
会計しようとしたら、
店主「コレ、F4ノポスター」
・・・それしか日本語わからないんだな!

そんな感じで台湾の熱い夜を堪能した私たち。
ホテルに帰ったのが11時前。歩きっぱなしの1日で、確かに疲れてはいたんですが
普通、友達同士の旅行の夜って、夜更かしして語り合うもんじゃないですか。
恋バナとかちょっと真面目な将来の話とかいろいろしゃべくるもんじゃないですか。

だちゃんという女は12時前に寝ようとするんですよ

婆さんかお前は!と言って、無理矢理「ねーセブン行こうよーちょっと夜風に当たろうよー」と我儘。
ええー!もうすっぴんだもん!とか文句言うだちゃんに、ていうか普段からそんな化粧してないじゃん、と反論し
再び外へと出掛けます。

ホテル、道路(南京東路1段という大きい道路)を越えた向かいが、きれいな公園になっていて
そこのベンチに腰かけてしゃべくり。
青春!
カップルが何組かいて、後ろから邪魔しようかと思ったけど、日本人の印象悪くなると思ってやめ(それ以前の問題)
それでもだちゃんが「蚊に刺された!そろそろ帰ろうよ!」とぶーぶーし、30分くらいでお開き。
お前みたいな女はいつか青春を無駄にした事を後悔するがいい。
ほんとに仲良いのか?(笑)


3日目



ARTICLE

HOME

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO