SAVAGE GARDEN/Savage Garden

それまで洋楽に疎かった私に、後頭部殴った位の衝撃を与えたアルバム。
洋楽といえばマライヤやセリーヌ・ディオン等の大御所、
あるいはブリトニーのようなティーンアイドル、という
貧相な発想しか持ってなかった私。
Mejaとか好きな歌手もいたんだけど、所謂TOP40ヒットのような曲になると、
別にJ-POPと大差ないし(と思っていた)、特に洋楽の歌詞って平凡でつまらないし、
とにかく洋楽にそれほど魅力を感じられずにいました。
だけどこのアルバムが、新時代への扉を開いてくれた。
まずサウンドが最高! 個人的に好みな80'sのフレイヴァーたっぷり。
わざとロボットっぽいサウンドに仕立ててるのもユニークだし。
クールでスウィートでとってもキッチュ!!
そのメロディにのせて歌うダレンの歌声が、実にマッチしていて綺麗。
やや中性的なトーンながら、sexyさを感じさせるこの声は無比のもの!
そんなダレンが書く歌詞も、私のボーダーを軽々と越えてくれる素晴らしいものばかりで、
実直かつロマンティックで、彼は本当に、
あの、恋愛の独特の切なさや寂しさを表現するのが上手い。

そう、SGの最大の魅力とは”ロマンティック感”
一見メタリックでありつつ触るととてもやわらかい。
純粋なんですよね、音楽に対する姿勢というか、真剣さがよくでていて、
あーこの2人は本当に音楽やりたいんだなーと思わされちゃう。
もちろん1stアルバムならではの、若々しい挑戦性もみれて、
たくさんの彼らの感情がぎゅっと詰まったアルバムになってます。
1997年、オーストラリアから出て来た夢見る2人の青年が、
このアルバムで全世界の音楽界に新風を吹き込むことになる。
残念ながら私は当時それを目撃することはできなかったけど、
2002年の今でさえ、こう思わずにいられない。ああ、ポップス新時代の到来だと。


2.I Want You
心が浮き立つヒットナンバー。
聴いてると、まるで自分が”シック・ア・チェリーコーラ”の泡になった気分。
すーっと昇華するような、とてもさわやかな気持ちになれる。
自分の中では殿堂入り扱いの名曲です。
チープさギリギリのところで、最大限にポップな、不世出の曲ですよこれは。

3.Truly Madly Deeply
ビルボードでなんと1位を獲得したバラードで、ファン人気も抜群。
なんですけど、私は最初その良さがわかりませんでした(笑)
バラード基本的に苦手なんですよね。だから特別視してなかったんだけど、
ひさしぶりに聴いたらやっとわかった。はまりました。
どこまでもやわらかく真摯なダレンの歌声です。

6.Carry On Dancing
とにかくダレンの声がクリア&セクシィ!!
歌詞も幻想的でロマンティックで超好み。このアルバムでも特に好きな曲。
中盤の「move,closer,passion,stronger」のところがしびれる!
もうほんまに腰砕けますよ。
これでダレンファンになりました。

7.Violet
明るくてかなりポップな、楽しいナンバー。
最初の金槌?みたいな音はなんなんだろうか。
サビではつい一緒にくちずさみたくなる!

8.Break Me Shake Me
サビの部分が大好きです。
このアルバムの中ではかなりROCKよりのサウンドで、
ギターの音が前面に生かされたつくりになっています。

12.Santa Monica
このアルバムの最後を飾る曲であり、他のものと少し違うトーンの曲。
しんみりしてきてちょっと泣けちゃう。日本で人気がある曲というのも頷ける。
サンタモニカの冬の情景が瞼に浮かんでくる。
この歌詞もとても良いですね。都会のせつなさというもの。
少し寂しげなコートの背中、というイメージです。





MUSIC

HOME



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO