花の名を持つガール・ボム、リリー・アレンがUKから参上!!
ポップ・ミュージックの概念を変えるのはこの娘だ!


既にシングルがUKチャートで1位、アルバムが2位を獲得し
かの地で話題騒然となっている弱冠21歳の新たなポップ・アイコン、リリー・アレン。
2006年10月4日には、アルバム「Arlight,Still」を引っさげ遂に日本デビューを果たします。
唯一無二の音楽性と、既に大物感ありまくりのキャラクター、キュートなルックス。
日本盤リリース前に、ブレイクの理由をチェックすべし!


BIOGRAPHY&MUSIC


Lily Allen(リリー・アレン)
1985年5月2日ロンドン生まれ。
父親はコメディアンのキース・アレン。弟のアルフィ・オーウェン・アレンは俳優。
パンク、スカ、レゲエ、ジャングルやドラムンベースなどを聞き、さまざまな音楽を吸収しながら育つ。
ロンドン内を転々としつつ、いろいろな学校を渡り歩いたが、
15歳のときに、彼女のクリエイティヴィティが満たされないとはっきりとわかり、学校をやめ、創作活動を始める。
痛烈な歌詞とPOPな楽曲で、誰にもまねできない独自の音楽を作り上げる。
2005年末、Regalレーベルと契約。それと同時にウェブ上に楽曲を公開し始めた。
その後、驚くべきことに、100万人あまりが彼女の曲をMyspace.comで試聴。
今イギリスでもっとも注目されているアーティストである。
(以上オフィシャル・サイトより引用)

そんなリリー・アレンの個性を知らしめるのに最適なこの1曲。
アルバムからのファースト・シングルであり、リリーの代名詞ともなっている曲「Smile」。
これは実は失恋の歌なのです。
それにしては「Smile」ってタイトルだし、サウンドもラヴァーズ・ロック風のゆるいポップスだけど・・・
しかし歌詞の内容に注目。
ここで描かれているのは、失恋してしくしく泣いている女の子ではなく
あの手この手で元彼を精神的に追い詰める、超性悪かつ超爽快な復讐劇!!
ここがリリーの面白いところ。
一見キュート、でも本当は毒っ気たっぷり、このバランス加減がたまりません。

ビデオでは、チンピラに金をやって彼氏を襲わせたり(!)
彼氏の飲み物に下剤入れたり(!!)
家を荒らさせて仕事道具のレコードを傷つけてやったり・・・(!!!)
ヒー、酷い。でも面白いんだこれが!

Smile

♪サビ部分
At first when I see you cry, (あなたが泣いてるのを見たら)
yeah it makes me smile, yeah it makes my smile(超笑えたわ。そう、めっちゃ笑えたわよ)
At worst I feel bad for a while, (ちょっと申し訳ないかなとも思うけど)
but then I just smile I go ahead and smile(でもやっぱり超笑けてくんのよね)


STATEMENT

そんな大胆な音楽に負けず劣らず、実生活でも口達者なリリー。
歯に衣着せぬ物言いは、賛同・批難ひっくるめて音楽ファンを騒がせています!

例えば元リバティーンズ、現ダーティー・プリティー・シングスのカール・バラーに対して
「自分をインディー界の神とでも思ってるんじゃないの」と雑誌のインタビューで話したところ
カールのファンから批難轟々の嵐!抗議メールが山のように送られてきたそう。
それに対してまたリリーは「リバティーンズのファンは、危険な形でバンドに取り付かれてる」と発言。
しかもこの話には後日談が。
とあるフェスで、当のカールとバッティングしてしまったリリー。
ずっと自分のリハーサルをカールが見てるので、文句言われるのかと思っていたが
結局一言も話し掛けられないまま終わってしまった。
そして一言「なんかあいつキモくない?」

カールには申し訳ないけどこの話超笑ったわー・・・
そして同じく人気バンド、クークスのルークもメッタ斬り。
「破れた麦藁帽子にサングラスで、まるで新譜の独占試聴会みたいにギターを爪弾いてたけど
 あそこはただの控え室でしょ。お前はジム・モリソンじゃないつーの」
この毒舌っぷりよ!
その他リリーの牙にかかった皆さん:
デイヴィッド・ベッカム→2度と代表チームでプレーして欲しくない。雇われてるのは知名度のためだけ
ヴィクトリア・ベッカム→痩せすぎたボディー・イメージで子供達に悪影響
プッシーキャット・ドールズ→真っ裸で踊りながら売春を奨励している
ロビー・ウィリアムス→デュエットすんのは微妙だからバック・コーラスだけやったわ
ボブ・ゲルドフ→殊勝ぶったアホ
あとマドンナに対してもなんか言ってたな・・・
とんでもない恐るべき小娘!


FASHION

音楽同様、リリーはファッション・センスもカラフルでポップ、独特の世界観を持っています。
基本のスタイルは50年代風のワンピース&スニーカー&チェーン系アクセサリー。
イヤリングは大ぶりのものを好んでつけているようです。


ライヴに遊びに来たのはなんとキーラ・ナイトレイ!

服に合わせたヴィヴィッドなアイライナーも特徴的。



JAPAN

そんなリリーの日本盤には、ボーナストラック2曲と、更に「Smile」ビデオがエンハンスト仕様!
期間限定特別価格で1980円とお求め安いお値段です。
更に11月ごろ来日もあるかもということです。

Arlight,Still(日本盤)
01. Smile
02. Knock 'Em Out
03. LDN
04. Everythings Just Wonderful
05. Not Big
06. Friday Night
07. Shame For You
08. Littlest Things
09. Take What You Take
10. Friend Of Mine
11. Alfie
12. Cheryl Tweedy(Bonus Track)
13. Absolutely Nothing(Bonus Track)
CD EXTRA:「Smile」Video
アルバムにはラヴァーズ・ロックだけでなく、ポップ、スカ、パンク、ラップなど
さまざまな要素がちりばめられたドリーミー&スパイシーな、万華鏡的内容。
あの「エマニュエル夫人」のテーマをサンプリングした曲なんかもあります!



「自己主張のある女性ポップ・スターがいたのは一体いつの話よ。アタシが変えてやるわ!」
シンガー・ソングライターでありながら、ポップ・スターになることを恐れていない
むしろ自らそれを引き受け、世間に立ち向かっていくリリー・アレン。
うーん本当に頼もしい!!


更なる情報はこちらへ。
http://www.lilyallenmusic.com/
http://www.myspace.com/lilymusic



MUSIC

HOME

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO