サイキッシュ日記過去ログ 2009年



●12月27日 I skip(前編)

23、24、25日と毎日飲み歩いていい気持ち。まあ年末だし許されるよな。
その中でHrkさんに会ったとき、マンガ「リアルクローズ」を貸してもらいまして。
かなりの めり込んで読んでしまい、借りたその日に8巻すべて読破。
ファッションの素敵さやデパートの裏側事情などの面白さはもちろんのこと
「女子が働く」ということを、 読んでからずっと考えてます。

同じくこのマンガを読んだナツちゃんが、以前感想を書いて いたんだけど
私は結構、「自分は“手柄取りたいタイプ”だな」と思っていたんです。
女子としては、少数派なのかもしれないけど。
私は昔からちょっと醒 めているというか、死ぬほど努力してなんとか勝つよりは、
先に負けたほうがむしろ勝ちだ・・・みたいな考え方をする少女でした。
だから仕事してもそうだろうな と思っていたけど、これが意外と、どんどん負けず嫌いな一面が出てきて。
振られた仕事は一定以上のスピードとクオリティで完遂したいし、「こいつはデキるヤツだ」 と思われたい。
認められたいし名誉が欲しいし、ゆくゆくは自分の名前で仕事したい。
本当は、ギブアップしても怒られたりしない(本気でオーバーワークのときは ちゃんと言うけど)だろうけど
試されるたびに応えられる自分でありたいし、そういう自分が好きなんだよ。
もちろん今が社会人2年目で、働き盛り・何も考えずに突 っ走れる時期だというのもあるでしょうが
それならとりあえず、走れるところまで走りたいと思う。
会う人に「仕事量の割に、意外と元気そうだね」ってよく言われ るけど
基本的には楽しく仕事してるので、苦労はあっても苦痛はない。

でも、それだけじゃないな、とも思っていて。
上述の話だけだと、超キャリア志向・ エグゼクティブ志向の女子みたいだけど
一方でめちゃくちゃロマンチストだし、ガーリィ大好きだし、ドリーマーだし
趣味の人間だし、妄想ばっかしてるし、家庭や 友だちを大事にしたい。
どっちかしかないなんて、私にとっては不自然なんです。

そういう価値観で生きている女子は、きっと少なからずいると思うの。
で も悔しいかな、マクロの視点で見たとき、まだまだ生きづらかったり、あまり理解されなかったり。
私の親だって、いまだに「30まで勤めたら、広島に帰ってきたら?」 とか言ってるし。
(娘の何を見てきたのか?というか、見てないんだろう。親の愛も理解しつつ、あえてこう書くけど)


●12月27日 I skip(後編)

もちろん具体的に生活していく上で、雇用とか結婚とか出産とか、現実的な壁には必ずぶち当たる。
きっとそのとき凄 く迷うし、泣き言も言うだろうし、女であることを呪う瞬間もあるだろうけど
でも、そこで選択肢はオールオアナッシングじゃない、最大公約数以外の選択肢もきっとあ る、
がんじがらめの糸をどうにかくぐり抜けて、自分らしい生き方が追求できるはず。
私はそういう、理想主義で夢見がちで、コストも労力もかかる、でも素敵な人 生を信じている。
そしてそのためには、今日この日の、地道な努力が必要だということも知ってます。

で、私は将来的には、そんな女の人がもっと生きやすくな るための仕事をしたいんです。
もっと具体的に言えば、そういう女子のための雑誌を作りたい。
ふわふわと夢を見ながら、同時に地に足付けて生きている女子のため の。
そのために、まず自分がそういう生き方をちゃんと実践したいなと。
私が両方を楽しく(もちろん失敗も挫折もあるだろうが)生きてる姿を
より多くの人に 認知されれば、そういう価値観・生き方が少しは浸透するんじゃないかって
もう「北京で蝶が〜」レベルのおぼつかない波及効果だけど、私は本気で信じてるんですよ。
そのためにまず手柄を取る。

ちなみに、「リアルクローズ」の中で印象的なエピソードがあって。
「I ○○」の、○○に入る座右の銘をデキる女上司に尋ね るシーンで、彼女の答えは「I survive」。
読んだ瞬間、超カッコイイ!わかるわ〜と思ったんだけど
でも私にはもっと私らしい言葉があるよな、と考えて出てきたの が「I skip」。
私の人生、割とラッキーでトントンと進んできたところがあって、その姿は良くも悪くもskipだなと思うし
たとえしんどいことがあっても、傍から見 たらピョンと軽やかに生きてるように見える
そういう人間でありたいな、と思う。
以前妹に、
「人から『ラクしてズルい!』と思われる生き方と、『すごく努力 してるね』と思われる生き方、どっちがいい?」
と訊かれたとき、即答で前者と言ったんだけど(妹は後者らしい)
実際何故か本当に運だけは良くて、だからこそこ ういう生き方ができて
もし他人に称賛半分嫌味半分で「サイコは運がいいよね」と言われたら
「そうなの!先祖に感謝しないとね〜ウフフ」って笑いたい。

だいぶ長くなってしまいましたが、ずっと考えていたことを書けてよかった。
私は今、働くのが楽しいです。
来年も頑張って働こう。皆さん今年一年お疲れさまでし た。


●12月16日 Maps

「Rolling Stones」誌が選ぶ、“この10年の100曲”が発表されました。
1. Gnarls Barkley - Crazy
2. Jay-Z - 99 Problems
3. Beyonce - Crazy in Love
4. Outkast - Hey Ya!
5. M.i.A. - Paper Planes
6. The White Stripes - Seven Nation Army
7. Yeah Yeah Yeahs - Maps
8. Amy Winehouse - Rehab
9. U2 - Beautiful Day
10. Eminem - Stan
11. MGMT - Time to Pretend
12. Eminem - Lose Yourself
13. 50 Cent - In Da Club
14. Missy Elliott - Get Ur Freak On
15. Johnny Cash - Hurt
16. The Strokes - Last Nite
17. Bob Dylan - Mississippi
18. Kelly Clarkson - Since U Been Gone
19. Kanye West - Jesus Walks
20. Justin Timberlake - Cry Me a River

20位以下はこちらからどうぞ
ロックに偏らず、R&B、HIP HOPと、な かなかバランスのとれた良いランキングではないでしょうか。
「Umbrella」(23位)はもっと上位でもいいと個人的には思うし、
逆に「Beautiful Day」なんかは上位 すぎる気もするけど(だったら「Walk On」のほうが好き)
まあ見る感じ、曲としての斬新さというか、聴いた瞬間のパワーみたいなのを重視してるみたいだね。
嬉し かったのが、7位のYeah Yeah Yeahs「Maps」。大好きなバラード。
ストライプスやアーケイド・ファイアもカバーしてるようで、同業者人気が高いのも高評価の一因だろ うけど
でもトップ10の他のメンツに比べたら、そこまでヒットしたって感じでもないのに。
学生時代にやってたディスクガイド連載の「失恋ソング10選」でも、この 曲を選びました。
「Wait, they don’t love you like I love you」ってフレーズが切なすぎるんだよな。
ちなみに他に選んだのは「Stay」(Lisa Loeb&Nine Stories)、「Blinded」(Third Eye Blind)、
「My Happy Ending」(Avril Lavigne)、「Smile」(Lily Allen)など。楽しい仕事でした。

突然だけど臼田あ さ美の私服が可愛すぎる。
臼田あさ美オフィシャルブログ
赤い帽子に赤リップの「週刊朝日」の表紙が可愛いなーと 思ってたんだけど
もしかして私服の延長線上だったのかも? それくらい私服のセンスが抜群。
足元はスニーカーやドクターマーチンでも、こんなにガーリィに着こ なしているなんて!
10月29日のコーデなんて最高です。
文章も、ちゃんと自分で書いてる感じがして好感が持てる。


●12月13日 シャークデリ

昨夜から咳がコンコン出ると思ってたら、案の定風邪を引きました。
まあまだ熱があるってレベルじゃないから、取り急 ぎ今日は1日中マスク。
ルルも飲んだし、明日には引いてくれてることを祈りたい。
会社を休んだらどうなるんだろう?と想像しかけるたびに首を振ります。怖すぎる わ。

そんなときに限って彼氏が長野からうちに遊びに来てました。
外に出るのが億劫だったのと、前から気になっていたのもあって、お昼ごはんはデリバリーに してみた。
リストランテシャークのデリ専門店、「シャークデリ」。
http://www.shark-deli.com/
目白にある老舗のイタリアンで、デリバリーもあるというのは ポストに入ってたチラシで知った。
普段は友だちが来たときにピザをたまに取るくらいで、デリバリーで食事することはあんまりないんだけど
(そもそも実家ではピ ザすら取ったことがなく、そういう習慣がない)
チラシに載ってた写真があんまり美味そうで、つい・・・

パスタ、フォカッチャ、サラダ、おかず載せサフランライスを頼んだら、こんな感じに。
これで3600円くらい。ま あ安くはないけど、土日にゆっくりしたいときには丁度いいかも。
ホームパーティーにも使えると思う。
パスタも麺が伸びてるかな?と心配したけど、普通に美味し かった。
ドレッシングやソースをちゃんと別容器で届けてくれるのがいいね。バターも手作り?らしく、美味かった。
あとお皿が陶器なのも嬉しい。回収しないそう なので、シチューとか入れるのに使うよ!

ちなみに写真にちょこっと写っているバラ&花瓶は、会社近くの花屋で買ったもの。
それまで素通りしてたんだけど、 急に花を買う用ができて行ってみたら
店内にかかっているのはサティの「グノシエンヌ」、棚にはアンティーク調の花器・・・
「こんな昭和くさい駅ビルにこんな洒 落た花屋が!」と驚いたよ。
アレンジメントも全部素敵だった。値段はちょっと高めでしたが。
そしてやはり薔薇はいい。心が贅沢になります。

食後のおや つは長野で買ってきてもらった「くるみやまびこ」
長野銘菓のなかで一番好き! コーヒーに も緑茶にも合います。
中のもちっとしたくるみヌガーの食感がたまらんのですよ。
サンクゼールのくるみバターもおみやげに買ってきてくれました。彼はこういうセ ンスが大変に良いので助かる。


●12月12日 アイドル評論家になりたい

土曜はひどかった。朝6時に帰ってきて、そのまま19時まで・・・
って、1週間前とほとんど同じタイムライ ンで行動している自分に愕然とする。
いやね、ここ1週間、毎日毎日本当に眠くて。
そりゃ仕事量も増えてるけど、それだけが原因じゃなくて、これはもう冬眠に近い もの、動物の本能なのだと思う。
ただでさえ体力がないのに、この時期は冷えてさらに体力が奪われるでしょ。
しかも食事も平均1日2食なので、体力温存のために身 体が勝手に眠ろうとしているのだ。
なもんで7時間半寝ても飽き足らず、平日のその眠気を今日でとりあえず相殺しといた。
でも起きてから2時間ほど仕事してきたよ 。帰り道、風がびゅうびゅうで凄かった。

気付けば年も暮れ、各所で「今年ヒットしたものランキング」とかいろいろやっていますけれども。
3月に予言したとお り(3月6日の日記を参照)、西野カナはブレイクしましたな。25日のMステスペシャルにも出るとか。
まあ残念というか案の定というか、ブレイク後の曲(着うたヒット路 線の失恋ソング)には全然惹かれないけど。
でもメイベリンのCM曲になっている新曲「Maybe」は比較的初期のカラーが出てて、可愛いです。
顔もちょっと変わってき ている気がするのだが、そこは詳しく触れないでおく。

自分で言うから説得力がないんだとは百も承知だけど、
芽が出る新人をみつけてくる能力が、私は結構長 けていると思うんですが、いかがですか。
今年のエンタメ界最大の経済効果、嵐の潜在能力についても2006年くらいから唱えておりました。
タイ旅行に行ったとき、 何故かホテルのプールの中で、
「SMAPの後を継ぐのは、KAT-TUNではなく嵐である!」と友だちに熱弁した記憶があるわ。
最近はどうやったらアイドル評論家になれる のか、そればっか考えてるよ。
ちなみにU-18女子アイドルでいうと、ネクストブレイク四天王は
川島海荷、桜庭ななみ、川口春奈、逢沢りなだとされてるけど
個 人的にはやはり桜庭ななみを推したい。全盛期の広末涼子に通じる中性的な魅力がある。
対抗馬は逢沢りなで。

最近ネット界隈で耳にするようになった「ガジェ ット」という言葉の意味がよくわからなかったけど
今日ふとアニメ「ガジェット警部」のことを思い出し、すべてが解決した。
今考えてもめちゃくちゃオシャレなア ニメだ。DVDでないかな。

なお、この日記は3秒後に自動的に消滅する。


●12月6日 持ってけパーティードレス

土曜はひどかった。朝6時に帰ってきて、そのまま20時半まで寝ていた。
自分で言うのもおこがましいけど、 ここ数日リアルに激務だったんだもの。
もちろん電話やメールでちょこちょこと起きてはいたんだが、全然ベッドから出られなかった。
そのままご飯を食べながら、 すけっじさんとサカキさんと約束していたチャット
(09年音楽シーンを振り返る企画。詳細はまた後日)を3時間かけて行う。
どう考えても廃人だな。
その中です けっじさんに教えてもらった「パーリス」というサイトにハマる。
スーパーリスナーズクラブ
若手アイドル女優とUSモ ダンロックと三国志と柳沢きみおを、すべてフラットに語れる人などなかなかいない。
ゲラゲラ笑いながら過去ログを読み返していたんだが、一番笑ったのは「羊水発言 」が話題だった頃のこの記事。
“Jポップの董卓、乱世の梟雄、3年間芸能界に恐怖政治を敷いた21世紀のモンスター倖田來未もこれでおしまいか。
 思えば奴がエイ ベックスのオーディションに現れたのは1999年の夏である。
 ノストラダムスが予言した恐怖の大王とは倖田のことだったんだよ!! な、なん(略)”
ちなみにこ こまでの日記が「ですます」ではなく「である」調なのはパーリスさんの影響。

で、そのチャットしてる途中に、友達が急にうちに来ることに。
なんでも2日連続 結婚式で、出席者は違うけど同じドレスを着るのもアレだし
特に日曜は式から出席するから、サイコのドレス貸してくれない?って話。
「そらー!持ってけー!!」 と、ベッドの上にばっさばっさドレスを広げる快感といったら。
自分でいろいろ選ぶのも楽しいけど、他人に見立てるのも楽しかった。
ドレス5着、バッグ4つをアレ コレ組み合わせて着せ替えごっこ。
結局aquagirlのパープルのドレスと、シャンパンホワイトにパールの飾りがついたバッグをリースに出しました。
学生時代に一瞬 思いついてすぐ立ち消えちゃったけど(私の悪いクセだ)
自主ファッション誌、やっぱり一回やってみたい。
カメラマン&撮影環境さえ押えれば、あとは多分どうと でもなるよな。

で、今日はマッサージへ。久々にたっぷり90分と贅沢してみました。
池袋のミストモックというお店。
クーポンランドで適当に探して行って みたんだけど、すごく良店で気に入りました。
セラピストさんが丁寧で親切。部屋も静かで良かったわ。
実は10月期のクーポンランドのランキング1位のお店だったら しい。


●11月28日 駆け込みマイケル

木曜の深夜、友人のmixi日記を見て、「THIS IS IT」の上映が金曜までだと気付く。
しかも最終日だけあって、ほと んどの映画館はチケット完売!
その友人と「朝5時の六本木ヒルズに見に行くか・・・」となんとなく打ち合わせるも、翌朝にやはり完売。
でもどーしても見に行きた い!ってことで、探し出したのは平和島のシネコンのレイトショー。
余談だがこの日は午前中に仕事で茨城へ行き、夜は出張でこっちに来てた彼氏と東京駅で1時間だけ会 い
深夜にマイケルのためだけに平和島へ・・・と、どんだけ移動してんだ、な1日でした。

平和島は東京でもかなり「地元感」の強いところというか、車文化のエ リアなので
当然、客層も六本木や新宿とはまったく違って、例えるならダウンジャケットやジャージ率が高い感じ。
でもそういう普通の人たちで映画館を満員にして しまうマイケルはやっぱり偉大だわ。
曲ごとに拍手と歓声、ラストは大きな拍手で包まれました。
こういう機会を私はこの先経験できるだろうか?いや、ほとんどな いだろう。
マイケル・ジャクソンという人の偉大さを思い知りました。

肝心の映画は、幻となったコンサート「THIS IS IT」のリハーサル映像がメインなんだけ ど
とにかくセットにも衣装にも映像にもすべてにカネかけまくってて、
これチケット完売しててもモト取れないんじゃ?と思うくらい豪華なエンターテイメントだっ た。
特にしびれたのは「Smooth Criminal」とジャクソン5のメドレーのところかな〜
あと改めて、マイケルの曲は華やかさが半端ない。
グッドメロディーとかキ ャッチーであるとか、「良い曲」にはいろいろキーワードがあると思うけど
マイケルの曲はそこをもういっこ超えた段階に達してるんだよなあ。職業作家じゃ書けないと いうか
たぶん本人がスターじゃないと書けない曲だと思う(本人作以外の名曲もたくさんあるけど)
しかもライブ映像で見てると、アルバムで聴く以上にロックの要 素が強い気がする。
というかソウルとかダンスとかひとつのジャンルでくくれなくて、
マイケル・ジャクソンという概念そのものがすでに孤高のジャンルなんだわ。

とにかくマイケルの凄さに尽きるけど、コンサートの監督で、本作も監督したケニー・オルテガも素晴らしい。
こちらの見たいものをよくわかっていて、流れも 上手くて、何よりマイケルや出演者に敬意があって。
「ハイスクール・ミュージカル」のクリエイターとして知られてますが、「ハリウッドの良心」的な人なのだろう。


●11月21日 温泉星屑テクノ

何の誇張もなく、今週は毎日朝帰りでした。
まあ出勤自体が午後からとかだったから、言うほどきついってほどでもな いけど(いや、きついけど)
明らかに肌の調子も悪くなったし、身体のリズムが変になってる。
今これ書いてるの朝の7時だけど、まだそんなに眠くないよ。異常です 。
さらに悪いことに、先週の金曜から毎日酒を飲んでしまっています。やばいよやばすぎる。
でも仕事があまりにもハードなせいで、明け方なんとか終える頃には
疲れて眠いというよりも「何か元気になれるものを注入しなければ」みたいな気持ちになって
先輩や同期と酒場に繰り出してしまったよ。ああもううら若き乙女のは ずなのに・・・

もう先週の話になりますが、14日、15日と長野の渋温泉に行ってきました。
その日に「行こう!」と思い立ったけど、なんとかキャンセル空きが1 軒みつかってラッキー。
長野市から車で1時間ちょっとと行きやすい距離です。
でも行ってみてびっくり、どっちかというとシブい感じの、悪く言えばさびれた温泉を 想像していたのだけど
すごーく小洒落ていて、アットホームで、若い人がいろいろ工夫してる感じの温泉だった。
メインストリート沿いに「外湯」と呼ばれる温泉が9 つあって、温泉街の宿泊者は誰でも入れるの。
そのストリートが石畳で、下駄(貸してもらえる)がカランコロンと鳴って。
裏通りが少し入り組んでいて、なんだか 不思議の町に迷い込んだよう。
そして中心にある風格あるお宿、「金具屋」は「千と千尋の神隠し」のモデルのひとつとされる宿。
金具屋
大正時代に建てられたそこは、趣があってレトロで、少し妖しげな雰囲気もまたよくて。
夜の闇の中、2階や3階の窓の 障子から灯りが漏れ出て、お酒が入った楽しそうな声が聞こえてくるあの感じ・・・
「こういう宿で、狐が化けた美女と一夜を過ごしてみたいもんだわ!」とうっとりし たら
彼氏に「なぜ男目線?」と言われたよ。

で、ちょうどその金具屋でミニ音楽フェス「音泉温楽」をやっていたので参加してきました。
日曜の出演者はDE DE MOUSEにASA-CHANG & 巡礼、渚ようこ、サワサキヨシヒロN.G.O。なかなかオツでしょ?
旅館の大広間にだらーんと座って、昼間からビールを飲みながら音楽に浸る幸せ 。
特にトリのDE DE君が最高だった! 
黒髪メガネに浴衣姿で湯呑をすすりながらのアンビエントセット・・・普通に萌え。
そして奏でる音楽は星屑テクノとでも 呼びたいキラキラ系で、たいそういい気分になれました。


●11月13日 この市橋がすごい

不謹慎ということは百も承知なのだけど、この数日間、市橋容疑者報道が興味深すぎる。
そう思ってるのは私だけじ ゃないようで、ネットからワイドショーから今は市橋一色だね。
両親の発言云々とか、女装疑惑とか、そういうことは割とどうでもよくて
ある意味では、さっさと捕 まったほうがラク(量刑としては実はそんなに重くないし)なのに
ありとあらゆる手段を使って、それでも逃げ続ける理由って?そのパワーの源はどこから?
そして ここに来てもなお、絶食し、口をつぐみ続ける頑なさとは何?
うまく言葉にできないけど、とにかく異常な凄みを感じます。
今のところ顔が正面から撮れず、顎とか 一部分だけチラ見えしてるのも、また人の興味をそそるんだろうね。
擁護するつもりはまったくないけど、人間的にはほんと興味深い。
将来、絶対映像化されるだろ うなーこれは。

整形といえば・・・
最近、戸田恵梨香って顔変わったよね?
先月号の「月刊ザハイビジョン」の表紙、見たとき本気で誰だかわからなかった 。
メイク&修正のせいってのもあるだろうけど、明らかに目のあたりとか変わってるよな。
同じように優木まおみも、以前もっとシャープだったのに、つくりが甘々 になってきた気がする。
あと個人じゃないけど「フライデー」の表紙も、いつも光当て過ぎでモデルが誰だかわからなくなる。

逆に、個人的にますます可愛いな あと思うのは吉高由里子。
ああいう透明感があって、すっきり&ミステリアスな美女はたまらん。どことなく高橋マリ子にも似てるよね。
去年「きみの友だち」で演 技してる姿を見て、あまりの可愛らしさに絶句したものだけど
失速することなく相変わらず可愛くって嬉しい限り。まあ月9は見てませんが。
あと吉高由里子って、男 の子っぽくて女の子っぽい名前の響きが絶妙だと思ってたけど、
実は芸名らしいですね。つけた人、センスあるなー

今季のドラマは「サムライハイスクール」を ちょっと見た程度。
三浦春馬はやっぱり演技上手いよ!このドラマで再認識した。
侍の時代がかった演技(声の出し方や体つきも意識して変えてると思う)がサマに なってて
こりゃ割とはやいうちに大河ドラマに出るだろう。
そしてRIZEの金子ノブアキはなんで今こんなに俳優として引きがあるの?
かつてドラマ「金田一少年 の事件簿」の秘宝島編(堂本剛時代!)に
クリス・アインシュタイン役で出演してた、って話には笑ったけど。


●11月9日 オールタイム

今日は終電で帰ってきて、駅前の日高屋でつけ麺を食べながら、携帯で2ちゃんねるの既女板を見てました。
確実に何か大 事なものをwasteしてるよね。でもしょうがないの。
猛烈忙しい週間に突入したと思ったら、それが年末まで続くことに気づき愕然としたよ。
まるで焼けた鉄の靴をは かされた白雪姫の継母のように、踊り狂いながらデスロードを突っ走ることになりそう。
でもとりあえずやるしかないので頑張る。明日、進行中の一件、なんとかカタが つきますように!

某ビル研のオールタイム投票の結果を見てみたんですが、
シングル1位がSnoop Doggの「Drop It It's Like Hot」でたまげた。何故この曲・・ ・
私はシングルはあり過ぎて決められないけど、アルバムは「コレ!」というのが挙げやすい。
Michelle Branch「Hotel Paper」、Alanis Morissetteの「Jagged Little Pill」、Darren Hayes「Spin」、
Katy Rose「Because I Can」、Boomkat「Boomkatalog One」、宇多田ヒカル「Ultra Blue」、
Siobhan Donaghy「Ghosts」、 Lindsay Lohan「A Little More Personal」。
このへんは飽きもせずよく聴いてるなあ。やっぱ女性シンガーソングライターが好きだね私。
ちなみにKaty Roseを Googleで検索すると、ウィキペディアより上にこのサイトが出ます。
唯一邦楽でランクインしている宇多田ですが、このアルバムを作ったのが23歳、
今の私と同い年 だということにこないだ気付き、改めて鳥肌が立った。
天才すぎる。いつかインタビューしてみたい人のひとりです。
あと、この中にミッチーは入ってませんが、別 格ってことで・・・
でも特に選ぶとしたら「欲望図鑑」「サンクチュアリ」「ヒカリモノ」が好きかな。

Jaime CullumによるRihanna「Don't Stop The Music」の カバー。

昨日タワレコのジャズ フロアでかかっていて、思わず足を止めてしまった。
やっぱり才能あるなあ。以前の、Radioheadの「High & Dry」のカバーも良かったし。
Rihanna本人の新アルバム のほうは、どうなんでしょ。派手な仕掛けもないまま今月末が発売日だけど。
今メジャーのポップスでいちばん勢いがあるのはRihannaとLady Gagaだと思うので
期待 半分、でも先行カットの感じを見るに、不安半分ってとこかしらん。
あと今年はAlicia Keys!
全然ヒットしてないけど、シングルの「Doesn't Mean Anything」大好 きなんですが・・・
冒頭の、白み始めた空が好き。


●11月1日 魔女とコヨーテ

やばい。久しぶりに声をあげて泣き、興奮しすぎて眠れない。
といっても仕事で失敗とか、彼氏とケンカとかそういうん じゃないです。
あまりにも面白い小説を読み終えてしまったから。
数時間前に読み終わったのに、何度も何度も読み返しては泣いてる。
しかもネット小説。ええ 時代になったもんや・・・

「魔女とコヨーテ」
こちらです。

ネット小説、特にファンタジー系って、どうしても設定や世界観だけ先走 り過ぎて
物語やキャラクター造形まで、ちゃんと大人の鑑賞に耐えうるものってなかなかないんだけど
これは数日前にみつけて以来、寝る間を惜しんで読みとおした よ。
作者さんは“女性向けのソフトポルノ風恋愛小説(造語)”と称していて
まあ実際エロも満載なんですが、ストーリー&キャラがちゃんと練られているため、
いわゆる「少コミ」的な、取ってつけたようなエロでは全然なかった。
特にキャラクター造形が素晴らしく、いい小説というのはキャラクターあってこそ、と改めて 実感。

何より、タイトルにもなっている、主人公の相手役のコヨーテくんに萌えすぎて死ねる。
コヨーテというのは通称で、本名不明の腕利きの殺し屋・なんで も屋という設定なのですが
私がこれまでにさんざん書き散らしてきた自分の理想のキャラクター=
“外見は細くて中性的なイケメン。生まれつき頭がよくて小器用だ が、達成感を感じられぬ哀れな性分。
 外面は良くてヘラヘラしているが、内側に暗いものを秘めている”
にジャストで、読みながら何度もハァハァしました。キモ くてすみません。

真面目に書くと、私は「かたくなさ」というものに凄く惹かれるのです。
言い換えればコンプレックスだったり信念だったり、あるいは自我そ のものだったりするんだろうけど
それが他人とのかかわり合いの中、物語が進む中でいかに変化していくか。
コヨーテは自分が繊細だとわかっているからこそ、人と 関わらないように、何も持たないようにしていて
その手段として、ヘラヘラしたり、冗談で誤魔化したり、優しくしたり・・・
そぎ落とせばそぎ落とすほど、人は鋭 利に生きていくことができるから。
でも、それでも誰かを好きになってしまうんだよ。その困惑!
エンディングがやさしすぎて切なすぎて、むせび泣きました。

魔術の表現も陳腐じゃなく、どこか哲学めいていて好感。
私が文芸の編集者だったら絶対書籍化するのだが。ならないかなー


●10月27日 やる夫がキリストになったようです

コート買うた。うふふふふ。
ブランドはルラシェです。今シーズンのルラシェは、いったい何これ ?と思うくらい大当たり。
行くたびに欲しいものがみつかるんだよね。不思議。
ちなみにコートの色はベージュ系とブルー系で迷ったものの、結局後者に決めました 。
またブルー系かという突っ込みはなしで。濃い青とか紫がいちばん似合うんですよ、私・・・
逆に茶系の色は濃淡にかかわらずあんまりしっくりこないので、そん なに持ってない。
中学生くらいのときは、当時買ってたnonnoに載ってた「パーソナルカラー診断」をやると
毎回ブルーベース・淡い系の「夏」になっていたはずなん だけど
たぶん今やったら「冬」だろうな。単純に成長して外見が変わったってこと?
ちなみに当時、「夏」のモデルは森きみ、「冬」のモデルは菅井悦子ちゃんだっ た。
森きみと同時期にノンノモデルだった山本純子ちゃん、今何してるんだろう?
彼女がうちのBBSに書き込みしてくれたことがありました(私がファンレターを出し たから)
もうずいぶん前のことだけど・・・懐かしいなあ。

「やる夫がキリストになったよ うです」
これ面白かった。
2ちゃんねるでおなじみのキャラクター“やる夫”を主人公(キリスト)に、
彼が一介の大工から、どのように指導者になっていく かを、いろんなキャラを使ってまとめてる。
簡潔、かつドラマチックで、いまさらながら「キリストの教えってすごいかも」と思わされた。
キリスト、ペテロ、ユダ 、パウロ、ヘロデなど、それぞれキャラが立っているのもいいね。
個人的にはユダの裏切りのくだりと、パウロ(「ハルヒ」の谷口)の逡巡ぶりがツボだった。
もち ろん、作者自身が前置きしているように、フィクション部分が多く含まれるのだけど
そもそも聖書に載っているキリストの話なんて、かなり大雑把にしか書かれてないわ けで
こういうふうにいろいろ膨らませたり考えたりするのは楽しいよねえ。
太宰治の「駆け込み訴え」(ユダが主役)には超超刺激された。

かく言う私も、 中学生のときにクリスマスタブロー(キリスト生誕劇)の台本を宿題で書かなきゃいけなくて
キリスト懐妊中のマリアとヘロデ王が偶然出会って交流するが、お互いの正 体を知らないまま別れるという
辻褄・整合性ゼロの、中二病丸出しなストーリーを書いたよ!
マリアもヘロデも、それぞれ悩みながら生きている人間なんだと!
当然、採用されなかったけど・・・


●10月25日 情・業・欲

個人的に、性格と性質って似て非なるものだと思います。
色のパレットで表すとしたら、性格は赤とか黄色とかの色のほう 、性質は濃淡。
性格は良いとか悪いとかあるだろうけど、性質はそういう次元じゃなくて
それこそ最初から生まれ持った、生物的な部分じゃないかと。
で、私、 人の性質を大きく分類する指標みたいなのを閃いたよ。
何の根拠もない、当然心理学とかの裏付けもない単なる私の思いつきなのですが
これが意外と結構的を得てい るんじゃないかと自分では思っている。

その分類というのは、以下の3点の「深い・薄い」の組み合わせ、
すなわち全部で2×2×2の8通りはじき出されます。
1.情が深い・薄い
2.業が深い・薄い
3.欲が深い・薄い
「業」っていうのは定義が難しい言葉だけど、私は欲=アッパーな欲望、マテリアルな欲望
に対 する意味で業という言葉を使ってます。
本人が期せずしていろいろ引き起こす感じ、シンプルじゃなく複雑な感じ、いろいろ背負ってる感じ。

んで、この分類を 私に当てはめると、「情が薄く」「業が薄く」「欲が深い」性質になるのでは?と。
私、情が薄いってよく言われるんですよ・・・特に家族に。
こないだ妹が成田空 港帰りの日暮里のエスカレーターで、前の人がふらついてきて
将棋倒し的にこけてしまったことがあったんだけど
私は確かにかわいそうだなあと思いつつ、痛がって る妹に対して
「まあでも事故というものは必ず起きるし、誰が悪いとかじゃないからさ。
 大した怪我じゃなく済んでむしろ良かったじゃん。しょうがないよね」
と言ったら、妹はあとで母親に「全然慰めてくれなかった!ヒドい」と愚痴ってたらしい(笑)
まあこれは大袈裟な例なんですが、私、人に不運なことがあっても
「まあ何とかなるよ」くらいしか思わないんだよなあ。や、もちろん心配はするけど。
逆に妹は人の痛み悲しみに超敏感で、すげーやさしい。
前も書いたけど、 「親切」と「やさしさ」は違うってことだと思うんだよね。
(私は割と親切なほうではあります、念のため)
で、業もあんまりないタイプだと思う。そのへんは淡泊 ざんす。
そして欲は超強い!
あんまり我慢できないし、金はサクッと遣うし、欲しいものは必ず手に入れたい。

というわけで、インテリア関連に金を遣いま くっているにも関わらず
ものすごく可愛いコートを見つけてしまって、もう今にも財布を開きそう。
尽きることのないこの欲!
はやく三千年が到来して、釈迦に 救ってもらいたいわ。


●10月18日 初フリマ

昨日はHrkさんに誘われて、念願の初フリーマーケットに参加してきました。
結論から言うとすごく楽しかった! 思ったより も売れて、また是非参加したい。
いつまでたっても物欲に勝てない私は、1シーズンで20着ぐらい買ってしまうので
そりゃ大きめのクローゼットもパンパンになるわけ よ。
とはいえ、自分があまり古着を買うという意識がなく、さらに私の服なんて大したブランドものでもないので
フリマで売ろうにも価値がつかないだろうなーと、 使わない服は捨てるだけでした。
でも「それでも案外売れるから大丈夫!」と言われ、スーツケースをガラガラ引いて参戦することに。
Hrkさん、ナツちゃんはいくつ かブランドものを1000円とか3000円とかで出していたけど
私はほとんど500円以下、着倒したカットソー類は最初から100円コーナーへ。
そしたらまあ、確かにちょこ ちょこ売れてった!
経験者のふたりいわく、今回のフリマは総じて売れたほう、とのことだったけど
不用品とはいえ自分のものを買ってもらえるのは嬉しいし、大事 にしてもらえよーと思う。
驚いたのは、「絶対売れなさそう」と思っていたものが案外売れたりすること。
実は春のミッチーライブに着て行こうと、ネットで購入し たイエローのワンピがあったの。
イエローに黒の縦ラインの幾何学模様が入ってて、画面で見たときはレトロで可愛い!と思ったんだけど
いざ届いてみると・・・ち ょ、これじゃ雷様、もしくは阪神タイガースファン。
値札すら取らずに放置してたのを今回ネタ的に持ってきたら、1時間以内にサクッと売れて行きました。
結局、16 アイテム売って総額3600円(出店料を差し引くと2800円)。
目標金額にバッチリ届いたし、何よりきゃあきゃあ言いながら店出したのが楽しかったな。

で、今日 はビヨンセのライブに参戦@さいたまスーパーアリーナ。
基本的な流れはサマソニのときと同じです。
当日譲ってもらったアリーナスタンディングだったので、正直 あまり顔が見えず
サマソニより気が散りがちだったのは残念だったけど、前回聞けなかった「Listen」に感動。
この曲は観客の盛り上がりも相当なものでした。
「Single Ladies」もやっぱり楽しい!
最初にこの曲のビデオを見たときは、レオタード&変テコダンスに突っ込みたくなったものだけど
やってる側にあまりに実力と 情熱があるので、いつのまにか納得してしまったわ。
そういう説得力の持ち主ってなかなかいないと思うよ、本当に!


●10月11日 お部屋コロニアル化計画

世の中「衣食住」と言いますが、これまで私の中では食≧衣>>>住くらいでした。
インテリアにまったく興 味がないというわけでもなく、実家の頃はDIY精神を炸裂させて
壁に紐をかけてそこにポストカードを吊るしたり、ポスターを自作して貼ったり
(フレンチ線画風のイ ラストを真似して描いた)していました。
しかし今は狭い1Kだし、賃貸だから壁に穴開けられないし、ピクチャーレールすらないし
インテリア以前に物がとにかく多 すぎる・・・という有様。
だもんで、なしくずし的に「とりあえずシンプルな」安い家具で誤魔化していたわけですが
ベトナムに行ってね、目覚めてしまったの私! !!
REXホテルのコロニアルな雰囲気、私が求めていたのはこれだったんじゃないかと。
素朴なだけのアジアンじゃなく、ラブリーすぎる姫系でもなく、ただのシンプ ルでもなく、
なんかこう、紫とかピンクとかゴールドを使ってるんだけど、気品と落ち着きがあって・・・
とか彼氏に興奮しながら伝えてたら、「つまりインドに赴 任したイギリス人高官の娘の部屋みたいなの?」
と、私より上手にまとめてくれました。そうですそんな感じです。

というわけで帰国後、怒涛のインテリア研究 &雑貨探しが始まりました。
我ながらなんというのめりこみやすい性格・・・「住」は一番カネがかかるから嫌だったんだよ!
とはいえ狭い部屋なので、これ以上家 具を買い足すのは避けたかったので
カーテン、ベッドカバー、ライトの3点を重視する計画に。
さっそくカーテンはこれに買い換えました。
ピンク〜紫系のアラベスクっぽい柄のポスターも購入。台紙付きで、そのまま立て掛 けられるやつ。
夜、テーブルライトとキャンドル(ワインレッドのホルダー)だけにするとムードが出ていい感じです。
今日はっぱとろこが遊びに来たんだけど、お おむね好評のようで嬉しい。
おかげで掃除もはかどるし、はやくベッドカバーも届かないかなー

いつか こーゆー部屋に住みたい!!

思えば中学生のとき、生まれてはじめて買った香水もジャンヌ・アルテスの「スルタン」だったなー
色とりどりのシルクに金糸の繊 細な刺繍、みたいな美が好きだった。
ってさっきから私、インドシナ〜インド〜中東あたりをいっしょくたにしすぎだけど。
まあとにかくコロニアルとかオリエンタ ルっていいよね。


●10月10日 大臣、襟が変ですよ

昨日、麻布の善福寺で行われた中川昭一の告別式に行ってきました。
仕事の都合上、ちゃんとした喪服を着られな かったので(一応黒いワンピースを着たが)
式場の中には入らず、門の手前の坂のところで、出棺を見送りました。
私は十勝の選挙区民でもないし、昭一と実際に話 したこともないけれど
本当にファンだったから、せめて最後の時くらいは立ち合うのが、ここであれこれ語ってた者の筋だろうなと思って。
とっても綺麗な奥様が、 すっかり痩せて、涙をぽろぽろこぼしながら
道の脇の私たちに向かって頭を下げてくれて・・・切なかったです。
まだ高校生だという息子さんも号泣していて、その 横顔にお父さんの面影があってまた泣けた。
本当に、残されたご家族が一刻も早く心穏やかに過ごせるようになれば、と思います。

ちなみに、昭一と話したこと はないけど、目の前を通られたことはある。
2005年の慶應の三田祭で昭一の講演会があって、足を運んだんですよ。
ちょうど通路に面した席に座っていたら、真横を 通っていったの。
当時は経済産業大臣だったので、日本の産業、特に中小企業の凄さについて語ってくれました。
昭一、一見ニヒルだけど、喋るとすごくチャーミン グだし明晰。
あのはにかんだような少年っぽい笑顔が大好きだった。
私の一番好きな昭一動画
2005年7 月の経済産業委員会にて。最初40秒くらい無音なのは仕様です。
発言しようとしたところ、スーツやYシャツがぼさぼさで、「大臣、襟が変ですよ!」と野次られる昭一。
え、どこどこ?とスーツをまさぐるも、「そこじゃないよ」と皆に笑われる昭一。
ようやくちゃんと直してはにかみスマイルをしたあと、急にキリッとなって発言す る昭一。
これを愛さずにはいられるかね?
委員長の元公明党・河上氏がまたいい声でね〜 共産党の佐々木憲昭と並ぶ、政界美声男子だわ。
すげー和気あ いあいとしてて、こんな委員会なら私も出席したいよ。

2005年って郵政選挙の頃で、総理就任時に続き、小泉周りが一番勢いのある時期だった。
大臣の席次が麻 生(総務)、昭一(経産)、町村(外務)の順になってて
よく人が答弁してるうしろで、3人が仲良く喋ってたんだよ。
特に麻生と昭一はほんと仲良くて、中学生みた いに笑ってた。
ずっとそういう姿を見てたかったけど、今考えれば貴重なめぐり合わせだったんだな。
政治的な功績はさておき、いい時代だった。私の青春だったわ 。


●10月4日 昭一大好きだったよ昭一

ああああああああああああ
中川昭一が死んだああああああ


なんというニュース・ ・・「今年は人がよく死ぬ。きっとまだ死ぬ」って書いたのは自分だけど
それでもこんな悲しい訃報は聞きたくなかったよ。
あまりにも急すぎる。
でも同時に、 彼にそういう兆候がなかったかと自問してみて、振り切れない自分もいるわけで。
とにかく悲しい。つとに悲しい。

正直、今死んだのが小泉でも麻生でもこんな にショックは受けなかったと思うんだ。
なぜなら私の中では、彼らはもはやいったん過ぎ去った政治家だからです。
でも昭一は現在進行形だった、むしろ近い将来総 理になってもらいたいとまで思ってた。
酩酊会見の報道は確かに過剰ではあったけど、でもずーっと酒癖を注意されてきた人だったから
(私が政治ウォッチし始めた7 年前くらいにはすでに言われていたことだと思う)
それがG7会議という最悪の形で露見したのは運が悪いとしか言いようがないけど
本人のためを思えば、これもひと つの試練、区切りなんじゃないかと・・・
そう思って応援し続けていたわけですが、そこから這いあがれないまま亡くなったことが本当に悔しい。
血筋も能力も思想 もまともで、人柄だってそんな悪くない(むしろシャイで可愛いくらい)だったのに。
でも、それだけ揃ってても、ダメな人はやっぱりいるんだな。
衆院選での落選 後も、「地元に戻ってドブ板する様子もない」という声が聞こえていて(真偽は不明だが)
今思えば精神状態・健康状態がすでに危うくなっていたからなのかもしれない けど
人生には、今やらなきゃ二度とない、というタイミングがあって、そこで踏ん張れなかったのは
酷な言い方だけど、政治家としての素質に問題があったのかもし れない。
でももっと言えば、政治家云々は置いて、心身ともに幸せに生きてくれればそれがなによりだったのに。
真面目でプライドも高かったからこそ、突き進むこ とも降りることもできなかったのかな。

盟友の麻生や、残されたご家族はさぞかし悲しんでいると思います。
特に奥様。辞任前夜に家の前で「日本一!」と声を かけたことをバッシングされてたけど
むしろ「優しい奥さんだなあ」としか思わなかった。確かにタイミングは悪かったけど
めちゃくちゃ落ち込んで精神不安定な夫 がいたら、私だってああやって「大丈夫」ってフォローするよ。
あれが国会とかなら問題だけど、自宅だよ?

悔しいなあ。本当に悔しい。
ご冥福をお祈りし ます。


●10月3日 CELEBRATION

マドンナのベスト盤「CELEBRATION」をゲットしました。
というわけで、特に好きな曲をランキング形式でご紹介します。
曲が多すぎるので、とりあえずシングル化されたものだけ。

10.Human Nature
スタイリッシュでSMチックなビデオが好きです。
「謝んないわ、これが人 間の性ってやつよ」という開き直った歌詞も最高。

9.Frozen
これもビデオが最高。黒衣のマドンナが鳥に変わる瞬間なんて何度見てもゾクゾクする。
閉じ込 められそうになる、薄暗い氷の世界。

8.American Pie
古き良きアメリカを思わせるキャッチーなカバー曲。映画「2番目に大切なこと」もよかった。

7. Live To Tell
「この秘密を話せる日まで生きていく」ってフレーズにガツンとやられた。
とても美しい曲です。

6.Holiday
80's!って感じの楽しいダン ス・チューンで、いつ聴いても気分がアガる。
しかも改めて聴くと、後半にピアノが入ったりして手が込んでるんだよな。

5.Vogue
本当のオシャレってこう いう曲のことねと思わされる。
一分の隙もなく、タイトでシックでスタイリッシュで・・・
1990年のVMAにて、中世の貴婦人に扮したパフォーマンスも最高です。

4.Hung Up
曲の魅力はもちろんのこと、女王に謁見できたときのことが思い出されて印象深い。
目の前に立っていたマドンナ、本当に力強くて可愛くて素敵 な人だった。
今思い出しても心震える思い出だ。

3.Material Girl
まさにマドンナって曲だよねえ。カラオケで歌うと超楽しい。
しかしこんな挑発的な 曲を、堂々と、むしろほくそ笑みながら歌ってしまえたマドンナ。
そこらの20代女子にそんな大胆なことができるかね?いや、できんよ!

2.Ray Of Light
オ リジナルアルバムの中で一番好きなのが「Ray Of Light」。
水を意識したジャケットも、ウィリアム・オービットのサウンドも全部好き。
特に、水中からざばっと顔 を出して思い切り空気を吸ったような、開放感溢れるこの曲が大好き。
身体を動かさずにはいられないのに、同時にスピリチュアルな歌詞も魅力。

1.Like A Prayer
こんな厳かなポップ・ソングはほかに聴いたことがないよ。
ゴスペルとロックの要素を盛り込み、黒人音楽のグルーヴを押し出しながら
それに負けないど ころか、導かれるように高らかなマドンナの凛とした歌声。
人生はミステリー、誰もがひとりで生きていかなきゃならない。
過酷なさだめだけど、その強さを与えて くれる曲です。


●9月26日 ベトナム姉妹旅行9

ちーんとなった気分は、もうマッサージで癒すしかない!ということで
日本人街にある「Yuan」というお店へ。
数日前に通ったお好み焼き屋の並びです。
最初、綺麗なお姉さんたちが店頭に立っているのを見て、「これは違うマッサージか!?」と心配したんだけど
1時間半の全身 マッサージがたったの12ドルという、驚異の優良店でしたわ。
足裏から揉みはじめ、脚、背中、腕、頭・・・と大概のところはほぐしてくれる。
勝手にキュウリパッ クもやってくれるし(質感からして、そのへんで売ってるキュウリだと思うが)
しかも後半、お姉さんが上に乗っかってきたり、お姉さんの背中を借りて身体を伸ばした りと
かなりアクロバティックなマッサージで、バキバキボキボキと、まあいい音がしましたわ。
店内の感じも、エステというよりは整体、マッサージ屋さんって感じ で
どっちかというと出張してるサラリーマンがメインターゲットなのかもしれないけど(実際多かった)
ここは是非女子にも行ってもらいたいですね。次回は2時間コ ースやりたい!

そんな感じで夜も暮れ、国営スーパーで最後のおみやげハントをし
ホテル近くのカフェで急いで食事をとったら、あっという間にピックアップ時 間。
(ちなみにそのカフェは「ジブラル」という老舗で、ベトナム戦争時代に外国人記者のたまり場だったとか。
 サンドイッチやパスタなどがサクッと食べられる ので、ベトナム料理に飽きたときはオススメ)
出発直前にレックスのトイレで着替えてたら、メガネを忘れそうになるという
信じられない大ボケをかましつつ、なん とか無事空港へのバスに乗り込み、ホーチミンの街を後にしました。
それにしてもレックスはいいホテルだった・・・
変圧器貸してくれたり、部屋に鍵忘れたらすぐ 対応してくれたり、とても快適に過ごすことができました。
キャッチコピーが「YOUR VIETNAM HOME」なんだけど、その通り!って思ったよ。

空港の免税店でコス メなどをちょこちょこ買い、ドンピシャでドンも使い切ることができました。
夜の便だったので、映画も見ずにずーっと寝てたんだけど
朝の5時くらいに機内で目を覚 ましたら、朝焼けの真ん中にいて、すごく綺麗だった。
ホイアンでのガイドさんが、ベトナムの別名「南越」の由来を話してくれたとき
「日本は太陽が昇るところだ から『日本』。ホームシックになったら朝日を見るといい」と言ってたのを思い出して
ああ、今私は日本に帰ってきてるんだなと、ぼんやりした頭で思ったのでした。
(了)


●9月26日 ベトナム姉妹旅行8

5日目。はやくもベトナムを発つ日が訪れました。
ホテルが12時チェックアウトだったので、朝食後おみやげ狩りに。
女の子向けの安くて可愛い雑貨が本当にたくさん。
アレコレと買いあさったつもりだったけど、帰国後やっぱりもっと買えばよかった!って感じでした。
ガイド ブックによれば、値引き交渉可能とのことだったけど、結局できなかったチキンな私たち。
ただ逆に言うと、メンズ向けのおみやげって選ぶのがちょっと難しかったかも 。
特にバラマキ系の安いやつは(結局、コーヒーやお茶をスーパーで購入)

お昼は当初、ベトナム風お好み焼き=バインセオの有名店に行こうと思っていたので すが
暑いなかじりじり歩いたのに、またしても店が見当たらなーい!
ホーチミンの飲食店競争はそんなに苛烈なの? もしくはるるぶが悪いのか?
まあでも、道 すがら可愛い水着のお店をみつけたのでよかったってことで。
「Aquamarine」というブランドで、ベトナムでは何店舗か展開しているみたい。
ポップなのからセクシ ーなのから、ビキニからワンピースから、果てはキッズサイズまで豊富に揃っています。
発奮して、私と妹で2着ずつ購入。

結局、ランチは「クアン・アン・ゴン 」へ。

フレンチヴィラを改装したお店で、吹き抜けになっていて開放感たっぷり。
念願のバインセオも 食べました(写真手前)。美味しかった。
ここではまたしてもビール。昼からビール癖が見事についちゃったよ。
そしてベトナム中、最大のイケメン店員がいたこと もポイント!
チーフっぽい男性で、白シャツにオールバックがちょっと気障で、似合ってる。
「ウエストサイド物語」のプエルトリコを彷彿とさせました。
新人 ぽい女の子の店員がずっと彼のことを目で追っていて(そんな彼女のことを目で追う我ら)
胸キュンな物語は世界のどこにでもあるのね・・・と感慨深くなった(?)

この後、戦争証跡博物館にたどり着くも、なんと持ち合わせが足りずに入れないというハプニングが。
「クアン・アン・ゴン」でちょうどドン・ドルを使い切っ てしまっていたのです。
両替しようにも、このあたりには両替ショップなし。
この日も相当暑くかなり消耗していたため、両替して戻ってくるのは無理と判断し入館 を断念しました。
こういうことがあるので、皆さんも最後まで現地通貨は持っておいてください。
てか、300円分のドンすら持っていない私たちって・・・


●9月24日 ベトナム姉妹旅行7

ミーソン遺跡は、チャンパ王国のヒンズー教聖域の遺跡で、漢字では「美山」と書きます。
現ベトナムの主な人口を 占めるキン族(元々北部の人たち)とは違う、オーストロネシア語族の王国。
海洋王国で、台湾や琉球から王女が嫁いできたとか。ああ、なんたる歴史ロマン。
ちな みにチャンパとはプルメリアのこと。

前置きが長くなりましたが、ミーソン遺跡はこんな感じ。

赤 茶のレンガで造られた塔です。中には儀式を行うための部屋が。
ベトナム戦争でだいぶ壊されてしまったそうですが、山の中に急に塔が立ち並ぶ姿、不思議な感じでした 。
シヴァ神の像なんかもあったけど、首の部分だけ壊されて(取られて)いたり。
ちょっとタイのアユタヤを思い出したなー

こんな感じでダナン・ホイアン のショートトリップは終了。
夕方の便でホーチミンに戻ってまいりました。
午前中泳いでたし、ミーソンでも結構歩き回っていたので、だいぶ疲れていたんですが
こんな日に限って妹が「今晩はベトナム料理以外が食べたい」と・・・
じゃあ、調べてたフレンチがあるから行ってみる?と私が提案したのが運の尽き。
ホテル からちょっと遠かったうえ、着いて見回してもそんな店ない!
私の調査ミスだったのか?はたまた閉店してしまっていたのか?
この時点ですでに21時過ぎ。腹も減っ てるし疲れている。
さらにホテルに戻る途中、道に迷ってウロウロ、ようやく聖マリア教会が見えてきて
「もうどこでもいいや」と飛び込んだのがCreperie&Cafe。
フレンチヴィラ風のオープンカフェで、食事クレープからデザートクレープまで各種揃ってます。
クレープって結構当たり外れが多いように感じますが、ここはどっ ちも美味しかった!サラダも具だくさん。
目の前の公園を見ながら飲む氷入りSAIGONビール。疲れた身に沁みたよ。
(ベトナムでは、ビールを頼むとグラスに氷が入 った状態で出てくることが結構あった。暑いので嬉しい)
ギャルソンも英語が上手で感じよかった。

部屋に帰ったあと、疲れて無口になっていた妹が急にわめき だし(疲れが爆発したらしい)、
それが子供みたいなので可笑しくて笑ったら、妹もつられて笑ったり。
アホな姉妹だなーと思いつつ、小学生の頃に戻ったようでち ょっと懐かしかった。

夜の人民委員会庁舎。旗が静かにゆらめくさまは、無声映画のよう。
明日で旅も 終わりです。


●9月22日 ベトナム姉妹旅行6

夕食後、ホイアンの街から少し離れたビーチリゾートへ。
今夜の宿は「スイスベルホテル ゴールデンサンド」です 。
私はこういうビーチリゾートに泊まるのははじめてだったので
吹き抜けの広いロビーの先にプールと海が見えたときは興奮しました。

部屋はこんな感じ。コロニアルなREXとは違って、もっとリゾート色が強い。
ビーチパラソルやサンダルが部屋に 準備してあるのも嬉しい。

妹とふたり、夜のプライベートビーチへ。
波も砂もあったかくて気持ちいい!
波打ち際で大の字になってみれば、なんと空には満 天の星。
「満天」って言葉、人生ではじめてリアルに使いましたよ。びっくりするぐらい星だらけ。
私たち以外は、波の音とときおり鳥の飛ぶ音だけ。
妹とお互 い「何故、今隣にいるのがあんたなのか・・・」とため息(仲良しです、念のため)
しかもこんな状況で「南国少年パプワくん」の話を延々とすることに。南国だからあ ながち外れてもないか?
1時間くらい転がっていたら、なんと流れ星を3回も見ました。
生まれて初めての流星・・・本当にあっという間なんだね。
願い事を唱え るヒマもなかったけど、こんな素敵な夜にこれ以上何を願うというのだろう。

翌日、午前中はフリータイムだったので、ここぞとばかりに水着に着替えて泳ぐ・泳ぐ !
それほど開発されすぎていないので、人も少ないし砂もサラサラ。

どこまでも美しくて、空と海の青のちがいで私は泣いた。
じりじりと背中が焼けたが、それすら無視して水遊び。 楽しい!
キッズ用プールはすべり台や動物のオブジェがあって、外国人の子供しかいないのに妹と乱入。
「なんじゃこのアジア人」って思われただろうな。ボーイズ 、イケメンに育てよ!(誰)

昼にガイドさんにピックアップしてもらい、再びホイアンの街で昼食。
今回のお店は「会安酒家(ホイアンしゅか)」という名前か らわかるとおり、中国の趣が強い。
鳥かごがいくつか吊るしてあって、まるで中国王宮の庭のよう。


ここでホイアンとはお別れ。車で1時間、もうひとつの世界遺産、ミーソン遺跡に参ります。
ランタンの灯り も星の瞬きも本当にすべて素敵だった。ホイアン、絶対また来ます!


●9月22日 ベトナム姉妹旅行5

さあ、そしてお待ちかねのホイアンに車で移動。
チャンパ王国時代からの港町で、17世紀ごろにはオランダ、中国、 日本などの商船が多く乗り入れていたそう。
当時のままの街並みが今も残されており、世界遺産となっています。
中国っぽくもあり、日本風の建築もあり、でも壁の 色はカラフルだったりして
本当に、時の止まったようなノスタルジックで雰囲気のある街。
街角ひとつ、軒先ひとつが素敵で、夢中でシャッターを切ってしまった。

街中には、いたるところにランタン。
蚕の産地でもあり、色とりどりのシルクがランタンに使われている。

街には洋服屋さんがたくさんあって、しかもものすごくセンス がいい。
工房に行けば、翌日渡しでドレスやアオザイをオーダーできます。


左、見慣れないこの景色、実はお葬式が行われていたのでした。
「×」って新聞紙の上にでっかく書いて貼ってあ るのがシュールだわ。
手前の黒衣の人は、お坊さんかしら? 家族らしき人たちは白装束。
お葬式とはいえ、不思議とほんわかした雰囲気。
右は街中に多々ある ランタン屋さん。

夜になれば、もっと魅力的な表情を見せるのがホイアン。

ため息が出るくらい幻想的な夕暮れどき。
こうしてランタンを灯した軒先を見ると、江戸時代の日本のようでもあ る。
この街には今でも人がちゃんと生活していて、帰り道と思しき学生さんたちとすれ違うのも、またいい。

夜は「Secret Garden」という隠れ家レストランで。
小道を入ってたどり着く、めちゃくちゃ素敵なお店でした。

これはホイアン名物ホワイトローズ(エビ のすり身を包んでむしたもの)、揚げワンタン。
同じく名物のカオラウ(甘辛い汁に麺を絡めたもの)もぱくぱくといただく。

街で日本人はあんまり見かけなか ったな。ガイドさん曰く、ヨーロッパからのお客が一番多いそうです。
彼らにしてみたら、まさに東洋の神秘って感じだと思うよ。
私も時を忘れてずーっとさまよっ ていたかった。本当に素敵な街です。


●9月22日 ベトナム姉妹旅行4

3日目。
今日と明日はホーチミンを離れ、中部の都市ダナンとホイアンへのオプショナルツアーへ。
10時半発の飛 行機に乗るので、まあ9時までに着けば余裕だろう!と思いきや・・・
朝のホーチミンは大・渋・滞!
せっかくちゃんとしたタクシー(ホーチミンのタクシーは結構ボ ッタクリが多く、
メーターを回してくれなかったり、高速回転のメーター(!)だったりするそう)に乗ったのに
9時半近くになってもまだ空港に着かないー!
し かもベトナムのタクシーのメーターは距離でなく時間制なので、じりじりとメーターがあがっていく。
それでも全部で20ドル程度なのですが、こんなことならホテルで車 を手配したほうが安かったと後悔しても後の祭り。
なんとか空港に着いてダッシュで駆けこんだら、ダナン行きの飛行機は
20分遅れというオチに・・・まあ、そんな とこだろうと思ったよ。

ダナンへはベトナム航空で、1時間10分くらい。
ベトナム航空の機体の色、なんともいえない高貴なブルーグリーンで大好きだわ。
空 港に着いてベトナム人ガイドさんと落ち合うと、なんとお客は私たちふたりだけのプライベートツアー!
しかしもっと驚いたのが、妹が「水を買いたいんですけど」と申 し出ると
ガイドさんに「あの売店に売ってます。ベトナム語、喋れますよね?」。
ちょ、何その設定ーー!!!
オプショナルのみの利用だったこと、私たちふた りが現地になじんでるように見えたことから
(割とハッキリした顔立ち、妹は特に地黒なので、最初ベトナム人に間違われたらしい・・・)
ホーチミンに留学でもし てる姉妹だと思われたそうな。わたしゃベトナム語どころか英語もできんよ!
ガイドさんが陽気な人ですぐ誤解はとけたけど、ネームプレートの表記も間違ってたし、な んというゆるさ。

ダナンはベトナム中部の商業都市。ハノイが東京でホーチミンが大阪なら、名古屋みたいな感じ?

お昼は「APSARA」というレストランで。
空芯菜の炒めものが美味しかったー! 手前のスープはとっても具だくさ んで、トマトやパインまで。
ホーチミンに比べて、全体にやさしい味付けだった気がする。

ダナンでは、教会や五行山などを観光。

この写真は五行山のひとつ、水山の洞窟の中でのもの。
ベトナム戦争中は、ここに病院や寺が置かれたそう。ひん やりとしていて、とても霊的な空間でした。


●9月21日 ベトナム姉妹旅行3

この旅行は5泊6日の行程なのだけど、3日目と4日目はショートトリップしてるし
5日目は夜遅くに発つ(なのでホテル には実質4泊)予定になっているので
ゆっくりホーチミンの夜を楽しめるのは、実はこの2日目だけ。
妹の内定祝いも兼ねて、お姉ちゃんがおごっちゃる!ということ で
「予約必須の人気高級レストラン」と評判の「ブルージンジャー」に行ってみることに。
まあ結論から言うと、素晴らしく美味い店だったんですわ。
時間がは やかったせいか、飛び込みで入れて、中庭が少し見える席に案内されました。
生春巻き、エビのフライ、アスパラと蟹のスープ、シジミの白ワイン蒸し、蓮の葉で蒸した おこわをオーダー。
ああ、今思い返してもよだれが出るわ・・・マジで美味すぎた。
白ワイン蒸しなんて、もう食べきってるのに鍋底の汁を最後まですすってました よ(下品)
店員さんが一度下げようとして、「まだ飲みます!」とジェスチャーし、他の店員さんが笑っていた。
更におこわが本当にツボで、一口食べては妹と「な んでこんなに美味しいんね」(広島弁)と讃え合った。
店員さんも気さくでね〜 いい感じに酔っぱらって、下手くそな民族音楽のライブ
(なぜか本当に下手だった んだよ 新人だったのか?)も笑えるくらい上機嫌に。
店内が暗かったので写真はありませんが、ここは是非みなさん訪れていただきたい!

ホテルに帰って、も うお腹いっぱいで寝たかったんだけど、外から陽気な音楽が。
5階にある屋外バーで、フラメンコ・バンドの生演奏が行われていたのでした。
あまりにも楽しそうで、 ついふらふらと部屋を出る私たち。

ここはNewsweekで「死ぬ前に訪れたいスポット」のひとつとして紹介さ れたこともある名物バーだそう。
光が飛んでいてわかりませんが、吊り下げてあるライトが鳥かご風で素敵なの。
「REX HOTEL」というカクテルを頼んで、音楽を聴き ながら、夜風に吹かれていい気持ち。
ああ、贅沢だなあ。
妹が「日本に帰ればただの貧乏大学生の私なのに、こんなに贅沢していいんかね。
生まれた場所が違う だけなのに、こんなにも違うんじゃねえ」と言っていたけど
私はもう、それで迷う時期は過ぎたな。神は気まぐれだし、自分は確かに恵まれていると思うけど
生まれ 与えられたものは人の手で変えようがないのだから、そのカードで生きていく。
そして還元できるぶんはどんどん還元していく。
そんなことを思ったサイゴンの夜で した。


●9月21日 ベトナム姉妹旅行2

この日はホーチミン・シティを散策すると決めていたので、市民劇場や聖母マリア教会など、
ガイドブックに載って いるスポットを一通りめぐったり、お店をちょこちょこ見たり。
小さい街なので、徒歩でも余裕です。暑いけどね。
ホーチミンは本当にバイクが多い。そして信号が ない。
どうやって道を渡るかというと、「タイミングを見計らう」それだけなのです!
小さい通りならともかく、大通りで車もバイクも大量に通るようなところでは
まさに命懸け。
とはいえ、1日もそうやっているとコツがわかって、意外とスイスイ通れるようになったり。

タラタラ汗が流れてきたところで、日本人街に近 いChu Manh Trinh通りで「miu miu」というスパを発見。
名前がうさんくさいな〜と思いつつ、中を覗き見るになかなかオシャレな雰囲気。
しかもボディマッサージが 60分15ドルということで、試しに入ってみたら
日本語も割と通じるし、薄暗い部屋はとってもムーディーだし、施術もなかなかで、結構掘り出し物でした。
フェイシ ャルのメニューもあって、試してみたかったな〜

写真は日本人街。
まさかおたふくソースをベトナムで 見かけるとは。

昼食はマクティブーイ通りの「ゴールドフィッシュ」にて。
ベトナムに来る前は、ガイドブックに載ってるような店でも不衛生だったりするのか しら?と危惧していましたが
滞在中に行った店はどこも小綺麗で、日本にあっても遜色ないような感じ。
このゴールドフィッシュも、小じんまりとした可愛らしいお 店で、小物が金魚柄で統一されてて素敵。

肝心のお味も・・・ゴン(美味)!
揚げ春巻き、カニ入り春雨 、餡かけきしめんを頼んだのですが、全部ほんとに美味しかった。
ベトナム料理は、タイ料理ほどスパイスが効いてないし、味付けも結構自分で調節できる。
割と中 華料理の影響が強いようで、すごく食べやすかった。野菜もたくさん!
あと、意外と現地では生春巻きより揚げ春巻きのほうがポピュラーみたいでした。

夕方ホ テルに戻って、汗かいた服を着替えたりしているうちに、窓の外ではスコール。
本当に急にドバーッと降って、でもあっという間に上がっていく。
みんな慣れている ようで、バイクもカッパを着て運転。
そんな姿を見ると、ここはベトナムだなあ、と思う。
さて、雨もあがったところで、ちょいとドレスアップしてディナーへ向か います。


●9月21日 ベトナム姉妹旅行1

ベトナム旅行記、1日目。
といってもこの日は18時半発のフライトで、現地着が23時なので、ほぼ移動のみ。
成田 の免税店でさっそく母親に頼まれていたコスメを買ったくらい。
飛行機はANA。映画が結構充実していたけど、前日4時間半くらいしか寝ていなかったのでぐうぐう寝る。
起きているときは、今どこを飛んでいるかのマップをずっと見ていました。あれ好き。

ちなみにベトナムの通貨は「ドン」。
日本では両替できないので、現 地に着いてからになります。
1万ドンが日本円で50円ちょっとと、かなり金銭感覚が狂ってしまうケタ数。
妹とふたりあわせてまず1万円両替したのだけど、財布がお 札だらけ!(硬貨は基本的にない)
旅行中、ドンの計算にもたついてしまうことが結構ありました。
慣れてきた頃には旅が終わるんだよね、こういうのは。

ホテルは街の中心部、人民委員会庁舎の斜めにあるレックスホテルサイゴン。
1925年開業の老舗国営ホテル。オールドウィングとニューウィングの二棟から成ります。
5月に行ったばかりの人に「施設がいっぱいあるし、立地が最高だよ」と薦められたのだが、大正解だった。
スタッフがとてもフレンドリーで、有名な屋上のバーも気 持ち良い。
ところかしこに散りばめられている王冠マークも可愛くて。
至れり尽くせりという感じではないけど、高級ホテルに泊まり慣れているわけではない私たち には、最高でした。

ホテル内はコロニアル様式で統 一されていて、籐のファブリックがオシャレ!
妹とエマニエル夫人ごっこをしたのは言うまでもない。
ちなみに部屋番号が329で、鍵を渡されてすぐ「醜(い)!」と いう語呂合わせを思いつく。
「もしくは三(枚)肉だ!」とゲラゲラ笑いあったのであった。

2日目。8時半に起きて朝食ビュッフェに。
ベトナム料理はもち ろん、洋食、味噌汁まであって嬉しかったな。ついつい食べ過ぎました。
レストランを出ると、中庭にさんさんと太陽光が降り注いでいて・・・暑いのなんの!
後で 思い知るのですが、帽子も日焼け止めも結局あまり役には立ちませんでした。
光の厚みが違うもんね、それはそれで気持ちよかったけど。

まずは人民委員会庁舎でパチリ。ルネサンス様式の豪奢な建築。
手前の像は我らがホーおじさんこと、ホーチミン です。


●9月20日 Good Morning,Vietnam

ベトナムから帰ってまいりました。
ううう、鬼のように楽しかった・・・帰りたくなかったよう。
天気も 良く、大したトラブルもなく、ホテルや店にも恵まれ、本当にいい旅でした。
そして初の妹との旅行というのも新鮮。
普段から仲は良いけど、でもずっと一緒にいる とどうかしら?と危惧していましたが
ときどき私のぼんやりさ・英語力のなさを彼女が叱咤するぐらいで、ずーっとゲラゲラ笑っていました。妹に感謝。

朝の便 で帰ってきて、ぐうぐう寝てさっき起きたけど、家に食べ物がない(@19時)
腹が減ったけど買いに行く気力がない・・・そしてそれ以前にベトナム料理じゃなきゃ食いたくない!
そのくらい料理が美味しかった。フォー、バインセオなど有名料理以外も全部美味かったです。
諦めてコンビニでも行ってこようかしら。

せっかくだから旅行記を書く気でいるのですが、例のごとく途中でフェードアウトする可能性大なので
先に特によかったこと、見どころなどだけ書いておきます。
本当に素敵な国だったので、ぜひこれを読んで興味を持ってくれたら嬉しいな。
※断わりのないものはすべてホーチミン・シティ。

●ホテル
泊まったのはREX HOTEL。国営で、街のランドマーク的な有名ホテル。
一番安いだろう部屋だったので眺めはイマイチだったけど、それ以外は大満足。
広くて、ごはんも美味しくて、ホスピタリティーも良かった!マイ・ベトナム・ホームです。

●レストラン
「Blue Ginger」・・・ガイドブックに必ず載っている有名店だけど、本当に美味しかった!
シルバーウィークにかかる前だったからか、飛び込みでも入れてラッキー。
シジミの白ワイン蒸しと、蓮の葉で包んだおこわが超超美味かった。

「Creprie&Cafe」・・・聖母マリア教会の裏手にある、フランスヴィラ風の一軒家カフェ。
公園に面したオープンテラスがとても気持ちよく、ギャルソンも清潔感があって素敵。

「Secret Garden」(ホイアン)・・・ツアーでディナーに。隠れ家的で、とてもロマンチックなお店。
ここはぜひ恋人と来るべき。全体的に欧米人向けな感じ。

●ショッピング
女子が喜びそうなプチプリ雑貨天国。アジア随一のセンスの良さでは?
あと水着! 可愛いお店がたくさんあって、2着買ったけどたったの38ドル!

●観光地
なんといってもホイアンがよかった。歴史的情緒と、ビーチリゾートの両方が楽しめる。
ホイアンに行く前、ダナンのちょっとのんびりした感じも懐かしくてよかった。


●9月14日 旅支度

今回のベトナム旅行。
当初はヨーロッパがいいなあなんて思っていたのですが、結局連続で休めるのは6日間くらいだったので
だったら慌ただしく旅するよりは、ゆっくりアジアにでも、ということになり。
ベトナムは前から行きたかった私の希望。
そもそもは、コロニアル・フレンチ(旧フランスの植民地のテイストを活かしたフランス料理)が好きで
現地に行けばいっぱい食べられるんじゃね?という食欲が原動力。
(しかし予約したあとに調べていたら、意外とベトナムにいいフレンチはそうないらしかった・・・)
料理だけじゃなく、建物とかでも好きなんです。2つの文化が融合したものが。
だからトルコ、 モロッコ、スペイン南部、上海の外灘、マカオとか、写真見てるだけでウキウキする。
今回泊まるホテルも、統治時代にオープンした由緒正しいホテルらしく楽しみなのです。

あと、ホーチミンだけじゃなく、ホイアンという世界遺産の街にも行きます。
国内線で移動するよー ツアーじゃなく個人でそういうことするのは初めて。
先月出張でANAに乗ったとき、「翼の王国」でたまたま紹介されていた街。
闇の中に灯った、無数のランタンの静かな美しさに衝撃を受けまして。
16世紀ごろに栄えた港町で、日本人町もあったそう。
当時の趣を残した街並みが有名で、満月の夜にはランタン祭りが!
満月じゃなくてもランタンは楽しめるみたいなので、幻想的な雰囲気に浸ってこようと思います。
もう、すべての行動を間接照明で生きていきたいくらいだけど、そしたら目が悪くなるジレンマ。現代人め!

そうそう、ホイアンのホテルには豪華なプールもあるそうで。
わーいリゾートっぽい!と思って、せっかくなので水着を新調しようかと思ったのですが
この時期に水着なんてどこでも売っているわけがなく・・・
夏まっさかりのときは、可愛い水着をみつけても「海とかプールとか行かないし」とスルーしてきましたが
こういう思わぬことがあるから、水着は気にいったのをみつけたときに買っとくもんだと悟った。

あー、もう夜遅いから早く寝ればいいんだけど、口コミサイトとか見てると寝られません な。
しかも実は、午前中にひとつ仕事してから成田に向かいます。起きられるかしら。
鬼のように仕事してたぶん、何もかも忘れてこようと思うよ。
あと、妹とケンカしないように(ふたりで旅行するのは実ははじめて)
グルメ!エステ!プール!
日焼けとスリに気をつけて、行ってきまーす!


●9月13日 Run This Town

いろんな人に会った週末。
土曜は、ロンドン留学から帰国されたサカキさんと、もうひとり大学のサークルの先輩とお茶。
13時半集合の予定だったのに、「着きました」というメールで起きた・・・はい、謝り倒しました。
それぞれの近況報告などしつつ、「最近の若い子はチャートで音楽を聴かないよね」という話に。
確かに私自身も、最近はビルボードもあんまりチェックしてないし、CDもあんまり買ってない有様だけど
それでも「BEPがシングルの記録伸ばしてるけど、あんまり有難みがない」などという話ができるのは嬉しい。
今個人的に楽しみな新譜はNelly FurtadoとShakiraかな。
あとJay-Zは近々買いに行こうと思う。何気に過去2作はちゃんと買ってるんですよ。
Jay-Z「Run This Town」

リアーナがますます男前になっていく。

その後は目白の「目白スペインバル」で、妹と上京中の母とごはん。
tabelogでも上位のお店で、前日に予約したんだけど行ったら満席だった。よかった。
グラスのカヴァがほんのり甘く、とっても飲みやすい味。自家製サングリアも美味かった!
料理のほうは、若干塩味が強めで、まさに本場のバルといった感じ。
逆に言うと、あんまりお酒飲まない人にはちょっとクセあるかも?まあ、バルだからね。
これまた自家製らしいチョリソーが美味しかったなあ。
店員さんも親切でした。

日付変わって、今日は「GOSSIPS PRESS」の編集長と久しぶりにごはん。
売り上げも上り調子とのことでなにより。私も毎号ちゃんと買ってるよ!
セレブの話もしてたんだけど、DJ AMが8月末に亡くなったと聞いて超ビックリしました。知らなかった。
ニコール・リッチーがビッチ時代に婚約してて、その後マンディ・ムーアとかとも付き合ってた男。
こないだBlink182のトラヴィスと飛行機事故にあって、2人だけ生き残ったのは知ってたけど・・・
死因はオーバードーズで、ドラッグではなく、ヒース・レジャーと同じような感じらしい。
その事故のトラウマに悩んでたんだとか・・・悲しいなあ。
それにしても今年は本当によく人が死ぬ。たぶん、まだまだ死ぬと思うわ。

暗くなってしまいましたが、私は一足先に大型連休!
明後日から妹とベトナムに行ってきます。

結局ヨーロッパじゃなくてベトナムに。物価が安いのでホテルも☆5を押さえました。
いろいろ不安なこともあるが、楽しみ♪


●9月9日 PINKY休刊

あああ、「PINKY」が休刊を発表したー。ついに逝ってしまったか・・・
この出版不況を考えると仕方ないのかなとも思いつつ 、好きな雑誌だったので悲しい。
「JJ」のほうが先かと思ってたわ(まあこのままじゃ時間の問題だろうけど)
しかしこうなると、気になるのは専属モデルたちの身 の振り方。
まずは看板モデル、つーかそもそも彼女のために「PINKY」が創刊されたといっても過言ではないと鈴木えみ。
最近のえみちぃ、正直ちょっと太っちゃって 、以前ほどのオーラはなかった。
たぶん本人にそんなにやる気がないんだろうし、特定の契約は結ばず、フリーでいくのかしら?
梨花やひなのみたいな、どの雑誌に も出てこれる「おしゃれセレブ」ポジションが望ましいんだろうけど。
休刊が半年前だったら、「GINGER」あたりに移籍してたのかもしれないね。山田優ラインかも。
お次は佐々木希。
デビュー後あっという間にスターダムを駆けあがっちゃって、
今じゃ映画主演ですからね(めちゃくちゃつまらなそうなケータイ小説映画だが )
彼女も、雑誌よりは映像にシフトしたいところだろうけど、どうなんだろう。
出自がヤングジャンプ、モデルはPINKYという生粋の集英社っ子だけど
今の集英社 に、佐々木希を抱えこめるファッション誌は他にないのが現状。
ここは系統的にも「SWEET」かな。「CanCam」に電撃移籍とかしたら、面白いけど。
私が一番好きな木 下ココ嬢は、彼女も最近ピンポイントで別の雑誌に出てて
特にビューティー系の雑誌では結構引きがあるようなので、これもフリーかな。
あとは、チラホラと「ViVi 」に行ったり「Ray」に行ったり・・・という感じではないでしょうか。

しばらくアウトプットの時期が続いていたので、今はインプットが楽しい。
特にマンガ。 何も考えずにガンガン読んでます。
なかでも良かったのは久保ミツロウ「モテキ」の2巻と、菅野文「あのこにもらった音楽」。
前者は1巻から読んでいるのですが、 登場人物が出そろったところでますます面白くなってきた。
巻末の作者のあとがきも好きです。
後者は、いかにも白泉社風な・・・ということは、いかにも私好みな 、
『のだめ』をもっとオフビートにして、和風レトロをプラスした、ゆるくて可愛い作品。
相手役の男子、蔵之介(32歳)が、背の高い和風イケメンで、オプション でメガネかけてて、
元天才ピアニストだけどぐうたらで、だらしないけど優しくて・・・って、
ツボすぎるんですけど、現実世界でそんな男子一度も会ったことない よ。


●9月6日 早朝に考える日本の未来

金曜日に仕事がひと山越し、打ち上げも兼ねて先輩に新宿2丁目に連れて行ってもらいました。
東京に住んで6年 目になるが、初・2丁目!
女の子バーと、オカマのママのお店、それぞれ初体験(正確にはなんて言えばいいんだろう?)
ゴールデン街に行ったときも思ったけど、ひ とつひとつのお店がほんとちっちゃい。
一歩そこに入ると、閉ざされた小さな異空間、って感じなのが面白いね。
そしてママ、本当に話が面白い!「ガラスの仮面」 の舞台版の昔のキャストとか、よく知ってるんだこれが。
あと、「新宿2丁目自体が大きな霊道」って話も。
私がトイレに立つとき、常連の先輩が「トイレ、何か感じ るかもよ」と言ってきて
ひえー、怖いよう!と思いながら、まあ無事に用を足したわけですが
中で「あら、今トイレの前誰か通ったかしら?」と、何の気なしに人の 気配を感じたの。
でも出てみたら「誰も通ってないよ」って・・・こえーーーよ!!!
まあ酔ってただけかもしれんが。そういうことにしておこう。

そんな わけで、明け方帰ってきて12時間爆睡したため、眠れなくなってしまい
しょうがないので「時事放談」を見ていました@日曜朝6時
野中広務と藤井裕久という、おなじ みのメンツ。
藤井翁、やっぱ好きだわ〜と思って見てたら、財務大臣に内定したっぽいね。
鳩山内閣の人事にはまったく興味がなかったが、これは嬉しい。

衆院選の結果ですが、私個人的には民主党は好きじゃありません。
ただ、私は自民党ウォッチャーだけど、特定の政治信条があるわけじゃないので
政権交代が決まっ たなら、今度はその中でベストを尽くしてもらうよう期待するしかない。
「素人集団」「政権担当能力」とか不安要素をアレコレ言われがちだけど
その理論だと、じ ゃあこの先ずっと自民党しか与党になれないよってことだし。

まあでも、全然興奮しなかったわ民主党が勝っても。
党のカラーとして、なんとなく人間が薄そう に思えて。
最近、会う女子に「民主党の幹部4人(鳩山・小沢・菅・岡田)の中で抱かれるとしたら、誰がいい?」
って聞いて回ってるんだけど(下品ですみません) 、みんな「全員ないわ」って答えるね。
たいてい、男が4人いれば、ひとりは「まあいいかも」ってなるものなのにさあ。
乱暴なまとめ方だけど、な〜んか信頼できな い感じ、こういうとこにも表れてるのではないかと。
ちなみに私は・・・岡田は嫌いじゃないですが、やっぱり全員ご勘弁願いたいです。
って、そもそも頼まれてね ーけどな!


●8月25日 新しいメガネ、新しい私

丸2週間、更新が空いてしまいました。
盆だというのにずーっと仕事、唯一15日・16日は法事で実家に帰ったけ ど。
そんな感じで気付いたら風もなんだか涼しくなり、カレンダー見たらもう8月も終わりじゃんね。
23の夏はこうして過ぎていく・・・ああん、こーやって年をとっ ていくんだ!
戦争の話も選挙の話も書いてないのは、単純にそれを考える時間と機会がないんです、本当に。
あとは洋服買うか食べるか寝るだけ。そろそろインプッ トしないと、腐る。

といいつつ別にネガティブになってるわけじゃなく、良いこともちょこちょこありました。
ひとつめ、広島でメガネを新調した!
紺のフ レームで、ややスクエアっぽい形。
前に使ってたのが、我ながら指サックの事務員にしか見えない地味〜なメガネで
今考えても何故あれをかけ続けたのかよくわから ん。
(自分にとって、メガネはファッションというより日用品という位置づけだったというのもあるが)
4年間くらい使い続けたんだけど、明らかに青春をムダにした わ。
一応しょうもない弁解というかノロケをしておくと、彼氏は付き合う前に
そのメガネをかけた私を見て「イイ!」とピンときたらしいので、まあ意味はあったと 思いたい。
てゆーかやっぱりマイノリティなのね、お互い。
というわけで今度は普通にファッションにも合うメガネ!
新しい私、デビューしましたよっ

もうひとつ。
詳細は書けないのですが、仕事でずっと会いたかった人に会えました。
その人とは、以前間接的にですが、触れあえたことがあり。
憶えてないかも なあと思ってその話を打ち明けたら、憶えててすごく喜んでくれた!
しかも私が予想していたより、詳細を記憶しててくれて感激した。
当時の私はただの学生でしか なかったわけだけど、
いろんなことが重なり、結びついたり絡みあったりしながら
今ここまで来れた、会いたかった人にだって会えるんだと思って、ちょっと泣きそ うになってしまった。
もうね、「仕事に殺される!」って投げ出したくなるときに限って
またそういうご褒美みたいなことが起こるわけで、世の中うまくできとるよ 。
仕事で削られるものもたくさんあるが、仕事でしか得られないものもたくさんあると
当然のことながら、改めて思ったのでした。
がんばるぞう。

以下 、私信。
以前BBSに書き込んでくれたサリーさん、ちょっとお尋ねしたいことがありまして
突然すみません、もし差し支えなければ日記のフォームからご連絡いただけ ると嬉しいです!


●8月10日 Queen B

ああもうまったくサマソニの余韻さめやらず、ずっとビヨンセの動画を見てます。
さっそくYoutubeにも大阪の動画があがってま した。割と画質も綺麗。

何度見 てもこのイントロ、しびれるわー・・・会社で見てても叫びそうになるよ。
あんなレオタードで仁王立ちが似合うのは、日本人では有り得ない。
「Crazy In Love」の ラストのキメ、チャン・チャン・チャン♪のとこの動きがシンプルなのにまた格好いいんだ。
バックダンサーと違う動きで、振り向いた視線が超クール。
あたしゃ1時 間強、「300」のジェラルド・バトラーのごとく叫びまくってました。
キャー!じゃなくて咆哮。隣の男子はさぞかし迷惑だったろう。
他の人の大阪レポ読んでると、 どうも東京より長尺だったみたいでうらやましい。

しかし、今までVMAやグラミーはもちろん動画で何度も見てるし
2006年の武道館公演は生で見て(ここでファン になったわけだけど)、「B'Day」ツアーのDVDも持ってるけど
今回のパフォーマンス、確実にこれまでで最高レベルだったと思います。
「I Am...」にはそんなにはま ってなかったので、単独公演はスルーするつもりだったけど
今は8割方行くつもりで調整中。祭日なんで、神戸まで足を延ばすのもアリかも。

そしてしっかり営業 もしていくノウルズ姉妹。
引き続きサマンサ・タバサの広告塔をつとめるようです。これだけビヨンセ褒め倒しといてなんだけど、写真見ると
やっぱりソランジュの ほうが格段に美形!と思わされる。
全体的にスタイルがいいし、どこかモッサリ南部な雰囲気の抜けないビヨンセに比べてモードなんだよね。
うちの母親が以前たま たまソランジュの写真を見て「この子、めちゃくちゃ美人ね!」と驚いてたけど
15歳くらいのときから造作が完成してたし、小悪魔っぽくて、モデルとしても全然イケる と思うわ。

あとこの姉妹、やっぱりビヨンセ&ソランジュって名前がいいと思うんだよね。
母ティナがフランス系クレオールなので、フランス風の名前になった ということだけど
カリブとかの黒人ならともかく、テキサスでそんな洒落たネーミングは目立っただろう。

あー、来年はJay-Z来ないかな。高すぎてなかなか呼べ ないんだろうけど。

去年のグラ ストンベリー。
「Wonderwall」をカバーしてみせる余裕がクール。


●8月9日 初ソニ(上)

サマソニから帰ってきた!超超楽しかった。
今日のみの参戦だけど、完全燃焼。
いろいろ感想など。

●VV Brown
yukichiさんに教えてもらったUK出身の女の子。
黒人なんだけどいい意味でディーヴァ系じゃない、ちょいモード&レトロなスタイルで気になって。
なのに 寝坊して開始時間に間に合わず、結局3曲目くらいから観ました。
後半ステージをどんどん動き回って楽しかった。日本デビューもまだの新人にしては盛り上がったのでは 。
バックバンドも上手で、ギター&ベースのグイングイン鳴る音、これぞグルーヴといった感じ。
オールディーズな音楽性にあわせた、衣装や映像も可愛い!

●Solange
私はもともと彼女を、姉ビヨンセよりルックスもミュージシャンの才能としても優れている
(ただしスターの才能は別の話)と思っていたのですが
正装したイケメンバンドを従えて、60'sを彷彿とさせる歌&ダンス、個性が出てて良かったです。
髪をばっさり黒人らしい坊主にして、スタイリッシュな衣装に似合 ってて素敵だった。
一番聞きたかった「T.O.N.Y.」をやらなかったのと、若干時間短めだったのは残念でしたが
オープニングに「Shaft」の曲を使ってたり、カーディ ガンズ「Lovefool」をカバーしたりと、小技が効いてる。

ここで、ばすこと合流しお昼ごはん。
温泉卵のせ野菜丼にしたのだが、無性に肉が食いたくなり、から あげを追加で食べる。

●エンターシカリ
冗談半分で見に行ったのですが、いろいろ強烈だった。
ピポパ〜♪という80'sなちょいダサのイントロが流れたかと 思いきや、怒涛のメタル。
曲の構成が意味不明というか、サビはどこだったの!?と突っ込みたくなる曲多し。
しかも意外とメンバーは爽やかな感じで、格好もラフ でまた笑った。
でもメタルって、つまるところ愛だよね。楽しかった。

●ヴァセリンズ
「カート・コバーンが好きだったバンド」という前知識しかなく、座 ってぼんやり見たのですが
男性ボーカル・女性ボーカルともに声が瑞々しく、ゆる〜く楽しい感じで、なんだかすごく多幸感。

●KID SISTER
ヴァセリンズか ら流れて、ラスト3曲くらいを後ろのほうで聴いてました。
これも前知識なかったのだが、女性MCのはすっぱな声といったら、ルックスも似てたしリル・キムかと思ったよ 。

ここでまた食事タイム。夕飯にはちょっと早いけど、後のことを考えてひつまぶしで力をつける。
しかし充分食べてるのに、周りの人の食べてるものが気にな るのは何なんだろうね。


●8月9日 初ソニ(下)

●ソニックユース
なじみの薄いバンドだけど、一応見とくかと思ったら、どんどん人が入ってきて結局入場規制かかったそ うな。
ファンの「待ってました」感が凄く、根強いな〜と思いました。
3曲目くらい?ラストで長く叫んでたところは鳥肌立ったわ。

●DJダイノジ
ソニッ クユースを早めに切り上げ、マリンスタジアムに向かおうと思ったら
思わぬところで足止め。ダイノジがロックの有名曲に合わせてエアバンドしてるんだけど
選曲が 鉄板(Blurの「Song2」とか)だし、ヘッドバンギングやXジャンプも超面白くて
会場全体が笑顔で踊りまくってて楽しすぎた。

●ニーヨ
私もばすこもそこま で思い入れはなく、2階スタンドから割と淡々と見る。
充分上手だけど、個人的にはスタジアムで見るアーティストじゃないんだよなあ。
ラストの「Closer」は格好よ かったけど。
予想以上に女子ファンの黄色い声援が大きくて驚く。

そしてトリのビヨンセへの転換を待っている間・・・じ、地震!
結構大きく、長く揺れて 、かなり大騒ぎに。
アリーナならともかく、スタンドなんでこのまま死ぬのか?と一瞬本気で思ったよ。
洋楽アーティストはびっくりしただろうなあ。

●ビ ヨンセ
今日の一番のお目当てでしたが、最高過ぎ。ブッチ切れるくらい興奮した!!!
私、あんまりライブとか見てても集中できないタイプで、常に余計なこと考え ちゃうのね。
それを払拭してくれるのはミッチーくらいだったんだけど、正直それ以上だったわ今日。
シルエットで登場するビヨンセ、スモーク、ライト、「Crazy In Love」!
ぶっといベースが響いた瞬間、うおおおおおって咆哮してしまったよ。
すげー遠目なのに、オーラがびんびん来る。熱量が半端ない。
真正面から台風 が吹き付けてくるかのごときパワーで、半泣きで叫び、首を振りました。
スクリーン、衣装、バックバンド、すべてが金掛かってて、これがまさにエンターテイメントな のだと感じた。
後半に切り替わるとき、スクリーンに流れたビデオがまた面白くて。
ビヨンセがコインを弾くと、表が「ビヨンセ」、裏が「サーシャ」。
そして 裏が出て、もうひとりのビヨンセ=サーシャが仰々しい音楽の中登場!
思わず「サーシャになったー!!!」とまた叫んでしまったわ。
マジ、失禁寸前でした。

電車のため、終わって即効出たら、10周年の花火が外のアパホテルの表面に反射してて。
それはそれは非現実的で美しい光景だった。
もう来年も行く!!


●8月4日 系図とかチャート分け

今日の晩はひとりでスープストックに行ったのですが、スープストックセットで
「東京ボルシチ」と「とうもろこ しとさつま芋の冷たいスープ」を頼んだのです。
しかし運ばれてきたカップを見ると、あれ?ボルシチにしては色がオレンジだな・・・
と思って口をつけてみたら、 間違って「オマール海老のバスク」が来てたわ。
まあこれでもいいかあ、と思ってしばらく食べてたんですが、やっぱり取り替えてもらおうとしたら
結局オマール海 老のほうもそのままもらってしまって、私は3杯のスープを飲む女に。
知らない客が見たら、すげー食欲旺盛な奴だと思われただろうな・・・
先週飲み過ぎた反動が早 速きたのか、ちょっと体重が増えてしまったので、今週は節制したいところです。

さて、8月に入って秋物物欲も右肩上がりです。
とりあえずシーズンスタートの 靴は買いました。
シーズンの最初に「コレ!」っていう靴をバシッと買って、そこからイメージを膨らませることが多いです。
今年はOSMOSIS LOAFの、黒スエードの レースアップシューズに一目ぼれ。
適度にボリュームもありつつ、クラシカルにもロックにもはけそうな一足。
日曜に先輩の結婚1周年パーティーがあったので、早速 手持ちのギリシャ風?ワンピと合わせてみたよ。
あとはブラウスとかアクセサリーとかをちょこちょこ。

で、最近また新しいショップというか、「意外と入った ことなかった!」ってお店を再発見するのが楽しくて。
OSMOSISも名前だけ知ってたんだけど、ストリート寄りで自分には縁がないと思ってたら
JILLEをよく読むよう になって、あれ、結構可愛いなと。
洋服そのもののシルエットはジャストな感じではないけど、アクセや小物が超ツボだったわ。
あと高校生ぶりくらいにルラシェで も買い物しました。
今って「ルラシェトワフォン」っていう名前に変わってたよ、みなさんご存じでした?
nonnoとか読んでたころ、ルラシェにチャイルドウーマン、 パーリッシィといった
アンビデックス系列のブランドが大好物でしたわ。
なんとなく好きなメーカーってあるよね。

思えば昔から、各メーカーごとのカラー だったり、ブランドの立ち位置を考えるのが好きでした。
地方の中学生なのに、メーカーの名前とか歴史とか妙に詳しかったんだよね。
音楽聴くにしてもレコード会 社やレーベルが気になるし、芸能人なら事務所どこだろう?って思うし
系図とかチャート分けとか自然にしてしまうんですわ。何故こんな性質になったんだろう、マジで 。


●8月1日 トップ・オブ・アカサカ 4

気がついたらあっという間に8月・・・夏もまっさかりね。
しかしこの1週間相当な夜行性だったので、太陽のシ ーズンなんてちっとも感じられていません。
仕事・遊び両方を兼ねてとにかく飲みまくった。
タクシーで帰ってきて、いい加減いい時間なんだからはやく寝ればいい のに
それからWindowsに入ってるフリーセルを何度も繰り返してしまうという・・・廃人です。
急にはまっちゃったんだよ。ソリティアやマインスイーパも面白いけど 、フリーセルが一番好きだ。
今のところ勝率30%くらい。もっと強くなりたいなー

というわけでヴァンパイア☆ガールな1週間を送っていましたが、今日ははりき ってめかしてきたよ!
夏のガーリィパーティを開催してまいりました。
場所は赤坂のベトナム料理店、ロータスパレス
はじめて非洋食にしたけど、こりゃ正解だったわ。
「バインセオコース」にしたんだけど、野菜たっぷりのお料理が次々と!
おかげで胃に酒の入るスペースがな くなり、飲みすぎずに済みました。
バインセオというのはベトナム風お好み焼きで、このお店の名物らしい。美味かったです。
たらふく食べてもひとり5200円くらい 。また来たいな〜
タイ料理はときどき辛すぎて泣きそうになるんだけど、ベトナム料理はちょうど良くて大好き。
開ーけドア、今はもう 流れでーたら、アジア!

ちなみに私のドレスは、夏のセールで買ったaquagirl(Callas)のシフォンワンピ。
青っぽいパープルで、シフォンが2枚重ねになってて、黒のゴムベルト付き。
ブレスレットやパンプスをパールにして、白を差してみました。
みんな素敵なファッションだったけど、この夜いちばん輝いていたのはあゆくらさん。
シックな 黒の深Vネックのドレスで、たわわなお胸がこぼれ落ちんばかり。
50年代のジャズシンガーのようだった。私が到底たどり着けないグラマラスさでうらやましい。
隣の 席のHrk姉さんがおっぱい星人と化していました。

解散後、駅が同じだった3人で日枝神社に寄り道。
スピリチュアルに詳しい人が、「あそこは本当にすごい!」 と言っていたので気になっていたのですが
もう大都会の真ん中とは思えない神聖っぷりで、まさにエアーポケット。
闇の中にぼうっと灯りがあって、そのまま吸い込 まれてしまいそうだった。
境内には入れなかったけど、外から世界平和etcをお祈りしておきました。
上から見下ろす夜景も素晴らしくてねー
トップ・オブ・アカ サカ。素敵な夜でした!


●7月26日 日本映画旧作祭り

久々にTSUTAYAでDVDを借りてきて見る。
何故か急に自分の中で日本映画旧作祭りで、選んだのは「魔界転生」と「黒い 十人の女」。
両方ともずっと見たかったんですよ。
「魔界転生」は窪塚版じゃなく、もちろんオリジナルのほうね。
山田風太郎の原作は未読だけど(大好きな作 家だけど、明治時代モノのほうが好き)
独立した映画としても、かなりエンターテイメント性の高い傑作ではないでしょうか。
「名作」というよりは「怪作」って感 じ。突っ込み満載どころなのも含めて楽しめた。さすが角川映画。
とにかくキャストが超豪華。なかでも千葉真一の柳生十兵衛がカッコイイ!
片目隠してるのにあの アクション・・・さすがJAC。
そして柳生宗矩役の若山富三郎にもしびれました。
勝新太郎の実兄ですが、このとき既に50歳過ぎだったにもかかわらず、殺陣の美しい こと美しいこと。
やっぱりラストの燃える江戸城の、ふたりのシーンが最高でしたわ。
江戸城といえば、家綱役の松橋登も素敵だった。
タニショー系の美形で、 さらにすらっと高貴な感じ。
あと若き日の純朴な真田広之もよかったね〜
ジュリーとのキスシーン、例にもれずゾクゾクいたしました。てかジュリーの口つき(?) がエロい。
お色気ムンムンなシーンも多くて、これもう地上波じゃやれないだろうな〜
もしテレビ放映があったら、実況しながら見たい作品です。
英語タイトル が「Samurai Reincarnation」ってのもかっこいいね。
深作欣二は「黒蜥蜴」も傑作だったし、アングラな雰囲気をエンタメに昇華するのが上手いなあ。

「黒い十 人の女」は市川崑の61年作品。
モノクロ映画で、パッケージ、10人の女がトレンチコートを着て海岸に立っている写真が格好良すぎ。
そして若き日の岸恵子があまり にも美人でびっくりしたよ。
中山美穂に似てる、でももっとしっとりと妖艶!
「怪談」を見た時も綺麗だな〜と思ったけど、洋装のほうがグラマラスで素敵だわ。
ほかにも山本富士子、岸田今日子、中村玉緒など豪華な女性キャスト陣です。
でも一番良かったのは船越英二かも。テレビ局に勤めるナンパなイケメン役がぴったり 。
「誰にでも優しいってことは、誰にも優しくないってことよ」ってそのとーり!
若干詰めが甘い感もあったけど、シニカルなテーマは当時としてはかなり新しかっ たんだろうなあ。
実にスタイリッシュで、床に落ちた乳液がこぼれる画とか、
満月の下の画とか、暗示的なラストとか、いろいろ印象的で目の保養になりましたわ。


●7月20日 秋冬ファッション妄想

連休だというのに、なんと3日連続で出勤してしもーた!有り得ん。
特に土曜はハードで、昼過ぎで終わらせるつ もりが、結局21時帰宅という有様。
えーん! でもこれも仕事ができない自分が悪いのだわ。
まあ、といいつつ昨晩はナイトクラビング(すぐ撤収したけど)したり 、なんだかんだ息抜きはしていますが。
それにいらん散財をする暇もないのはいいことだし。
夏のセールは結局、こないだ書いたの+ドレス2着で終わりそうです。
本当はドレスもう1着欲しかったけど・・・さすがにそこは踏みとどまった。
でも普段なら下げ率の低いブランドすら、7月2週目ですぐ60%オフとは
アパレル業界 はほんと不況で大変だろうなあ。よそのこと言えないけどうちも。

ちなみにこの春夏、買ってよかったもの後編
●VIVAYOUのビッグクラッチ

気に入るバッグには滅多に巡り会えないのだけど、これはへヴィーリピート。
クラッチといえど基本的な荷物は ちゃんと入るし、チェーンも付け外し可能。
実物は写真より黄味が少ないインクブルーです。

●マリン風ストール

流行の・・・というより毎年夏になると着たくなるマリンですが
このストールはちょっと大人っぽいアクセント になって好き。
意外とボリュームがあるので、クーラー対策にも。

●シュガーピンクのチュチュ風スカート

これは人に褒められる率が抜群に高かった!
トップスをインしても、ゆるトップスからチラ見せしても可愛い。
総チュールの素材なので、真冬以外は年中着られそう。

んで、そろそろ気になるのは秋物のこと。
今年は、これまであまり着なかったベージュ系が気になる 。それも薄いの。
肌にはりつくようなピンクやベージュの繊細なワンピ&ごつめのアクセ&靴、が夢コーデだな。
もうひとつは、80sな色だけど貴族っぽいアイテムの コーデ。
実は今回、コレクションではあんまり「コレ!」ってのがなかったんだけど
一番好みに近かったのはルイ・ヴィトン。

給料日過ぎたら秋物ハンティングに出掛けます!


●7月15日 いたずらな姉さんたち

沖縄から帰ってきたと思ったら、あまりにも忙しくなって放置してました。すみません。
土日はHrkさん、ナツち ゃん、りばの4人で京王プラザホテルのレディースプランに泊まってなんとか休息できたのだけど
週が明けたらまた忙しい・・・あーうー、忙しい連発してダメな子ですな 。
ちなみにそのホテルステイでは、小田急デパートの地下で総菜を買いこんで部屋に持ち込んだんだけど
これが正解! 家飲みみたいにくつろげて、安上がりなのに かなり楽しく酔っ払えました。
特にローストビーフが美味しかったな〜
気持ちよく酔っ払いすぎて、途中1時間くらい寝てしまったのだけど
後で自分のデジカメを 見てみたら、知らない写真がいっぱい写ってたよ・・・いたずらな姉さんたちめ!
彼女ら3人といると、基本的に末っ子的ラクなポジションでいられつつ
突っ込み・突 っ込まれを自然とできて、ほんと楽しいです。うふふ。

一昨日・昨日と深夜3時過ぎ帰宅で、ようやく今日、無理に仕事を切り上げて電車で帰ってきたのですが
久 しぶりに聴きたくなったミッチーのCDにものすごく癒され中。
癒されるというかむしろ、アッパーチューンばかり集めた「さよなら、アンハッピー」を聴いているので
(オリジナルアルバムではなく、レコード会社移籍の際に出た特別編集アルバム)
早く寝ればいいのについつい踊り狂ってしまうわけですが、やっぱりミッチー楽し すぎ!
しかも超初期の「不真面目な女神」とか、今改めて聴くと贅沢にホーンとかが入ってて
かなり大人のオシャレAOR風味で、耳が多少肥えた今だからこそわかるこ ともあり。
私はブラスが入ってるポップスに弱いんですよ。これも、中学生からミッチーを聴いてたのが原因かもね。

最近良かったオシャレAORといえば、Ole Borud(オーレ・ブールド)
3月に日本盤が出た、ノルウェーの新人ミュージシャン。
陽光溢るるシティ・ポップ スって感じで、とってもスムース&スタイリッシュ、そしてハッピー。
音楽性を体現してるジャケも、シンプルだけど素晴らしい。

あと、今いちばんアルバムが 楽しみなのがこの人

Anjulieと いう、トロント出身の黒人シンガー。
巷ではネリー・ファータドmeetsダフィーなんて呼ばれているそうですが、それも納得の強烈な個性。
ドラマのある歌声に、ジャ ンルレスでダイナミックなサウンド。
日本盤の発売はどうやら延期しちゃってるみたいだけど、はやく欲しいわー


●7月6日 沖縄!!!!!

前回の日記は、実は軽い前フリ(?)でした。
有言実行。この週末、なんと沖縄に旅行に行ってきたよ!
食ったし飲 んだし泳いだし、天候も人もいいしで、もう帰りたくなさ過ぎて泣いた。
こんなに素敵な場所だなんて知らなかったよ沖縄・・・もっとはやく行けばよかった。

同期女子とふたりで2泊3日の旅。
「沖縄では車が必須」と言われていたのにふたりとも運転に自信がなく
ノー車で過ごせる行程に限定されたけど、それでも全然楽し めた。
基本は那覇市内。
ホテルが国際通り近くのいい場所だったので、昼も夜もフラフラ〜っと繁華街に繰り出すことができました。

梅雨明けした沖縄は、 有難いことに3日とも晴れ。
昼間はそりゃ日差しが暑かったけど、湿気がないので思ったほど汗はかかず。
日焼け止め塗ったつもりでも焼けてしまったけど、まあそれ はそれでいいや。

空港からの風景。空と海が同じブルー! 瀬戸内海にも東京湾にもこんな景色はない。
タクシーから見た、水平線に落ちる夕日も綺麗だったなあ・・・
意外と夕日がオレンジじゃなくゴールドなんだよね。

観光したのは、首里城に識名園、ひめ ゆりの塔、琉球ガラス村。
ひめゆりの塔は、修学旅行が911で流れて、ずっと行かなくてはと思っていた場所。
実を言うと当時、行き先が京阪神に変更になったとき「 むしろ嬉しい」と思ったんだけど
同級生が「いつか自分で、ガマの跡とか見に行かなきゃ」と言ったのを聞いて
そんな自分を恥じました・・・だから今回は肩の荷が 下りた気分になった。勝手な話だけどね。
見ていて一番心に残ったのは、絶望的な状況のなかでも先生が
「死んではいけない。ひとりでも多く生き延びなさい」と言 ったという話。
生徒たちがクローズアップされがちだけど、先生たちもどんな辛い気持ちだったろうと胸が痛む。

そして食。昼間からオリオンビールを飲み、1日 4食くらい食った。
有名な大東そばやジャッキーステーキハウスも行ったよ〜
なかでも「びいどろ」という創作料理のお店で食べた「島ウニの刺身」は絶品。
あん まりウニ食べないんだけど、上品かつ濃厚な舌触りに悶絶しました。
あと、薬膳料理で有名な沖縄第一ホテルの朝食も食べました。
味はもちろんのこと、お皿や器が 素晴らしくてね。

海と同じブルーの琉球ガラスに吸い込まれそう。
近いうちにまた行くわ。楽しすぎ た!


●7月2日 妄想旅行

ビールがなんて美味いんだー!
ということを日に日に思う、この数週間。
やっぱりむしむしして汗かいた後は、ゴクーッと 炭酸を飲みたくなるというもの。
といっても貧乏なので、最近はもっぱらサッポロの「麦とホップ」です。
「第3のビール」なるものが色んなメーカーから出てるけど 、一番好き。純粋に美味しいと思う。
これで140円ちょっとなら、わざわざビール買う必要もなくなるよねえと思ったり。
これと、ちょっと贅沢したいときはプレミア ムモルツ。もしくはベルギービールがMY定番です。
昔はビールなんて、「こんな苦いものの何が・・・?」と思っていたのにねえ。
もちろんワイン、スパークリング も相変わらず大好きなんだけど
ついつい飲み過ぎて翌日口の中に糖分が残ってしまうので、今の時期はビールのがいいかも。

今年、まとまったお盆休みは取れな いのですが、かわりに9月に連休をもらえることになりまして。
近くなってみないと具体的な日数は読めないとはいえ、海外旅行の芽が出てきたかも。
しかも9月中旬 なんて、旅行にうってつけな時期じゃないですか。
去年の卒業旅行以降、海外どこにも行っていないので行きたい!
せっかくだからヨーロッパに!
でも誰と行く ?という話になるのですが、妹の存在を思い出して(遅いよ)ますます乗り気になってきた。
妹は大学4年生で、私と違って単位もほとんど取り終っているらしいので、海 外はうってつけ。
俄然気持ちが盛り上がってきて、今日は旅行サイトばっかり覗いてます。
念願のブダペスト・プラハに行きたい〜 でもポルトガルもいいなあ。
行けて6日間だと思うので、ギリギリ2都市が限界だと思うんだけど。
妹は芸術系に興味があるので、有名な美術館があるところが・・・などと、獲らぬ狸の皮算用し とります。

んで、自分や友達のブログの旅行日記を読み返してたんだけど
2006年に行ったパリ&ウィーンの、あゆくらの日記がテンション高すぎて笑いすぎた。
あゆくらさん、特にタイトルつけるのが上手いんだよなあ・・・
何度読み返しても楽しいのは当事者ならではかもしれないけど、いやー面白いわ。
私は旅行記、 書くたびに途中で挫折してしまうので(持続力というものが皆無なのだよ)
まとまったものを、ちゃんと書きあげてる人のは参考になります。

あと旅行はやっぱ り準備が楽しい。
私の場合、特に「このトップスとこのスカート持ってったら、着回しが何通りできてー」
みたいなことを脳内で延々考えるのが好きだなあ。


●6月27日 high heels

午前1時過ぎ。こんな時間に何故か長野のデニーズでひとりビシソワーズをすする私。
高速バスで彼氏に会いに来たはいいが 、奴の仕事が終わらず待たされとります。
当然、合鍵は持ってません。
しかしデニーズは安いね。ビシソワーズ美味いです。
ビシソワーズに限らず、冷製ポター ジュ大好き。カボチャとかエンドウ豆とか。
プリフィクスコースにあったら絶対頼んでしまいます。

ところで今年はセールが始まるのが本当に早い!
てかフ ァッションに目覚めた中学生の頃から、年々早くなってきてるような気がするんだけど・・・
10年後には6月頭スタートとかになるのかしらん?
しかも今年は春夏モノ 全盛期すら、慢性的に10%オフとかやってたので、
あまり「セールだ!」って興奮も少ないというか。
といいつつ、既にある程度買い揃えてしまったんですけど!
ボーナス(低額給付金レベルだが)が出て調子こいた。
・キラキラ系ショーパン
・夏ジャケット
・カラフルショルダーバッグ
・スエードサンダル
・ベ ージュパンプス
わずか1週間強でこれ。私の頭はどうかしている(by「マルホランドドライブ」宣伝コピー)
でもでも、欲しかったものばかりだからいいんだもん!
特にジャケットは大当たりでした。仕事にも使える7分袖の軽いやつ。
何よりテーラードなのにサイズに余裕があるので楽ちん。
靴2足も、モード・エ・ジャコモのフ ァミリーセールで買ったんだけど激安。
会社の先輩に誘ってもらって初めて行ったんだけど、靴だらけ(当然ですが)で楽しかった。
ヌーディーなパンプスは小さくラ メが入ってて可愛いんじゃよ!
ただ2足とも、久しぶりに結構ヒールが高いです。
しばらく自分の中ではぺたんこ靴ブームだったけど、やっぱり高いヒールも魅力的だ なと。
特にスカートは断然、ヒールがいいよなあ(レトロワンピ&バレエシューズの組み合わせは別格だけど)
歩き回る日はついぺたんこを選びがちだけど、ヒールを 履いたときのしゃっきり感は気持ちいいもんね。

こないだエトナとやっぱりハイヒールの話になって、エトナが
「主人公の高校生の女の子が、クラスのちょいワ ルな友達にハイヒールを教えてもらう小説あったよね」
と言ったところで「山田詠美の『jaywalk』だよ!」と一気に記憶が蘇った。
「放課後の音符」に収録されてる 短編なんだけど、この話がいちばん好きだった。
ぺたんこもヒールも、両方似合う女になりたいわ。

これから狙うのはノーカラーのジャケットと、お出かけ用ド レスあたり。


●6月26日 追悼マイケル・ジャクソン

マイケル・・・
マイケルーー!!!
マイケル・ジャクソンーーーー!!!!
本当に悲しいです。

今朝7時ちょうどに目を覚まして、「眠いなぁ」と思いながらめざましTVをつけたら
緊急速報で「マイケル・ジャクソンさん心肺停止で病院へ搬送」というのを見 て
文字通りさーっと血の気が引き、一気に目が覚めました。
その時点ではまだ死亡は確認されていなかったんだけど、8時前の時点ではほぼ死亡が確定してしまって。
思わず佳奈さんに電話して「信じられないよ・・・」と狼狽。

今日は仕事でたくさんの人と会う日だったんだけど、そのたびに「マイケルが」と話したなあ。
もうあまりにも悲しくて、驚いて、残念で、ずっとマイケルのことばかり考えてたけど
同時にどこかで「でもマイケルは長生きする人種じゃなかった」と冷静に納得 しかけている自分もいて
それがまた余計に寂しかった・・・
でもきっと天国で幸せに暮らすんだと思う。飾り文句じゃなく、本当に心からそう思うよ。
才能があ りすぎるがゆえに精神が別次元に存在してしまっていた。
あんな人はほかに見たことがない。

というか、もう私はマイコーは「かぐや姫」だったとすら思うのね 。
何か理由があって違う世界から地球に落とされて、人間では有り得ない活躍をして
そして時がきたから迎えが着て、あっという間に去ってしまった・・・
この 説は意外と間違ってないと思うんだ。

だって、もう、急に死に過ぎ!
せめて1週間のこん睡状態ののち死亡、とかならまだこっちも気持ちの整理がつくけど
訳 がわからないまま死んじゃうっていい加減ドラマティック過ぎる。
最後までミステリアスな人だった。
至上のエンターティナーだった。

2006年のMTV VIDEO MUSIC AWARD JAPAN。
あの日、記者として参加していた私の目の前をマイケルが通った!
そしてプレスルームに突然やって来てコメントを残していった!
私はあの 幸運を絶対忘れることはないだろう。
欲を言うならパフォーマンスを見てみたかった、でも86年生まれの私が
マイケルとあんなふうに生の接点を持つことができたこ とだけで畏れ多い。
代々木体育館のボロい食堂の簡易プレスルームで、「コーヒー210円」なんて張り紙を横にして
天使のように愛らしい声で「Thank you,I love you Japan」と話していたマイケル。
ほんとはレッドカーペットで撮った写メもあるんだ。家宝にするよ。

神動画:


安らかに。


●6月23日 Life Begins At Eigty

本日、恵比寿リキッドルームで行われた80kidzのライブに行ってまいりました。
この手のエレクトロ系のライブに 行ったことなかったので、いかに盛り上がればいいのか不安でしたが
いやー楽しかったね! 最初は様子見だったけど、「Franky」以降の後半はビール飲みながら揺れま くり。
1時間半弱のタイトなショウだったけど、このくらいが丁度いいかも。
意外なくらい自分たちで楽器の演奏もしていて、まあ時々ピッチずれたりしてたのはご愛 敬だけど
特にMayuのキーボード! ハウスは無機質過ぎて苦手(ブラジリアン・ハウスとかは好きだけど)ですが
楽器の音が入るとぐーっと輪郭が立ち上がって好き だわ。
雑誌のインタビューなんかでも、顔のどこか(目とか口)を常に隠して出てきている人たちなので
実物はどんなんだろう?と思っていたけど、気が抜けるくら いゆるーいトークで笑った。
確かにDJなんて人前で喋る職業じゃないし、HIP HOP系の人たちとも違うから、こんなもんか。

アンコールはおまちかねの「Life Begins At Eigty」。
80kidzのメンバーのほうが私より5つくらい年上だとは思うけど
この曲で踊りながら、「そうだよなあ、私の人生80年代に始まったんだ」と、な んだか妙に感慨深くなった。
帰り道に同行者と「今80年代ファッションが流行ってるのって、その時生まれた世代が成長したからだよね」と。
もちろん当時のカルチ ャーなんてほとんど記憶にないけど(「にこにこぷん」しか覚えてないよ!)
親が25で子供を産んだとして、ちょうどその子が大きくなるぐらいに
流行のサイクルが やってくるのかねって。
まあ、うちの親はディスコなんて絶対行ってなかったと思うけど・・・

80年代リバイバルつながりで、こいつらも熱いよ!
The Telephones「Love&DISCO」

タ イトルどおりのハッピーなディスコ・ロック。
波が15秒おきぐらいにくるもんだから、そのたびに拳を突き上げてジャンプしたくなる。
シュールでキッチュなビデオ も面白いわー 55秒あたりで急に「CHOO CHOO TRAIN」するとこなんて最高!

全然関係ないんだけど、最近これにもはまった。
Versailles「Aristcrats Symphony」
ビジュアル系なんですが、凝りまくり&劇がかり過ぎで面白い!
そし て女装のギタリスト、HIZAKIさんが上手すぎる・・・


●6月21日 ニールセン、デュラック、ビアズリー

この1週間で買った画集のことを優雅に日記にしようと思っていたのに
この部屋の隅で息をひそめ ているゴキブリのせいで集中できないいいいい
1年くらい見てなかったのに、先週急にデカいのが一匹。
一瞬幻覚かと思ったけど、そんな都合のいい話があるわけはな かった・・・
どうも外から侵入してきたっぽいのですが。
gkbrにしてはそこまで機敏な奴でもなさそうだし、新聞紙も用意してあるんだけど
やっぱりいざ対峙し たとき、思わずひるんでしまうのよ!
2ちゃんねるのゴキブリ関連スレを読み漁り、とりあえずブラックキャップを買ってきて
今日の昼間にざーっと設置して、部屋の 段ボール類もすべて片付け、これで一安心、と思っていたのですが。
夜、衣装ケースが半開きになってたんで足でしめようと(はしたなくてすみません)したら
その 下からササーっと出てきたときは思わず「ふぁあああ!!?」と叫んでいたよね。
やはり・・・悪の芽ははやめに摘まなければならぬのか・・・
あいつらはマジでサ タンがこの世に使わした悪魔。

気を取り直して、上述の画集の件。
こないだ「太陽の東 月の西」の美しい挿絵について書きましたが
ネットでいろいろ見て いたら、どうしても手元に欲しくなってきて。
カイ・ニールセンというデンマークのイラストレーター。20世紀初頭のイギリスで活躍したそうです。
リンク
線がとっても優美で、きめ細やか!
アールヌーボーっぽい雰囲気もありつつ、どこか東欧のイコンを彷彿させる のも特徴かも。
北欧の人らしく?どこか寂寥感漂うというか、深いブルーの使い方にも目を奪われました。

さらに、同時代に活躍したエドマンド・デュラックも 素晴らしい!
リンク
ニールセンよりもアジア、特にイスラム圏の影響を強く感じさせます。
「アラビアン・ナイ ト」や「ルバイヤート」の挿絵も手がけているみたいだし。
とても幻想的で美しいんだけど、一方で、どこかユーモラスで生き生きとしていて、これまた大変気に入りま した。
特に好きなのは「ナイチンゲール」! 上のサイトでも見られるよ。
西洋人から見た、いい意味での中国の宮廷って感じで好き好き〜
デュラックはフラン ス出身で、後年はフランスの切手・紙幣のデザインも手がけたとか。

あとオーブリー・ビアズリーの画集も買いました。「サロメ」最高!
オーブリー・ビアズリ ーって、もう名前から完璧に耽美。
姉と近親相姦説があったとかいうのも頷けるわ。


●6月15日 女は女である・・・のだろうか?

これから書くことはちょっと反感を招きやすいかと思うのですが
私自身、何かを決めつけたり批判した いつもりはまったくなくて、酔っ払ってるのも手伝って
自分でもよくわかってないけど、このところ思うことを、つらつら書いてみようと思うよ。

最近何人かの 友達と話していて感じたのは、“女性が多い職場は働きづらいのではないか”ということだった。
私自身は今、3分の2以上男性という職場で働いているので、まったく当 てはまらなくて
むしろ私は「この職場働きやすいけど、これって男が多いからなのか?」と感じてました。
女だらけの職場で働いている友達は「今の職場は辛い!」 という人が多くて
少ないサンプルながら、(少なくとも私の周りでは)その仮説は成り立つのかな、と・・・

断わっておくと、私の職場の男性はもちろん、女性 もいい人ばかりで大好きです。
でも女性ばかりの部署の人と仕事したり、他の会社のそういう部署の話を聞いていると
なんと面倒なのか、なんと非効率的なのか!と 思うことが結構あって。
うまく言えないけど、なんか「常に見られている」感があるんですよ。
少なくとも私の周りでは(これ使うの2回目だな)、男性は基本放って おいてくれるのでラク。
そもそも私は中高と女子校だったし、大学時代も男友達なんていなかったので
当初は「男ばっかで怖い!」と思っており、今こういうふうに 感じることをびっくりしています。
単に人は異性に優しい、というのもあるだろうけど、それだけじゃない気がするのよね。

何故急にこんな話を書いたかという と、今日職場の人と恋愛観の話になり、私が
「極力、恋愛したくないっす。
 たとえ失恋に終わっても、人生において恋愛は素晴らしいと思ってるけど
(むしろ 失恋の可能性が高くて当然に決まってる。確率の問題として)
 それでも恋愛によって、自分自身を掻き乱されるのは苦痛だし恐怖だ」
と発言したところ、男性陣に 「男っぽい考え方だ」と指摘されたから。
別にこれで「自分、サバサバしてます☆」と主張したいわけではなく
むしろそんなん痛いし、結局性格なんて他人が判断す りゃあいいと思うけど
ただこれって、上記のような考察と少し関連性があるのか?と疑問に思ったので。

当然男の人でも嫌な人はたくさんいるし、自分自身を「 ドロドロしてるなー!」と厭うことも多いんだけど
だからこそ、私が女だからこそ考える。
唯一言えるのは、女性性だけのせいにしたくないし、もしそうでも、もっ といい世界にしていきたいよ。


●6月14日 読書クロニクル(2)

小学生編、まだまだ続きます。

小学校高学年の頃から、児童書以外の本を読むようになってきます。
この頃 受験勉強してたんで、国語の模試に使われていた本が気になったりし始めるんだよね。
一番はまったのは吉本ばなな。
父親の本棚にあった「キッチン」を何気なく読 み始めたら止まらなくて
それまで一人称の純文学というものを読んだことがなかったので
しばらく主人公の桜井みかげは吉本ばなな本人のことなのだと思い込んでい た。
そのくらい衝撃的だったんだよ!
図書館に通いつめていろいろ読んだ。「TUGUMI」「うたかた/サンクチュアリ」あたりが特に印象的。
同じ頃、江國香織や 梨木香歩にもはまったんだけど、一番好きだった作品は
湯本香樹実の「夏の庭 The Friends」。
これはもう本当に名作だね。あまりにも好き過ぎて人に教えたくなか った!
ちなみに広大付属中の入試に出て、思わず小さくガッツポーズしてしまったのも懐かしい思い出。

ついでに受験国語で、個人的にヒットしたのが安岡章太 郎の「宿題」。
短編集「海辺の光景」も買って読んだ。
私は中学受験を志す立場である(成績も悪くはなかった)のに、「宿題」の主人公のように
学校に行きた くない、親に自分の姿を知られたくない、学校面倒くさいと感じる子供だったので
なんとなく、何か感じるところがあったのかも。
あと私は安岡章太郎の芥川賞受賞 作「陰気な愉しみ」というタイトルが非常に好きで、
今でもしょっちゅう自虐的に使います(読んだことはない)

並行して、以前書いたとおりSFにも少し手を出 してみる。
ちょうど父親の本棚にフィリップ・K・ディック「地図にない町」があって、入りはそこかな。
メジャーな「夏への扉」はもちろん、ブラッドベリやスター ジョンの「夢見る宝石」など。
まあ今思い返すと、わかったような、よくわからないような・・・みたいな読後感でしたけど。
ちなみにSFで一番好きなのは、高校の ときに読んだ「幼年期の終わり」。

あと同じく父親の本棚からアレコレ取り出して読み始めた時期で
俵万智の「サラダ記念日」にも衝撃を受け、6年生のときの図 画工作で引用したりしました。
我ながら可愛くない子供だったけど、まだあんまりマニアックな感じではないね。
そして背伸びしてたけど、どこまで理解してたかは 謎。でも背伸びすること自体に意味があったのかな。
小学生は自分の人生で最も読書をしていた日々で、ここから転落人生が始まるとは
幼い私はまだ知る由もなかっ たのだった(続く!)


●6月13日 読書クロニクル(1)

こないだちょこっと書いた、私の読書クロニクル。
自分が後に参考にするためだけに、今、紐解いてみようと思いま す。

●小学生
年の割にはよく読書する子供だった。というかそれしか趣味がなかった。
まったく信憑性ないかもだけど、幼いころの私は、そりゃあ内向的だ ったんですよ。
運動もまったくできなかったし(先天的)
岩波少年文庫が大好きで、なかでもジョージ・マクドナルドやカニグズバーグが好きでした。
(「クロ ーディアの秘密」「魔女ジェニファとわたし」などなど・・・特に「なぞの娘キャロライン」は名作すぎ)
世界の童話みたいなのも好きで、ギリシャ神話とか「太陽の東  月の西」、アラビアンナイトなど。
アンドリュー・ラングの世界童話全集もよく読んだ。「きいろの童話集」「ばらいろの童話集」と
それぞれに色が冠せられてい て、子供ごころに素敵だなあと思ったものよ。
おお、今「太陽の東 月の西」でぐぐったら、こんな素 晴らしいサイトが!
なんと美しい挿絵なの・・・子供に与えられる世界って、ときに大人よりも贅沢だわ。

で、小学4年生のとき、毎日小学生新聞にコラム? を書いてた折原みとを知ります。
そこからポプラ社の小説を読み、さらに講談社ティーンズハートに手を出し・・・
当時ティーンズハートといえば小林深雪が大人気 で、折原みとは好き嫌いが別れていたのですが
私は完全に折原派だった。この当時「花とゆめ」を購読し始めたころで
私の「平凡な学園ものは苦手・ファンタジーや 壮大な話が好き」嗜好がくっきりと。
折原作品では、「2100年の人魚姫」「地球―『箱船の惑星』」「エンジェルティアーが聴こえる」
このへんが好きだったな。あ あもう懐かしすぎる。
「クリスマスBOX」というエッセイで、「代官山に素敵なお店がある」と書かれているのを読み
「東京にはそういう山があるんだ〜」と思ってい た私はあまりにも10歳だった。

「花とゆめ」のことも書いておかないと。
小学校4年から高校1年まで、一度の例外もなく忠実に購読し続けた雑誌。
はじめて 買った号に載っていたのが、「天使禁猟区」の第一部ラスト(3巻)だったのを憶えている。
日高万里とか中条比紗也もまだ新人の頃で。日高万里の「ふたり」、好きだっ たなあ。

そして自分自身でも小説・マンガをB5ノートに描いて、友達に見せて回っていた。
なんという典型的な文系オタク少女。
ああ、思いだすことが多過 ぎる!続きは次回!


●6月7日 秘孔を突かれた

昨日はまたまた土曜出勤。せめてランチだけでも美味いものを食おうと思ったら
オフィス街の土曜の14時にロクなランチ がやっているわけないのだった・・・
ということで帰ってから夜中にじゃがりこを解禁。ばりばり貪ってやったぜ!
それが尽きると、最近の超お気に入りの黒糖そら豆に手が伸びる。
これ、最近居酒屋でもよく見かけるけど、ほんっとうに美味しいです!
ほんのりした甘さだからくどくないし、噛みごたえも丁度いい。
つまみとしてはもちろん、茶菓子としてもアリです。
まあ未婚女子のサタデーナイトの過ごし方 としては、かなりいけてない感じですが。
というわけで、今日は気分一転、フェイシャルエステを受けてきました。
機械を使って振動与えたり、コラーゲンパックし たりするやつね!
私は割かし肌が強いほうで、それに甘えて大したお手入れもしれないのですが
いざ診てもらったら、リンパの流れがかなり悪いとのこと。
お姉 さんがピッとツボを押した瞬間、身をよじるほどの痛みが!もう涙目。
あごの付け根の真下らへんなんですけどね〜秘孔ってこれのことか?と思ったよ。
普段ダラダ ラ生活している分、キュッキュッと身体をよくしてもらえるのはたまらんねえ。
まー加えて自分で運動もしないと、とはわかっているんだけれども。
で、フェイシャ ルエステですが、確かに目に見えて効果ある(リフトアップする)
でもいかんせん金額がなあ。今回は初回なのでお手頃価格だったけど
これを毎月っていうのはやは りまだ厳しいなあ。3か月に1度くらいで誤魔化そうかしら。

しかし私、あんまりゲームって興味ない人間なんだけど
アメーバピグの絵合わせゲーム(神経衰弱) に今はまりまくってます。
そして弱い・・・あーうー
私たぶんビジュアルで物事をすぐに認識する能力が鈍いんだよな。情報を切り替えられない。
何故こんな美 術的センスで、昔は漫画家を目指したりしていたのだろうか・・・
地図もまったく読めないし!
そのかわり文字情報は割とすぐ記憶するほうで、いらんことまで結構 覚えてる。
だから知らない街を歩いているとき「このへんに美味い店があるって読んだ!でも場所はようわからん」
などと中途半端なことを言い出すのよね。


●5月31日 戸隠

ウンザリしている方も多いかもしれませんが、まだまだスピリチュアル語り、続きます。
というのも昨日今日で長野の彼氏のところ に遊びに行っておりまして
ドライブがてら戸隠山の中腹にある、戸隠神社に参拝してきました。
全然知らなかったんですが、戸隠山って標高約2000mの、かなり立派な 山。
それも富士山型じゃなくて、巨大な壁のようにそびえていて、頂上あたりは雲で隠れていて、
まさに霊験あらたかというか、思わず畏怖の気持ちを持ってしまう ような山でした(スキー場も有名らしいが)
実際、戸隠神社は“修験道場戸隠十三谷三千坊として比叡山、高野山と共に
「三千坊三山」と呼ばれるほど多くの修験者 や参詣者を集めた。”(Wikiより)らしく
その日も白装束を着ている一行をよく見かけました。
で、奥社に参拝するには、徒歩で2km歩かなきゃいけなかったんですが ・・・これが荒行!
大して舗装もされていない急な山道。しかも途中雨がパラついたもんだから、
足もとの岩が濡れてすべるすべる。どう考えてもバレエシューズで 登る道ではなかったんだけど、
上がれば上がるほど冷気に包まれて、まさにイコール霊気って感じで心清められた。
思ったより小さな奥社だったけど、古くから鎮座 してるんだろうな〜と感慨深い。
上を見上げればそこに雲で、全体的に空気も白っぽく、やはり山の上って何かあるよなあと思ったり。

しかしスピリチュアルだ けでは腹が減る。苦行の後はメシが美味い!・・・ということで
地元のグルメもしっかり味わってまいりました。
中社の近くにある、有名なそばの店「うずら家」
土曜の昼ということで1時間半待ちだったけど、参拝して帰ってきたら丁度いい時間 に。
最初の漬物がまず美味で、あったかいそば茶がすすむすすむ。
私はメインのそばを温かいとろろにしたんだけど、絶妙なコシで超美味かった!
サイドオーダ ーした野菜と山菜の天ぷらもグッド。冷酒と一緒にいただいたら、なお味わい深かったろう。
そして、満腹になったにもかかわらず、駐車場に向かう途中にみつけたアン ティーク風の喫茶店の表に
「本日のケーキ:くるみといちじくのタルト」と書いてあるのをみつけ、思わず中へ!
「十輪」というこのお店、蔵を改築したものらしく、皿にもこだわっていて素敵でした。タルト美味かっ た。
聖と俗、両方楽しむのが私の道。


●5月29日 スピリチュアル語り

こないだご紹介したCHIYORIのアルバム(発売前なのでサンプル盤ですが)を聴き過ぎていてやばい。
アルバム全体 も最高なんだけど、5曲目の「星ノ降ル夜」にとらわれてしまった。
タイトルどおり、誰もいない澄んだビーチに星が溢れる景色が浮かぶ。
でも単に美しいだけじゃな くて、海へ海へと呼び急かされるような
周りの原自然が交感しあってさざめくような、まるで神へ奉る巫女の歌のような
うまく言葉では表せないけど、まあ平たく言 ってしまえばスピリチュアルさが半端ない。
一神教の宗教じゃなくて、もっともっと原始的な、アニミズム的なもの。
この曲を平気で10回リピートとかしているので (6分強の曲なので、1時間以上聴き続けていることに・・・)
おかげで私の精神は内へ内へと向かい、ただ今絶賛妄想ウィークです。仕事がまったく手につかんわ!

ちなみに、この海はきっと九州とか四国の海。南に繋がる海(和歌山でも可)
自分が西出身だからってわけじゃないけど、歴史的なロマンって京都以西に感じる んだよね。
太古の神秘とくればなおさら。九州の人ってやっぱりなんとなくエキゾチックだし。
実際CHIYORI嬢も熊本で音楽活動の基礎を築いたよう。
で、なんだ かCoccoを必死で聴いていた10年前(!)のことを思い出しました。
Coccoに惹かれたのって、もちろんいろんな要素あってこそなんだけど
“沖縄の音楽”に衝撃を受 けたってのも大きかっただろうな。広島の平凡な中学生としては。
ポップスなのに、どこか生々しくて、むき出しで、霊験あらたかな感じがした。
同時にビジュアル 系を通過しなかった(周りにファンが多かったので観察はしていたが)のは
彼らの宗教観、世界観にあんまり共感しなかったからだと。
洋楽でもエヴァネッセンスと かのゴスっぽいのにはあんまり興味なくて
もっと神秘的な美しさのもの、Siobhan Donaghyもだし、Brandyの「Afrodisiac」や
Dido、Natalie Imbrugriaの「White Lilies Island」あたりに震える。
湧き出る泉のように聖なる感じ、暗闇にぼうっと光る灯の感じ、白く靄がかった感じ。

ってスピリチュアル語り炸裂ですみませ ん。妄想月間(延びてるし)なので許してください。
パワースポットとかオーラとかにはまったく興味ないんだけどねえ。
で、決めました。この夏、私沖縄に行きま す!!
2泊でせいいっぱいだろうけど、修学旅行が911のせいで沖縄から関西に変更になったときから
ずっとずっといつか行かなきゃと思っていたんだ。だから今年行 くー!


●5月27日 SFハンドブックが友達だった

今、私はアメリカ版「Glamour」を定期購読しているのですが
今日届いてた6月号の「The New Night You」 というビューティーページが非常に気に入りました。
The New Night You
夜のミステリア スさと、空気をはらんだ軽やかさがとっても美しい。
そしてこの可愛いモデルはだれ?と思ってクレジットを見たら、Julie Ordonというスーパーモデルでした。
スパ モといってもショウで活躍するというよりは、スチール寄りの子だと思うんだけど
07年のシャネルの口紅のモデルと言えば、ピンとくる方も多いはず。
裸でシーツに くるまれた、真っ赤なリップのブロンド美女、あれです。
鮮烈だったよね・・・いやー素晴らしき小悪魔。
84年生まれだから今年で25歳だけど、それを感じさせない 童顔。ナタリアVに似てますね。
日本のコスメのCMも、薄っぺらなイメージビデオみたいなのじゃなくて、もっとストーリーを作り込めばいいのに。
ジュリーちゃんが 出演しているCMで、こんなのもあったのでご紹介。
http://www.youtube.com/watch?v=8u0VpWj2s-s(リンク切れ)
どうやらフランスのコーヒーのCMみたいなんですが ・・・日本では有り得ない官能っぷり。
こんなの飲料の広告とは思えないよ。お国柄の違いというやつですかね。

栗本薫が亡くなったそうで。
かなり体調が 悪化してるらしいというのは聞いてましたが、残念ですね。
って私はグイン・サーガも読んだことないんだけど
でも天野喜孝のイラスト展が広島に来たとき、見に行 った記憶があるわ。中学生だったはず。
うん、パセーラの中にあるNTTクレドホールだった・・・懐かしすぎる。

思えば小学校上級年〜中学生くらい、「ハヤカワ SFハンドブック」が友達だった時代がありました。
実際のところは、紹介してある本をそれほど読んだわけではなかったんだけど
おかげで主要な作家・名作にはある 程度詳しくなりました。
実はこのSF傾倒は、折原みとが原因なんだよね。
小学生のとき講談社ティーンズハートの折原作品を大変愛読しておりまして
その流れで 折原氏自身がすすめる作品に手を伸ばしていったんです。
これ、長いこと日記書いてるけどはじめて書いたわ。
結局SFというジャンル自体にそこまではまることはな く、「今日の早川さん」状態にはならなかったけど
今思い返すと、いい教養が身に着いたなーと思います。
自分の読書遍歴については、近々ちゃんとまとめてみたい 。


●5月24日 今日のガーリィ:少女ミステリー

久々に面白い本に出会って気分上々なので、それとあわせてガーリィ特集ってことで
今日は少女ミステ リーの傑作をいくつかご紹介します。

シーリア・フレムリン「泣き声は聞こえない」
妊娠姿の可愛らしい女の子の表紙が目を引きます。これは新版の表紙だそう 。
15歳のミランダは一夜の過ちで思わぬ妊娠をし、お腹の子を産むことに決める。
順調に出産予定日に近付いていた・・・はずだったのに、
今、実は彼女のお腹 のなかには詰め物だけ、赤ん坊なんていないのだ!
何故こんな嘘をつくことになったのか? というところからお話はスタートします。
ミステリーといっても、 「JUNO」にも通じるような青春モノの側面が強いんだけど
そこに赤子誘拐事件や、駆け引き、どんでん返しetcが絡んで、ラストまで飽きさせません。
キュートで瑞々 しく、最後もスカッとするのでぜひ映画化してほしい!
今、日本でやるなら主役は桜庭ななみだな。

こういう、女の子が主人公のミステリーの面白いところは
彼女が「女の子」であるがゆえに、思わぬ行動や展開を引き起こしてしまうということなのよね。
感情の揺れ動きが大きい年代ゆえに、驚くようなことをしでかして しまったり。
ときに純真さが研ぎ澄まされすぎて、傍から見たら狂気に近くなることもあるけど
でも私はガーリィとは繊細さであり、またそれを裏返した強さだと思 っているので
女の子×ミステリーって最強だと思います。

その他のオススメ
【心理スリラー系】シャーリィ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」
村 はずれの屋敷に閉じこもって生きることを選んだ、一家殺人の生き残りの姉と妹の物語。
外界を遮断し空想に幸せを見出す妹の純粋さは、まさに狂気をはらんでいるけど
そのいびつさを「うふふ」と笑ってしまえる姉妹の愛にゾクゾクきてしまう。
それの前では、殺人の真相すら重要ではないところもいいね。

【耽美系】サラ ・ウォーターズ「荊の城」
19世紀半ばのロンドン、数奇な運命に翻弄されるふたりの少女の物語。
どんでん返しに次ぐどんでん返し、クセありまくりなキャラクター 、重厚な時代描写
さらには百合萌え!ってところまで、カルト的人気を誇るのも頷ける。

【家族小説系】ピーター・ディキスン「キングとジョーカー」
架空 の英国王室で起こる「ジョーカー」のいたずらに、13歳の王女ルイーズが立ち向かう。
王族もまた普通の人間であるという、作者のシニカルな視点が大胆で面白い。
女の子の冒険もの、成長ものとしても秀逸。


●5月17日 CHIYORI

怒涛の1週間が終わり、この土日はようやく安息を迎えました。
今回本当にキツかった・・・っていつもそんなこと言ってる気が するけど。
普段ならたとえば外へ夕食を食べに行って、1時間くらいしてから戻ってまた仕事したりするんだけど
今回は本当にそんなヒマもなく、会社に着いてから出 るまでひたすら仕事をしていた。
まあそれなりに忙しい社会人なら、このくらい普通なのかもしれないけど・・・
そんなあんまり寝てない&食べてない状態で土曜日 は先輩の結婚式に行ったため
ついに帰ってからお腹を壊してしまいました。そんなわけで今日は地元でいい子してた。
まあ明日からまた気合い入れてどうにかしなき ゃならん仕事が待ってるんだけどさ。

といいつつ、忙しいおかげで逆に救われたこともあり。
というのも結婚式に行ってみたら、私が目をつけていたドレスを着 ていた人が!しかも2パターンも。
本当は平日のどこかでどっちかを買って、結婚式に間に合わせようと思ってたんだけど
結局行くヒマがなくて手持ちので間に合わせ たのよね。
でもかえって恥ずかしい想いをしなくてすみました。
特に今回は女性客にマスコミ系の人が多かったみたいで、黒ドレスのほうが少ないくらい
みなさ ん華やかに着飾っていて、ものすごーく目の保養になりました。
オシャレさんが多いからこそ、今売られているドレスは逆に着ないほうが無難というか
やっぱりすぐ に出番がなくても、気に入ったドレスはいくつかストックしておくもんだと思った。
・・・という大義名分のもとに、私はこれからもドレスを買い続けようと思います。

ところで今年は上半期だけで、いいCDばかり巡り合ってきた感があります。
とりあえずBrandy「Human」はベスト5に入るの確定だし、Lady GAGA、邦楽なら髭、福 井舞もよかった。
今年はランキング作るの大変そうだわ〜なんてはやいうちから思ってたんですが(オタク)
ここに来てさらにそれを上回る、真打ち登場・・・の予 感。
CHIYORI

6月にデビュー盤が出るインディーズの女の子なんですが、
レゲエ、和音階、ダブ、ソウルあ たりがごっちゃになった、原始的なのに幻想的なサウンド、
そして内に内に潜ってくるような神秘的な歌声が鳥肌モノ!
MySpaceで聴けるのはまだデモ音源みたいです が、サンプル盤はもっと音がしっかりしてて、相当衝撃を受けた。
こういうシンガーは久しぶりだなあ。初期CoccoとかUAがお好きな人はぜひぜひ。


●5月11日 UTADAじゃなくてのっちだよ

髪を切りました。久しぶりにまとまった前髪を作った。
Perfumeののっちのつもりでオーダーしたのだが、終 わってみれば宇多田ヒカルに・・・
私はのっちになりたかったのに!
って他人にとってみればどうでもいい差異なんですが。自分にしかわからないこだわり。
美 容院で読んだ、今月号の「PS」がなかなか面白かった。
自分のファッションがまたちょっとカジュアル化してきて、買わないけど「JILLE」あたりもちょこちょこ読む。
最近メインモデルになった、本田翼ちゃんという高校生のモデルが可愛い!
ネット上にはあんまり画像が転がってないんだけど、黒髪ロングでクールなたたずまいの 美人さん。
しかし今宿麻美がいまだにトップを張り続けていることには驚嘆せざるを得ない。
正直あまり好きなモデルではないのだけど、10代からモデル始めて、も う30越えてて
しかもお飾りトップみたいな扱いじゃなく、若手と同じレベルでバンバン仕事してるなんて。
外見がほとんど変わってないのも凄いとしか言いようがな い。
あと最近モデルでお気に入りは紗耶、Nanami、武井咲(15歳には見えん!)そして相変わらず比留川游。
今はモデルからグラビア方面にシフトしたみたいだけど 、「歌のおにいさん」に出てた永池南津子も好き。
「週刊現代」での初グラビアが初々しくてよかったよ・・・ってオッサンですかいな。

今年はなんだかスカー トばかり買ってるような気がする。
あんまりトップスはGETしてないなあ。長め丈のカットソーとか、欲しいなあと思いつつ先送り。
今いちばん欲しいのは、サテン生 地のショートパンツ。色はピンクに近いパープルが理想。
スカートならちょっと見かけたんだけど、ショーパンに限定するとなかなかみつからないなあ。
あんまり短 すぎず、黒のトップスとかに合わせてゆるっと着たい。
そして週末に会社の先輩の結婚式二次会に出席することになったので
何を着ていくか今からワクワクしている 。
前髪ぱっつんにしちゃったから、あんまり女性らしいドレスも似合わない気がして、ドーリィ系でいこうかなあ。
迷ってたワンピース、これを機に・・・って誘惑 にかられまくってるけど
そんな理由でワンピ買ってたら、この先身が持たないので熟考中。

そういえばJILL BYで私が散々押していたスペインのブランド、KLING の取り扱いが始まってた!
見よこの先見の明を!・・・と言わせておくれ。素直に嬉しかったんだよ。
ちなみにForever21はまだ行ってません。前を通ったけど、あの 人込みはむり。


●5月9日 魂に火をつけて

1年に1回ぐらい、NARSのコスメが欲しくてしょうがなくなる時期がやってきます。
新色とか、雑誌で見たこの色が〜とか じゃなくて、とりあえずNARSのものが欲しい!というか
手持ちのコスメじゃなんとなく飽きてきた、新しい風を吹き込みたい!と思ったら絶対NARS。
だって正直な話 、手持ちのコスメである程度のカラーはすべて揃ってるし
自分でも特定の色が欲しいわけじゃないんだけど、なーんか物足りないんだよなあというときにピッタリ。
NARSのコスメ(特にアイシャドウ)は、一見「これどうやって使うの?」ってものも多いんだけど
いざ肌に乗せてみると、意外性があるのにすごく使いやすかったり 、ニュアンスが絶妙だったりで
ほぼ例外なくメイク魂に火をつけてくれるのです。
とかいって、過去のものでもいまだに使いこなせてないアイテムもあるんだけど
カウンターに行くと、また新たな発見や提案があるというかね。

そんなわけで、週明けぐらいからウズウズしまくった挙句、本日カウンターに行ってまいりまし た。
ズラーッと並んだ何十ものカラーが壮観。まずは手の甲で試しまくってうっとりんぐ。
その後BAさんが声をかけてきてくれたので、フルメイクお願いしてみるこ とにしました。
どういうのがご希望ですか?と訊かれて「透明感があるんだけどセクシーな感じで!」と
相変わらず勝手なことばかり言う困った客だ我ながら。
一応言い訳しておくと、本当に自分の中でも色の希望とかはなくて
むしろ「こんな色にこんな使い方があったんだ!」と驚かせてほしくて。
結局、デュオアイシャド ウ3055「Habanera」をメインに使ってもらうことに。
涼しげなミントカラーと、ちょっとスモーキーなプラムカラーがセットになったもの。
プラムのほうは、ピンク とグリーンの小さな粒子がキラキラと散りばめられていて
言葉ではいい表せませんが、見た目よりもずっと軽やかで使いやすい色。
メイクしてくれたBAさんもまた気 さくな美人さんで、目のキワを重点的にメイクしながら
「こうするとメーテルみたいになるんですよ。メーテルアイ!」
などと話してて、メイク中も楽しかった。
結果、クールなんだけど深みがあって、カッコイイ女子顔に仕上げてもらいました。
もちろんアイシャドウはお買い上げ、さらにBAさんがつけていた
金魚のよう なチェリーのような、ちょっと80'sな口紅(1020「Niagara」)も買っちゃいました。
予想以上に出費しちゃったけど幸せに尽きる。やっぱりNARS最高じゃあ!


●5月7日 酔いきってGOGO

昨日はあの日記書いたあと、電話して(相手が留守電で助かった!でもその後のコールバックで面倒なことに・・・
やっ ぱり電話嫌いだ、ううう)とりあえずするべきことは片づけたので
うちに遊びに来てくれた友達と、ひたすら酒を飲みまくり&食いまくりました。
彼女は中学からの 同級生で、唯一同じ大学の同じ学部に進学した子で
家も割と近いため(彼女はすでに家族ごと東京に引っ越してきているので、実家暮らし)
ふだんからオシャレなと ころで飲むことはほとんどなく、うちとか地元の居酒屋ばっかり。
地元飲みだと、安心して酔えるのがいい。
駅前のフツーの居酒屋で、地元のオッサンにまぎれて、 焼き鳥食べながら梅酒を飲み、語る・・・
23の女子がすべき行為じゃないかもしれませんが、こんな瞬間もまた幸せ。
リラックスできる友達ってほんと貴重な存在だ 。

で、昨日は一応ホームパーティー(?)なので、張り切って酒と食事を用意。
まずはバゲットと3種のディップ&チーズ。これだけでボトル1本空けられるくら い好きなメニューだ。
セミドライトマトをクリームチーズとあえたディップ、アボカドにカレー粉でスパイスをつけたディップ
あとこないだ長野で買ったアーモンド ペースト。
この日は作らなかったけど、先日先輩の家にお邪魔したときに出してもらった
マスカルポーネと蜂蜜をあえたディップも、簡単にできるのに甘くておいし くってお気に入り!
まあマスカルポーネ自体が結構高いので、そんな気楽に作れるものでもないのだけど。

あとはラタトゥイユの温泉卵乗せ、ジャガイモとハー ブソーセージの白ワイン蒸しなど。
後者は以前Chiaちゃんがブログで紹介していた、お母様譲りのレシピを勝手にアレ ンジしてみたもの。
Chiaちゃんのレシピだと鶏胸肉で、これも食べ応えがあってすごく美味しいのですが
ハーブソーセージもなかなか合うのよ。何より味付けがラク で良い。

これを食べ終わった時点で、開始から2時間しか経っていないのに
缶チューハイ、スパークリングワイン、ロゼワインを終えてすでに梅酒ロックに突入し ており
完全に酔っ払いモードで、そのまま勢いあまって駅前のカラオケへ!
このときが酔いのピークで、いくら払ったかとかまったく覚えていない。
相手が歌っ た歌はもちろん、自分が歌った歌さえよく覚えていない・・・
久しぶりにあんな酔いきったわ。
でも帰ってから割と普通にHrkさんと電話とかしたんだよな・・・謎だ 。


●5月6日 好きな人や物が多過ぎて

※音楽ページ、08年ランキングを更新しました

自宅でやらなきゃいけない仕事があるのだけど、じとじとの 雨&寒さでまったくやる気が出んよー
さっきからYahooのトップページか楽天かmixiばっかり往復してます。
1年仕事してみて、一番苦手なのって最初から今まで「電 話をかけること」。
仕事柄、かなりの頻度で知らない相手に電話しなきゃいけないにもかかわらず
毎回毎回ほんっとーにやだ! うまく用件が言えなくて舌が空回っ てしまう。
しかも、電話してみて嫌な相手に当たった経験なんて結局そんなにないのにね。
何を怖がってしまうのか自分でもよくわからないけど・・・決めた!この 日記書き終わったら電話します。

突然ですが、皆さん「趣味は?」って訊かれたときなんて答えてますか。
自己紹介する上で趣味の話って避けられないものだけ ど、なんだかんだで
「これが趣味です!」っていう確固たるものが、自分の中にないような気がする。
まあ無難に音楽とか映画って答えることが多いんだけど、
「じゃあどういうジャンルが好き?」ってさらに訊かれると困ってしまいます。
何度も書いてるけど、音楽に関しても映画に関しても、わかりやすいジャンルで好みを説 明できない。
面倒くさいので最近見たものを話しとくか、音楽だと結局「マドンナが一番好き」って言っちゃう。
まあ事実だけどそれが本質ではないよなー、ってい う・・・。
というか、こういう話をすると「サイコは音楽が趣味じゃないの?」って言われるんだけど
自分としてはそんなNO MUSIC NO LIFE!とか常に思ってるわけ じゃないし
確かに音楽は毎日流れてるけど(ステレオから、パソコンから、脳内から)
音楽好きです、という言い方よりは、音楽聴きます、って言い方のほうがしっ くりくる。

そもそも趣味って、時間とお金と情熱をいちばん費やしているもの、という理解でいいんですかね?
私は割と昔から「好きな人や物が多過ぎて見放さ れてしまいそうだ」な人間なので
その時々の波でプライオリティは変われど、絶対コレ!ってものがあったことはない。
強いて言うなら寝ることと食うことなんだけ ど、でもそれ言ったらお終いというか、
生命の原点じゃん、趣味という段階の話じゃないじゃん、とも。

まあこんなアレコレ考えても、別に誰も私の趣味にそこ まで興味ないよっていうオチがあるわけだが・・・
常にこういうつまらんことばかり考えている私。
普段ぼーっとして見えるのはこのせいです。もう趣味、「考え事 」にすべきか?


●5月2日 清志郎逝去

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん 治療続け

清志郎死んじゃった。
ガンが再発して、しかも骨に転移って聞いた時点で、もしかしたら・・・とは思っていたけど
実際に亡くなってみたら、 実感わかなくて呆然としてばかり。
結局この耳で、生で歌を聴くことができなくて残念でした。
14歳のとき、はじめてミッチーを好きになったころ、一番最初に歌う ミッチーを見たのが
NHKで放送された、清志郎30周年記念ライブ「RESPECT!」で。
ミッチーは「い・け・な・いルージュマジック」を紫の衣装で歌い、
他にも奥田 民生や矢野顕子、ロリータ18号、ゆず、斉藤和義、井上陽水など
かなり幅広いメンツがそろった、めちゃくちゃ豪華なコンサートでした。
当時は動くミッチーを見ら れるのがそのビデオしかなかったから、本当に何度も何度も見た。
もちろん清志郎のこともはじめて知ったんだけど、すごい人なんだなあということだけは幼いながらも わかって。
とにかく、フレーズが耳に残って、ついつい歌っちゃうんだ!

それからも、ミッチーと一緒に「ミツキヨ」を組んで「強烈ロマンス」というシングル を出したり
アルバムでも「花びらのように」という美しいバラードを提供してくれたりして
ベイベとしては、清志郎は常に切り離せない存在でした。
ご冥福をお 祈りします。

カバーといえば、ビヨンセがツアーでアラニスの「You Oughta Know」を歌唱。

「If I Were a Boy」のリミックス?で、管楽器で横ノリにアレンジされ てて新鮮です。
今回のツアーではサラ・マクラクランの「Angel」もカバーしてるみたい。
以前はデズリーの「I'm Kissing You」をカバーしたりしてたし
ビヨン セは意外と正統派女性シンガーソングライターが好きなんだろうなあ。
実際、今回のアルバムの「I Am...」サイドはそんな感じの曲ばっかだったけど
私はバラードの ビヨンセよりガナるビヨンセのほうが断然好きなので
女性SSW風の音で、もっとガンガン歌えばちょうどいいと思うんだけど。
サマソニ、初めて行こうか迷ってます。 ソランジュももれなくセットで付いてくるし。
でもメンツ的には2日目のほうが魅力的なのよね。Lady Gagaがどこに入るか次第だけど。

ああ、それにしても清志 郎・・・
こんな夜に、お前に乗れないなんて〜って
せめて歌ってささげようと思います。


●4月30日 善光寺とダライ・ラマ

世間はゴールデンウィーク、ゴールデンウィークと騒げど、実はそう休めないことに気付きました。
いや、一応こ の土曜から来週水曜までは休みだけど、途中出勤しなきゃいけない日があって
そうすると連続して休めるのが最長3日なのよね。
当初は広島に帰ろうかなあと思ってた んだけど、片道4時間・1万5千円かけて帰るんだから
最低3泊はしたい・・・ということで、今回は見送りに。
というわけで、あまり目的もなくダラダラ休む連休とな りそうです。
まあ映画見たり都内の温泉に行ったりしながら、のんびり過ごそうと思うよ。

といいつつ、彼氏が入社早々、さっそく長野に配属されることになっ たので
昭和の日を使って引っ越しの手伝いをしてきました。
以前蓼科温泉に行ったことはあるけれど、長野市ははじめて。
そもそも日本中部というか、これまで 旅行先が九州or太平洋ベルトに限られていたので、かなり新鮮です。
遠距離恋愛になるわけだけども、幸い東京-長野は新幹線を使えば2時間かからない距離なので
ま あなんとかやっていけそうというか、気楽に頑張りたいなーって感じです。

長野市では大して観光もしなかったのですが、善光寺だけはお参りしてきた!
長野市 は善光寺の門前町として栄えていたというだけあり、地名がお寺にちなんだものだったり
大門をくぐったあとも門前町がずらーっと続いたりしていて楽しかった!
途 中でおやきを買って食べ歩きしながら、本堂へ。
とてもガッチリとした、堂々たる門・寺院で素晴らしかったです。
どこの宗派と思ったら、天台宗と浄土宗両派から なる寺院なんだって。珍しいね。
本堂の中は金が贅沢に使ってあって、さすがー!って感じでした。

個人的に印象に残ったのは、別館(?)でまつられていたダ ライ・ラマ14世から贈られたという釈迦像。
なんでダライ・ラマ?と思ったら、去年の北京オリンピックの聖火リレーで
善光寺がチベット弾圧を理由に、出発式会場 を辞退したことに由来してるみたい。
さらに聖火リレーの時間に合わせてチベット騒乱の犠牲者への追悼法要を実施したんだけど
その対象がチベット人だけでなく、 中国人の犠牲者も含まれるんだよね。
本来、宗教のあるべき姿ってそういう分け隔てなさだと思ったよ。

門前町でみつけたお店 サンクゼール
長野では有名なジャムやワインのお店みたい。
素敵なアイテムがたくさんあって目がハートになってしまった!
東京にも店舗があるようなの で、今度買いに行こう。


●4月26日 くさぬぎくん

突然ですがSMAPの中でいちばん顔が好みなのは草なぎくんなんですよ。
小学校低学年のころ親と一緒に「あすなろ白書」を 見て、幼いのでストーリーもよくわからないまま
ただひたすらメガネという一点のみで、木村拓哉演じる取手くんを好きだったけど。
7歳とか8歳だったのに、そのと きからメガネ男子がツボだったなんて!
なのでしばらく「私はキムタクが一番好き」と思い込んでいたのですが
年を重ねるにつれそれが誤認だということに気付きま した。
で、王子キャラが好きというと「じゃあ吾郎ちゃん?」と言われることが多く
確かに吾郎ちゃんも嫌いじゃないんだけど、顔が好みかつったらそうでもないな と。

そうやってお気に入りを絞れないまま日々を過ごしていたら、ある日衝撃が!
ミッチーの初出演ドラマ「With Love」を借りて見ていたら
ある瞬間のミッ チーの顔が草なぎくんソックリだったの!
たぶん最終回近く、街角か交差点を歩くシーンだと思うんだけど。
確かによく考えりゃ、色白、細身、薄顔・・・ってキー ワード、草なぎくんがいちばん満たしてるんだよね。
かといってそれから草なぎくんのファンになったかといえばそういうわけでもないですが
とにかく金曜日の謝罪 会見で、久しぶりに草なぎくんの顔をどアップで見たら、
やっぱりジャニーズだなあ、イケメンだなあと。
今回の事件について私見を述べておくと、もちろん罪は罪 なんですが
みんな、特にマスコミは騒ぎすぎじゃない?ラクに視聴率とれるってのはわかるけど。
やったことはかなり情けないし恥ずかしいですが、まあそういうこ ともあるよねってことで
人生最大のギャグとして笑い飛ばしてあげるのが一番では。公人は大変だね。
記者会見、適当に逃げずにちゃんと答えてて偉かったな。

ところで、豚インフルエンザ。
超怖くない?私はついにパンデミックが来るのかー!と興奮しているのですが。
半年くらい前に、SPA!の「恋愛の利回り」 (byフェルディナント山口)という連載で
近々マジでパンデミックが起こるから気をつけたほうがいい、というようなことを読み
信憑性のないおバカなエッセイ内の 話なのに、なんかやたらと気になってしまって。
そんな自分をバカだなと思っていたのですが、今回「これのことか!?」と再び興奮。
某所の対策スレを見ながら、ますますおののいているところです。


●4月19日 初IKEA

まず最初に、皆さまにお詫びと訂正が・・・
下で書いた「ウルフ物語」の羽生名人の件なんですが、実はこれ私の勘違いで
「 ウルフ物語」ではなく、Cokkieに連載中の東村アキコの「きせかえユカちゃん」収録の話だそうです。
BBSの投稿と、友人からのメールでWでご指摘をいただきました。
だそうです、というのも、私は自分では「きせかえユカちゃん」を読んだ記憶がなく(名前は知ってたけど)
自分でもなぜ誤認していたのか、本当によくわからずビ ックリしております。
たまたまCokkieを読んだときに、思い込んでしまったのだろうか・・・?
なんにしろ、驚かせてしまった方々、失礼しました。東村先生にもご めんなさい!
もうこれは近々漫画喫茶に行って、記憶を上書きするしかないね。

話は変わって、今日はIKEAに行ってきました。
鳴り物入りでオープンしたと いうのに、実はこれが初IKEA。
しかも家具を見るより先に食事に飛びつき(何も食べてなくて、着いたのが15時くらいだった)
噂のサーモンをしっかりいただいてま いりました。付け合わせのソース?が美味しかった。
学食みたいなあのシステムが楽しくて、思わずいっぱい取ってしまったけど
あの空間がそれだけでアミューズメ ントなんだよね。人気が出る理由がわかるわあ。
ただケーキ類は別に食べなくていいわ・・・エールフランスの機内食を思い出しました。
ああいう、クリームをあま り使ってなくて、真四角にカットしてあるケーキって
完全にアングロ・サクソン系の味覚よね。ラテンやアジアではああいうケーキは生まれ得ないだろう。

肝心 の家具ショッピングですが、まーフロアの広いこと広いこと。
部屋を再現してるスペースは素直に楽しくて、「ここに住みたい!」「ここにも!」となった。
という か、インテリアにおいても好きなテーマが多すぎる。
NYで働く女の子が住んでるような、白を基調にした軽やかでポップな部屋も好きだし
紺地に小花柄の壁紙で、こ げ茶のウッド・ファニチャーで揃えたクラシックなのもいい。
さらにはバルセロナに旅行したとき泊まったホテルみたいに、壁が明るいオレンジの、開放感ある部屋も。
でもでもアール・デコも好きだし・・・とか考え始めると止まらなくなるので
今度「20世紀のインテリア」みたいな、ビジュアルブックがあれば勉強したいわ。
ただ唯一決めていることは、洗面台はボウル型のにする!
そしてドレッサーの鏡の横にはウォールランプ(キャバレーの楽屋みたいなやつ)をつける!!


●4月16日 ウルフ物語

何故か今日は1日に2回も「ウルフ物語」の話を人にした。
「ウルフ物語」とは、別冊マーガレットで数年間連載されていた少 女マンガです。
吉川ひなのみたいなお人形系のスーパー美少女なのに、天然というか機械みたいな変人のウルフ。
Amazonによると
“団体行動が当たり前の女子高 で、どこの派閥にも属さないひとりの少女・鞠生は、ウルフと呼ばれていた……。”
とのこと。そんな設定だったのか!今気付いたよ。
私が中学生くらいのとき、学 校で特に人気があったように思いますが
実を言うと、私はそんなファンじゃないし、読んだのも数回くらいしかないです。
そもそもが別マという雑誌自体にあまり興 味がなくて、というのも
当時は完全なる白泉社っ子だったので、集英社のマンガなぞ生ぬるくて読めなかったんだよ!
でも1回だけ、ものすごく印象に残っている回が あって、いまだに思い出して笑ってしまうの。

ウルフの好みのタイプは、将棋の羽生善治。
ある日街で、羽生くんによく似たメガネ男子を発見し、思わず後をつ ける。
彼の乗ったバスにウルフも乗り込み、バスが着いたそこは・・・某大の医学部。
降りてみると、そこには羽生くんみたいな男子がわんさかいたのであった。

これだけ、たったこれだけでたぶん8ページとか16ページの話だと思うんですが
中学生ながらそのシュールさに爆笑した記憶が。
まずウルフが羽生くんが好き っていうのもおかしいし、何よりオチが最高!
完全に人を食ってます。
そしてメガネ男子ブーム、草食男子ブームを10年近くはやく先取ってるよね(?)
まあ、 今考えても「ウルフ物語」って何故別マで連載されてたのかわからんくらいシュールなマンガだった。
てか、とっくの昔に終わっただろうと思ってたのに、2〜3年前まで 連載してたことにも驚いたわ。

で、何故か今日、別の人との話で2回も羽生くんの名前が出てきて
そしたら自動的にこの「ウルフ物語」が再生され、話さずにはい られなかった。
何巻に収録されてるんだろ? 読み直したい・・・

将棋、マンガといえば、羽海野チカの「3月のライオン」。
コミックスで追いかけています が、「ハチミツとクローバー」よりも好き。
群像劇だった前作と比べ、今回は主人公の視点にしぼっているので
ネームも散漫にならず、感動はよりダイレクトに、闇 はより深く。
主人公の零は、私が10歳若かったら確実にフォーリンラブしていただろう。
うーん黒髪にメガネに将棋とは、結局私もウルフだな・・・


●4月12日 ロシュフォールの恋人たち

今日は「ロシュフォールの恋人たち」のデジタルリマスター版を観てきました。
オフィシャルサイト  http://demy.jp/
華月ちゃんに以前サントラの音源はもらっていたのだけど、映画を観るのはもちろんはじめて。
(DVD化もずっとストップしてるみたい。「シェルブ ールの雨傘」も)
ガーリィ好き女子の間ではもはや伝説の映画なので、大ざっぱなストーリーなんかは把握してたけど
この目で本編を拝んで、本当に「ガーリィ万歳 !」と叫びたくなった。
色が、音楽が、歌が、ダンスが、もうすべて素敵過ぎる。
思わず帰り道、彼氏と新宿をステップしながら歩いた(平和な人たちだ)

カトリーヌ・ドヌーブと実姉フランソワーズ・ドルレアックが唯一共演したミュージカル映画。
ふたりはオシャレで恋が好きな双子の姉妹を演じてるんだけど
衣装が 全部色違いで、もうもう言葉にできないほど可愛らしい!
冒頭の黄色とピンクのライン入りワンピースも可愛かったし、最後の白ワンピも良かった。
ちなみにフラン ソワーズは赤毛、ドヌーブ(つい名字で呼んでしまう・・・)はブロンド。
動いている若き日のドヌーブってはじめて見たんですが、半端なくビューティフル!
フラ ンソワーズだって美しいけど、ドヌーブの美しさといったらちょっと群を抜いてる。
私の好みは基本的に黒髪・赤毛>ブロンドなのですが、今回に限ってはドヌーブに釘 付けでした。
フランソワーズのほうがニュアンスある美貌で、それはそれでほんと素晴らしいんだけど。
(お祭りのステージ、ヘアをアレンジしたときはフランソワ ーズのほうが似合ってると思った)

そしてふたりのファッションだけでなく、映画全体の色彩感覚がとにかくポップで瑞々しくてオシャレ!
改めて、日本じゃミ ュージカルがブレイクしないわけだと思ったよ。
白、青、ピンク・・・街並みの色使いがそもそも違うんだもの!
登場人物も、誰一人としてモノトーンは着てなくて 、水色×ピンクとか、黄色×オレンジとか
港町の日差しにぴったりの、ちょっと非現実的ですらあるファッション。
冒頭のキャラバンの女の子、カフェで働いてる女 の子も可愛かった〜

音楽を手掛けるのはミシェル・ルグラン。ゴダール映画でもおなじみの彼ですが
今まで見てきた彼の作品の中でもダントツにインパクトがあ る。
華やかで、楽しくって、どこかフォーキーで、情緒的で。
まあこれは聴いてもらったほうが早いでしょう。

ああもう、素晴らしすぎ・・・


●4月10日 ひとり2次会

久しぶりに、何も考えずに酔っ払ってしまえる週末。
こんな日はもう、とことん飲んでしまったほうがいい。
終電で地 元に帰ってきて、夕飯を食べてなかったので、そのままお気に入りのバーへ。
今日はビール、ワインとトマトソースのパスタをいただきました。美味かった。

お 腹自体はこれでほとんど満たされたんだけど、なんだかジャンクな気分なので
そのままコンビニでサラダ(罪滅ぼし的な・・・でもファミマのサラダは美味いよ)を買い 、
家に戻ってひとり2次会に突入。
80kidzの新譜「THIS IS MY SHIT」がかなり良くて、これさえあれば夜を明かせるよ。
思わずひとりで踊り狂ってしまうわ。た った7畳の狭い部屋で!
特に4曲目「Turn Baby Turn」のアガり具合といったら。
蛍光灯を消して、キャンドル&ベッドサイドのライトで態勢は万全。
アテは、手 製のセミドライトマトをクリームチーズと混ぜて作ったディップを、パンに塗ったもの。
セミドライトマトはcookpadのレ シピで。
すごく簡単なのに、甘くておいしいセミドライトマトが作れます。
賞味期限はそう長くないようだけど、これ自体が美味しいから、あっという間に食べ てしまう。

酔っ払いついでに書いてしまう。
正直、最近仕事が忙しいです。春になってレギュラー仕事が増えたのが大きな原因なんだけど
ああ私は社会人2年 目なんだな、もう新人ぶってはいられないんだなーと実感する。

不遜を承知で言えば、私はたぶん、どちらかというと仕事ができるほうで
だからこそ仕事を次か ら次へふられている現状があると思うんだけど
それを苦しいとも思うし、「ラッキーだな」って感謝するときもあるし
正直どう消化していいか、自分の中ではまだ決 着がついてないです。
端的に言って、仕事は楽しい。
でもたまたまこの職場だから、仕事が向いていて「私はできる」って錯覚してるのかもしれないし
もしそう なら、今この環境にいられることを私は感謝するべきだけど
でもつい周りと比べてしまって、「なんで私ばっかり?」と思わなくもないのが本音で。
ただ、「忙しい 」ってあんまり言いたくない。言えば言うほど自分を下げる気がする(まあ時々言っちゃうんだけど)
たぶん、プライドと認められたい気持ちで今は動いてる。
本当 言うとあんまり頑張りたくない人種なんだけどな・・・

でも今は、しばらく波に乗ってがむしゃらにやるのもいいのかな。
わからないけど。
あっという間、 もう桜も散ってしまうね。


●4月5日 本郷3丁目!

こないだの日記から、風邪が意外と長引きまして、ようやく今日でほぼ完治。
妹も同じタイミングで風邪ひいてたんだけど、 やっぱり長引いたと言ってました。
今日は春らしい素敵な陽気だったので、元気な状態でお出かけできて良かった。
しばらくちゃんとした食事もできなかったし、取 り戻すように堪能してきました。
ランチに行ったのはここ。

ファイアーハウス

本郷3丁目にある、アメリカ ン・スタイルのハンバーガー屋さん。
有名なお店なのでずっと気になってたんですが、今日はじめて行ってみたら
すでに14時半を回ってたのに、前に3組くらい並んで て驚いた!
みんな考えることは一緒なのね〜
でも春の陽気がとても気持ち良かったので、順番待ちもまったり。
アボカドバーガーとサラダにしたのですが、ボリ ューム満点で食べきれないかと思った!(食べたけど)
ワンプレート1000円くらいなのでけっして安くはないけど
一度ちゃんとしたハンバーガーを食べると、なかな か安いのには戻れなくなるよねえ。
パティがジューシーで幸せだった〜
ちなみに原宿の、明治通りをちょっと入ったところにある「The Great Burger」も好きです。

で、改めて思ったのが「やっぱこのへん住みたい!」という。
上京したての頃からずーっと文京区周辺(と千代田区)が大好きで
就職するときに住んでやる !と思っていたのですが、
一等地だけあって当然、ぺーぺーの女子がすぐ一人暮らしできるエリアじゃないのよねえ。
会社の先輩には「はやく東横線沿いに引っ越し てきなよ」とか言われるのだけど
正直、あのへんはあんまり興味なくて。オシャレ過ぎるんだもん!
東急でも、池上線とかになるとまたいい感じにローカルで好感度 が高いのだが。

話を本郷3丁目に戻すと、駅の周りに素敵なお店がいっぱいあるんですよ。
でも大通りが交差してるから開けてるし、すぐ近くに神社とかもあって
大学が近いからか価格帯もそんな高くないし。
今回行った「ファイアーハウス」も、系列店のサンドイッチ専門店「Qino's」もだし
今いちばん気になるのは「オ ・デリス・ド・本郷」!
前を通って、素敵だなーと思ってたのですが、tabelogではエリア人気1位の有名店みたい。
パリのビストロっぽい雰囲気で、シェフはジョエ ル・ロブションにいたこともあるとか。
あとベトナム料理の「ミュン」も駅のすぐ近くにあったし・・・あーもー我ながら食欲、先走りすぎだわ!
元気になったと思 ったらすぐこれですよ。


●3月31日 今年の風邪はのどから

昨日から、なんかコンコンと咳が出るな〜と思ってたら
あっという間に発熱。風邪をひいたみたいです。
出社 を遅らせて、たっぷり睡眠とって薬も飲んだのでだいぶ落ち着きましたが
これを打ってる時点でまだ37度2分。
微熱はともかく、明日起きたら一気にのどに来そうでい やだなあ。
人事異動でかなりバタバタしてる時期なのに。忘れたころにやってくるね。
更新なんかしてないではやく寝ろよって感じですが、今年は「月8回更新」を継 続させるべく・・・
って我ながらしょうもない理由ですが、とりあえずYoutube貼りまくって寝る。

倉木麻衣「Revive/PUZZLE」

正直、倉木麻衣なんてもう一部の愛好者のみへのアーティ ストだと思ってたんですが
この両A面シングルのCMが、とっても綺麗に撮れていたので驚いた!
特に「PUZZLE」のほうの、薔薇が散ってるビジュアルがとても美しい。
曲も攻めな感じで、新たな一面を見せてくれてます。
ちなみに劇場版「名探偵コナン」の主題歌らしいんだけど、コナンって私が小学生の頃からやってるよね・・・ ?
いまだにコナンとビーイングのタイアップが終わらないことにも驚きだけど
それ以上にコナンの大河ドラマっぷり(てゆーか引っ張りすぎだろ)がすごいわ。

倉木といえば、一番好きなのはこの曲。
倉木麻衣「Perfect Crime」

セカンド・アルバムのタイトル・トラックで、ドラマ「生きるための情熱としての殺人」の主題歌でもありました。
デビ ュー時の代表的なシングル曲とは違い、スタイリッシュなサウンドでかっこよかった。
今久しぶりに聴いてもなかなかいいわあ。

星羅「He's In Love With Her」
5代目「なっちゃん」に抜擢された、19歳のシンガーソングライター。
私はまだ見て ないけど、CMではエレカシの曲を歌ってるみたいね。
当初は「どうせバーターでしょうよ・・・」などと思っていたのですが(汚れすぎ)
偶然オリジナル曲を聴いて みたら、スウェディッシュ系の正統なアコースティック・ポップスで。
シンプルな音なんだけど、すごくキラキラしてて、まるで隣で歌ってるかのようなボーカルとぴっ たり。
歌詞もまた不器用青春な感じで、感情が破裂しそうになりながらギリギリを保ってる、
さわやかなのにいい意味で危うい世界観に萌えー。
雑誌「PS」で専 属モデルもしてるみたいですが、なかなかガチな感じがするわ。


●3月29日 鼻つまみ者

※音楽レビュー更新しました

なかなか慌ただしい1週間でした。
22日、先週の日曜はミッチーのワンマンショウツア ー最終公演@NHKホール!
前回に引き続き、なんと中央3列目という超良席。
しかも3つ隣に知り合いが座ってたりして(その時は話せなかったけど)、かなりミラクル な日でした。
ネタバレなしで行ったから心配してたけど、「僕のゼリー」「ラブソング」など、好きな曲が聴けて大満足。
踊りすぎて翌日以降足と腰に支障が出たけ ど、そんなんふっ飛ばせるくらい楽しかったです。
相棒出演ということで、しばらくの間ツアーはおあずけみたいだけど、はやくも次が楽しみ。

水曜木曜は、大 学時代のゼミ&サークルで飲み会。
自分が卒業したのがもう1年前だなんて、昨日のことのように思い出せるのに!
仕事し始めると、本当に月日がはやく過ぎていくな あ・・・
でも社会人って悪くないよね。本当にそう思うよ。
今、恵まれているということを差し引いても、ちゃんとお金稼いで、自分の責任でいろいろできて
た まには飲みすぎて、タクシーで帰ったりもしたりさ。
後輩や同期と楽しく語らいながら、そんなことを考えたりしてました。
あと、別にいいとか悪いとかじゃなく、 単に事実としてそう思うんだけど
確実に私、社会に出てからのほうが生きやすくなった。
特に年上の人からすごく可愛がってもらえてるわ。
まあ昔から同級生よ り先輩に構ってもらいたがる性格で、中学生の時なんて特に顕著で
それが原因で生きづらいことも多々あったんだけど。
だって大学時代だって、結局サークルとゼミ を抜かせば、学内でできた同級生の友達なんて3人しかいないよ!
しかもそのうち1人は彼氏なので、正味2人しかいません。
そんな感じで周囲とのズレというか面倒く ささというか
もっと言ってしまえば“鼻つまみ者感”がずーっとあったんだけど
社会人になってからは、寛容な環境であるというのが一番大きいとはいえ、かなりラ ク。
まあこないだ元サークルの人にそう言ったら、笑われましたけどね。

金曜は麻布のビストロ、土曜は目白の中華と食べ歩いた週末。
締めくくりは今日、 新宿つな八で揚げたての天ぷらをいただいてきました。
口の中を軽く火傷してしまったけど、天ぷら大好き!
あのパチパチシュワシュワ音がたまらん。
その後は レイトショーで「フロスト×ニクソン」を鑑賞。
キャストが皆良くて、重厚な緊張感が続く作品でした。
中でもレベッカ・ホールとマシュー・マクファデンは掘り出 し物だわ。


●3月21日 怖いくらいに素晴らしい

あまりにも素晴らしい人に出会ってしまって、昨日から胸がずっとつまってる。
そして、人生って何?人間って 何?生死って何?ってずっと考えてる。

その方は男性なのだけど、けっして恋愛対象というわけではなく。
どちらかというと憧れ、尊敬、もっと大げさに言えば 崇拝の対象ということのような気がする。
芸術家のパトロンになる人の気持ちがわかったというか・・・
たぶん私が2000年前に生きていて、キリストと対面してたら こんな気持ちだったのかも。
もっと近いところでいえば、美輪明宏とかと同じ系列かな。
魂の次元が既に違う、同じ目線で話してても不思議と俗にまみれていない、
普通に生きてるはずなのに、悟りの輪の向こう側に存在しているような感覚。
すごい美形とかでもないし(といいつつ好みのお顔でしたが)、
実際に話してた大 半は浜崎あゆみとか近所の中華料理屋がどうとか、かなりどうでもいい話題だったんだけど・・・
恐ろしく頭のいい人で、めちゃくちゃ教養があって、軽妙洒脱で
で も決してそれをひけらかさなくて、むしろどこか何かを諦めているような感じさえあった。
私はそういう人にはじめて会った。

そしてたぶん、彼はそう長くは生 きないだろう。
なぜ私のような小娘に、抱えている病気のことを(具体的な病名は伏せたにしろ)打ち明けてくれたのかな。
ある界隈ではちょっと有名な人なので、 帰ってお名前を検索してみたら
「不治の病にかかった」ということ自体はサラッと公表していたみたいだから
大げさに隠すつもりもないんだろうけど。
私はその 病気についてまったくの素人だけど、彼のおかれている状況が
この先けっして悠長に構えてられるものじゃないことくらいわかる。
彼にいたっては、その聡明さゆえ 、きっと何もかもわかってるんだろう。

とても不遜な言い方をするとすれば、私は打ち明けられて嬉しかったんだ。
考えれば考えるほど動揺してしまうけど、同 時に光栄さにも胸が震える。
完全に彼に魅せられてしまって、もっと認めてもらいたいって思ってる。
もっと一緒に仕事したいし、もっと話したいし、何かあれば力 になりたい。
そしてどうか死にませんようにって、ずっと神様に祈っている。

やっぱり生きてくうえで、人と知り合うこと以上に価値のあることってないな。
この日記、傍から読んでても意味わかんないよね、ごめんなさい。
でも彼とふたりきりで、あんな静かな場所で語り合えた2時間が
自分の人生に与えた大きさを、 今怖いくらいに実感してる。


●3月16日 すてきなSee's CANDIES

自分用に、欲しいものメモ。
・黒系のバレエシューズ
2〜3年前に買ったバレエシューズが一気にダメになっ てきて
そろそろ買いなおさなきゃまずい時期がきたみたい。
(パリで買ったシルバーラメのは健在だけど、ソールが薄いので寒くて今ははけない)
そう考えると やっぱり、ちょっと高かったけどダイアナのはほとんど傷んでないからしっかりしてるな。
きちんとゴム底になってる、安定感のあるフラットシューズを1万円くらいで探 しています。

・グリルパン
最近ますますワインが好きで、それもスペイン、イタリアあたりがお気に入りで
自然とつけあわせもそういう味付け(オリーブオ イル系)が食べたくなってくる。
特に野菜をグリルで焼いて、シンプルな味で食べるのが大好きなのですが
手持ちの安いオーブンレンジじゃ、うまい具合にこんがり とはしないのよね・・・
魚の調理にも便利そうだし、買っちゃおうか迷ってますグリルパン。

今日はサンダルを買いに行ったつもりが、何故か急転回してバッグ を買うことに。
しかも近郊の店舗には在庫がなくて、本社に電話して調べてもらったら、あるのが一番近くて山梨か仙台。
結局そこの店舗に直接電話して、代引きで 買うことにしたんだけど
いっそ取り置きしてもらって、この週末に旅行がてら行くか?と本気で思いかけたよ。
てかそろそろ海外にも行きたいよう・・・4月〜5月あ たり、韓国か台湾行きを考えてみようと思います。

土曜日はホワイトデーということで、彼氏からお返しをもらいました。
See's CANDIESのチョコレート
カリフォルニア生まれの、アメリカではよく知られているチョコレ ートメーカーだそう。
フランスやベルギーのショコラティエのものとは違って、
パッケージもチョコレートの形も味も、ころっと手作りの温かみがあるというか
「うっとり」よりも「にこにこ」な感じのチョコレートで、とっても気に入りました。
実はこの日、広島から上京した伯母と、こっちに住んでる妹と3人でディナーをして たんですが
急に伯母が「彼氏も呼んだら?」というので、夕方に急に呼び出したんですよ。
そしたらこのチョコレートを持ってきて、しかも私用のと別に伯母&妹用 に準備してきたので
我が彼氏ながら、「こいつ・・・なかなかやりよるな!」と感心してしまった。
銀座と表参道に店舗があるみたいなので、興味ある人はぜひ立ち 寄ってみてください。


●3月14日 A・RA・SHI

今日のお天気ったら、まさに「嵐」と呼ばずしてなんと呼べば。
昨日で仕事が一段落だったので、会社のチームの人と深夜か ら飲みに行き
結局朝までコースだったのですが(おかげで今、腹がパンパンだ・・・)
外に出てみて、あまりの風に驚いたもんね。
雨自体はそれほど強くないけ ど、粒が大きくて、なにより風がすごい!
すぐに雨が風にあおられて、360℃から攻撃される感じだったよ。
タクシーで帰ったので、まあなんとかと思っていたのです が
タクシー降りてから家までのわずか3分の間で、愛用してた傘が逆噴射みたいな形に・・・
愛用してたといっても100均のだけど、ピンクの色味がシャーベットみた いで気に入ってたのに!
当然、帰ってからは窓という窓を閉め切って眠ってました。
夕方になって、さすがにおさまってきた感はあるけど。

さてさて、3月も もう気づけば半ば。
思ったより寒い日が多くて、いまだにコートを着ざるを得ないのがイヤなんだけど
それでもまあ順調に、春物は買ってます。
特に気に入って るのはこのへん。

・モッズコート

手持ちの上っ張りがウールとかばっかりで、もう ちょっと身軽なのが欲しいなあと思って探してたモッズコート。
ただ自分のワードローブ的にも、あまりミリタリーぽいのは合わないだろうなということで
巡り合っ たのがこの一着。
モッズコートで丸襟&細身ってとこが最高にお気に入りです。
やっぱ雨風に強いってのはすごい楽チンだし。
ライナー取り外し可、袖も折れる ようなデザインなので、梅雨くらいまで着まわすつもり。

・薄手ロングカーディガン

去年の秋にロングカーデを買って以来、その可愛さと暖かさのトリコになりまして。
それは Spick&Span Nobleのもので、軽くアウターにできるくらい厚手だったんだけど
春先も着たいなーと思って、薄手のこれをGET。
ポケットがこっそりリボンになってると ころがナイスなのです。

・水色デニムのショーパン

これはマルイの10%オフで購入 したばかり。
最初は色違いのインディゴにしようと思ったんだけど、はいてみたらこっちのがやっぱり春っぽくて可愛くて。
流行物なので、この春夏ガンガンにはき たおそうと思います。
細部が今年っぽくてお気に入り。


●3月6日 今日のガーリィ:西野カナ

仕事に忙殺されつつ、もしくは色気よりも食欲と睡眠!みたいな生活を送りつつ、
それでもガーリィなものへ のアンテナは閉じたくないなあと思って生きているのですが
日常みつけたガーリィを、ちょこちょこ紹介できればなと思って。
最初は「今月のガーリィ」ってシリー ズにしようかと考えてたんだけど
そしたら間違いなく更新滞るな・・・と未来の自分を予見できたので
とりあえず「今日のガーリィ」ってタイトルにしてみたよ。こ れなら不定期でもおかしくないはず!

と、前置きがだいぶ長くなりましたが・・・このシリーズを作ろうと思ったきっかけが
今回ご紹介するアーティスト、西野カナ

本当は去年の夏、サード・シングルが出た時点で書きたいなあと思ってたんだけど
しばらくリリースないな あと思って油断してたら、今年になって強力リリースが2本!
特に3月発売の新曲が良すぎて・・・これはもう間違いなく「ブレイクする」と断言できます。

その 新曲「遠くてもfeat.WISE」は、いわゆる売れ線の“フィーチャリング恋愛ソング”なのだけど
このジャンルを散々笑ってきた私でも、この曲は認めざるをえない。
遠 距離恋愛中のカップルを歌った曲で、歌詞はやや凡庸な部分もあるものの(=一般受けでもあるけど)
とにかくメロディが綺麗でせつなくて。
ガラスの鈴のような美 声がこれでもかと響き渡る。
「遠くても」は、♪涙が・・・ahh のくだりは鳥肌もの。

ソニーのオーディションで、4万人から選ばれたというだけあって
彼 女の魅力は、まずなんといってもその声。
人工的なようで、柔らかくて、キラキラしてて・・・まさに“ガーリィ・ボイス”。
そして、今は「ケータイ世代のカリス マ」なんて、ちょっとギャルっぽい売り方をされていますが
これまでのシングル5曲、どれも本当に曲がハイクオリティ!
むしろ今回の新曲がはじめての売れ線J-POP と言っていいくらいで
洋楽っぽい、ジャンルレスなガーリィ・ポップを展開してます。
特にオススメなのは、セカンド・シングル「glowly days」。
春のせつなさ 、儚さがこれでもかとガーリィ。
ついでに本人が手がける歌詞もなかなかなんですよ。「若いなあ」と思うところもあるけど
それは嫌な意味じゃなくて、むしろ斬新 というか。

もう本当に胸をキュンキュンさせられる女の子です。アルバムが待ちきれない!


●3月4日 初恋の人からの手紙

タイトルはマジな話ではなく・・・
巷で話題のこちらのサイト。

初 恋の人からの手紙

結果は以下。

+ + + + + + + + + + + +

サイコ、ひさしぶり。
もうモテる女性を「下品な女」と 罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていたサイコをなつかしく思います。

喧嘩が増えてきて、サイコが「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨て たあの日から、もう8年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかっ たので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはサイコのほうでしたね。ときどき告白 されるサイコに対し、女子と接点すらほとんどないおれ。サイコがいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、おれにとって、ほとんど「 いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)。今でもその場面が夢に出てうなされます。

あ、そういえばサイコからしてみれば、おれは初恋の相手な のかな?付き合った当初はやけにサイコが不安げだったのをよく覚えています。「手はつないだほうがいいの?」「週に何回会えばいいの?」って、正直うるさい(笑)

付き合い始めのラブラブのころは、サイコが「時間が止まればいいな」って言ってくれたのを覚えています。あのサイコの幸せそうな顔は今でも忘れません。思えば 最初はかわいかったなぁ。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはサイコと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなサイコ と付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはサイコのことがそれでも好きでした。これからもサイコらしくいら れるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. サイコがクリスマ スにくれた観音像、まだ飾る場所が決まりません。

+ + + + + + + + + + + +

ハニホー!は相変わらず面白いコンテンツを作ります な。
5段落目とか超笑えるんですけど・・・まさに過去の私!
まあゴキブリは素手で殺せませんけど。
しかし、そもそも私の初恋っていつなのだろう?考え始める と収拾がつかなくなるなあ。


●3月1日 E-GIRL

EXILEにJ Soul Brothersが加入、総勢14人に・・・というニュースが面白すぎて笑った。
実はうちの会社にも、記者会見のリリー スが届いてたみたいなんだけど
「なんで日曜日にやるんだよ!そもそもこんな前から告知したら、“緊急記者会見”じゃねーだろ」
とみんなでゲラゲラ笑ってたんだ けど(オンデマンド放映するので日曜になったみたいね)
今日になって、結局これかよ!と思ってまた笑った。
しかしまったくファンじゃないけど、J Soul Brothers &そのファンには同情する。
だってこの人たちのデビューアルバムが出たのって、先週だよ?
それなのにこの仕打ち・・・むしろ何故デビューさせる必要があったん だと思ってしまう。

あと職場に何故かEXILEの雑誌「月刊EXILE」があったので、手にとってみたんだけど
これがまためちゃくちゃ笑える雑誌で。
装丁も立派 だし、オールカラーだし、意外と内容も普通なんだけど
(柴咲コウや成海璃子のインタビュー、CDレビューなど)
普通のカルチャー誌すぎて、「月刊EXILE」である必 要が全然ないというか。
ところどころEXILEのファッションページやメンバーの連載が挿入してあるのが
無理やり雑誌の体裁を保ってる感じで、またチグハグなのだよ 。
メンバーの連載なんて「ファンクラブの会報でやれよ!」ってレベルだし。
しかし意外なくらい、女子向けのファッションページが可愛かったので
そこだけは 今後も見てみようと思う。E-GIRL(EXILE用語?)に認定されるのは勘弁ですが・・・

Ciara feat.Justin Timberlake-Love Sex Magic

サード・アルバムが延期されまくってるシアラの新曲。
先行シングルはすでにこれで3枚目だけど、今までで一番カッコイイわ!
ジャスティンお得意のスカスカ&スペーシーな雰囲気のダンス・チューン。
私はR&Bディ ーバの中ではシアラは結構好きなので、頑張ってもらいたい。
黒人で、こんな目鼻立ちハッキリしてて、しかも長身の女の子は珍しいなと思ってたら
どうやらビヨン セと同じく、クレオール系の血が入ってるよう。

そういやこないだ彼氏と旅行中、ドライブしながら喋ってたんだけど
私が「リアーナがクリス・ブラウンに暴行 されたかもしれないんだって!」と言ったあとに
トンネルに入ったかでいったん会話が途切れて、数分後に彼氏が
「そういやリル・ウェインがどうしたって?」と言 ってきてわろた。
なんとなく似てる気もするけど全然違うだろう!


●2月27日 使い勝手のいい男

アカデミー賞のファッションチェックを更新しました。
今年は結局大きな波乱はなく、内容もかなりスター勢ぞろいで 、力が入ってるなあと思った。
グラミー賞もそうだったけど、今はみんなが協力してエンターテイメントを盛り上げよう!という風潮なのかもね。
今回の成功に最も 貢献したのは、間違いなく司会のヒュー・ジャックマンでしょう。
最初に起用されたと聞いたとき、
「アカデミーはうまいところ突いてきたな!でも芸部分はどうす るんだろ?」と思っていたのですが
(歴代の司会者は、大体毒舌なコメディアンだし)
司会者自らが体を張って歌って踊る、という飛び道具でなんなくクリア。
顔がよくて人当たりがよくて、何より使い勝手のいいキャラクターを存分に発揮。

第81回アカデミー賞 オープニングムー ビー
自分の主演映画「オーストラリア」をくさして笑いをとるヒュー。

そして中盤では正統派のミュージカルまで披露!
Musical is Back

これまた使い勝手のいいビヨンセとダンシン グ&シンギング。
後半は「ハイ・スクール・ミュージカル」のザック&ヴァネッサ、
「マンマ・ミーア」のアマンダ・セイフライド&ドミニク・クーパーという
実生活でも付き合っている2組の若者カップルも参加して豪華絢爛。

個人的に最大のハイライトは、主演女優賞の発表。
今年は歴代の受賞者が5人出てくると、こ こではじめて知ったので驚きました。
ソフィア・ローレンの化け物ぶりはまあさて置くとして(表情筋が動いてなくて怖いよ!)
シャーリー・マクレーンに紹介され て、目をウルウルさせてるアン・ハサウェイが可愛かった。
そしてマリオン・コティヤールの甘ったるい声で「ケイト・ウィンスレット」と発表されたとき
他の候補 者もいちように喜んでいたのが印象的だったなあ。
第一線で活躍してる、30代前後の女優の中でも特に実力派だと思うし
(どうでもいいが私はブランシェットよりウ ィンスレット派だ。もちろんブランシェットも大好きだけど)
業界にすごく好かれてる人なんだろうなあ、とよく伝わってきたよ。

あと、「つみきのいえ」の加 藤監督。
見るからにアニメーターっぽい人で、確かにもうちょっとスピーチ練習していきなよ、と思うけど
最後に「サンキュー、ミスターロボット」って付け加えた のはすごいセンスだよね。
なかなかあの場で言えないよ、そんなギャグ!


●2月22日 アカデミー賞直前予想

下の日記書いたところで、さて寝ようかな、と思ったら
そうだった、もう明日にはアカデミー賞が発表なのねん。
こないだのグラミーは我ながらなかなかの的中率(75パーセント!)でしたが
アカデミー賞は正直、作品そのものを観てない状況なので
あまり本気でアレコレ予 測するのも無粋だしってことで・・・予想というより希望をつらつらと書いてから寝る。

●主演男優賞
前哨戦で評判のいいミッキー・ロークが獲ったら、盛り上 がるし楽しいだろうけど
ショーン・ペン、フランク・ランジェラらのベテラン勢と票が割れそうだなあ。
まあショーンは数年前に獲ったばっかだし、フランクとミッ キーの一騎打ちか?

●主演女優賞
今年はやっぱりケイト・ウィンスレットが来そうな気がする・・・個人的にもぜひ獲ってほしい。
若いけど今まで何度もノ ミネートされてるわけだし、ユダヤ人系の作品はオスカーに強いしね。
もう何年も「実在の人物」が続いてるので、ここらで打ち止めにもしてほしいし。
アン・ハサ ウェイは数年前を考えると、本当にジャンプアップしていて素晴らしいね。
今回獲れなくてもまったく問題ないし、若い子がいるとやっぱり華やかだわ。

●助演 男優賞
個人的に一番決められないのがこの賞!
演技の主要4部門では、助演男優賞って毎年最も正統というか、
実力派がガチンコでぶつかってる感じがしてスリリ ングで好きです。
特にジョシュ・ブローリン、ロバート・ダウニー・Jr.、ヒース・レジャーの3人・・・選べん!
でも今年はヒースかな、やっぱり。他の二人は来年 もノミネートされるかもしれないけど
ヒースはこの先は有り得ないんだもんね。切ないのう・・・

●助演女優賞
助演男優賞とは逆に、4部門の中では一番アヴ ァンギャルドというか
若い子にもどんどんあげたりするし、逆にすごい地味な人にもチャンスがあったり、面白い部門。
個人的にはそろそろペネロペ・クルスに取ら せてあげたいんだけど
マリサ・トメイ、タラジ・P・ヘンソンあたりも怪しいなあと思ってみたり。

●作品賞
見てないので選ぶも何もないんだけど・・・本命 はやはり『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』か?
監督賞とWで、2年前の『ディパーテッド』ぽい獲り方(演技部門が獲れないタイプ)も大いに有り得そう。
あとの 作品も見たいけど、ドカン!って感じのものはあんまりないよねえ。

まあ私が一番気になってるのは結局ドレスなんだけど!
レッド・カーペット、はやくカモー ン!!


●2月22日 Flavor Of Life

なんか最近鼻がムズムズするなあと思ってたんだけど、よく考えたら花粉症来たりぬだね。
もっとはやく気付こうよ、っ て感じですが・・・
もともとアレルギー性鼻炎で、年中ティッシュをごそごそとやってる人間なので
正直花粉症だろうとハウスダストだろうと大差はないのですが
というかむしろ、ずずずと鼻をかんでも、時期的に「風邪?」とか聞かれないので気が楽かもしれない。
ほんとね、鼻かむって物凄い重圧的な作業ですよ。周りの人 も嫌だろうけど自分が一番嫌だ。
たいていティッシュ一枚じゃ終わんないし。
(関係ないけど、鞄にティッシュを備えてる人が、世の中に案外少ないことは衝撃だっ た)
仕方のないことで、誰も悪くないし誰も責めやしないこともわかってるんだけど
なんだか情けないやら気恥ずかしいやら不格好やら。
もっと色が白くなりた いとか、ぽっこりお腹はいやんとか、身体に対する望みはいろいろあるけど
一番治せるなら治したいのは鼻炎です、間違いなく。二番目は視力ね。

・・・なんだ か暗い話になってしまったけど、本題はそこじゃあなくて。
こんな鼻の悪い私ですが、当然よい匂いは好きなのです。
香水はそこまででもないんだけど、ボディバタ ーやキャンドル類は大好き。
むしろ鼻が悪いからこそ、身近に香りを漂わせていたいのかも。
で、最近買ってみたのがこの、YANKEE CANDLEのサンプラーセット
カナダのメーカーで、キャンドルでは世界一のシェアを誇 っているとか。
とにかく香りにたくさんの種類があって、しかもちょっと凝っていて選ぶのにも一苦労!
基本的にはフラワー系より果物系のほうが好きなので、その へん中心に買ってみました。
今は「ファームハウスアップル」の火をゆらめかせてます。
“りんご酒に漬けられたシナモン、クローブ、ナツメグを思わせる果実の香 り”・・・なんて美味そうなの!
もともと蛍光灯があまり好きじゃないので、最近眠る前の数時間は
ベッドサイドのライトとキャンドルだけで、エコな感じでくつろ いでます。

あと今日、誕生日プレゼントにもらったBODY SHOPのモリンガのボディバターもすごくいい香り。
フラワーとウッドの中間みたいな香りで、リラックス できて嬉しいな。


●2月15日 山梨に行ってきました

金曜夜に春一番が吹いたと思ったら、あっという間にこんなに暖かくなるなんて。
空が晴れるのはよいことだけど 、あまりにも変な天気なので真面目に地球を心配してしまう。
ただ実を言うと、昨日今日みたいなピーカン晴れよりも、金曜夜みたいな天気のほうが好き。
ところど ころ曇っていて、心なしか湿っていて、生暖かい風がびゅうびゅうと吹く日。
これで寒いとイヤだけど、あの人肌のような絶妙な生ぬるさがたまらないの。
セクシー というよりももっと艶めかしい、不穏な気配さえ漂うあの空気。

で、昨日今日を使って、実は山梨に彼氏と旅行に行ってました。
一緒に旅行に行くのは、彼がNY から帰ってきて以来はじめて。
バレンタインと被ったのは偶然なんだけど、結果よい旅となりました。

宿泊は、彼のお母様が会員権を持っているリゾートホテル 。
たまたまスイートにあたり、無駄なほどの広さ(和室まであるんだよ!使わなかったけど)に感動。
一応5人対応とのことだけど、たぶん10人で行っても平気だね。
しかも広い窓の目の前には富士山! 絶景でしたわ。

特にコレといってしたいことがあったわけでもなく、仕事を言い訳にして
準備はほとんど彼氏に任せて しまった形だったんだけど
ワイナリー見学、イチゴ狩り、山中湖でボート漕ぎなど、一通りのことができて幸せでした。
ていうかほとんど食って飲んでた。彼はお酒 が飲めないので、私がその分まで飲んだ!
日本のワインにはそう詳しくなかったのですが、さすが甲州、素敵なワイナリーがたくさん。
「ワインの丘」という施設の地下カーブに地元のワインがたくさん揃えてあって、1100円払えば試飲し放題。
特に気に入ったのは、 山梨ワインというメーカーの「Four Seasons」。
辛口の白なんだけど、ほんのり甘味があってフルーティーで飲みやすかった。

食事をしたのは下記のお店。
「皆吉」・・・ほうとうの老舗。古い民家を改装してあって、縁側近くがぽかぽか気持ち良かった。
ほうとうは具だくさんでヘルシー&おなかいっぱい。鴨のたたきも超 美味かった。
「Booz cafe」・・・山中湖近く、ピザやデザートが有名らしいレストラン。
ゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザが美味かった。満腹でデザートまでたどり着け なかったのが残念。
「セパージュ」・・・勝沼のフレンチ・ビストロ。たまたま通りかけて入ってみたら正解!
窓からぶどう畑が一望できて素敵だった。今度はぜひ 秋の夜に行きたいな。


●2月8日 グラミー直前予想

明日発表のグラミー賞を直前予想してみます。
珍しくふとんの中からケータイで打ってるので、短いですが。

●最優秀レコード
本命:ロバート・プラント&アリソン・クラウス
対抗:コールドプレイ
大穴:アデル

●最優秀アルバム
本命:ロバート・プラント &アリソン・クラウス
対抗:コールドプレイ
大穴:レディオヘッド

●最優秀楽曲
本命:ジェイソン・ムラーツ
対抗:コールドプレイ
大穴:アデ ル

●最優秀新人
本命:アデル
対抗:ダフィー
大穴:ジャズミン・サリヴァン

以前も書いたように、個人的にぜひ活躍してほしいのはアデルなん だけど、
去年あれだけエイミー・ワインハウスが荒らした後だと、反動で中堅・ベテランが来るかなと予想。
まあこれで新人賞にジョナス・ブラザースとか来たら笑 うしかないんだけど・・・

ドレスも楽しみだけど、今週は仕事がパツパツでファッションチェック更新できなさそうなのが悔しい。
まあ仕事してたらそれが当然 かもしれないが。


●2月7日 2008映画ランキング

ちょっと遅くなりましたが、2008年のMY映画ランキングを発表します!
10位からカウントダウン形式で、以下どうぞ 。

10.テネイシャスD 運命のピックを探せ!
ジャック・ブラック主演の超おバカで下品なコメディなのだけど、笑える上に泣いた!面白かったよ。
特にデイ ヴ・グロール扮する悪魔とのバトルが最高すぎます。

9.ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
評判に違わぬ面白さ。主演よりも相棒の人がいい味出して た。
映画(しかも通にはバカにされるようなハリウッド作品)へのオマージュが素敵。ややグロいシーンは注意。

8. アメリカン・ギャングスター
まとめ方が 唐突だったのが勿体ないけど、70年代のアウトローたちの雰囲気が超クール。
ラッセル・クロウほど、「好きじゃないのに引き込まれる」俳優は稀だなー

7.ゼア ・ウィル・ビー・ブラッド(過去ログ参照)

6.ダークナイト
一緒に見た彼氏と「正しいお金のかけ方とはこういうことだ」と語りあった。
冒頭から最後まで 2時間半、ひたすら重厚な緊張感を保ち続けることの難しさ。
俳優陣も素晴らしかったけど、これはやはり監督の功績でしょう。

5.落下の王国
壮大な映像美 にとにかく目を奪われた。冒頭の白黒映像も最高!
石岡瑛子が手がける衣装もエキゾチックで独創的で、イマジネーションを掻き立てられる。
主人公の心理描写が薄 いのと、ラストの映像が不要だったのが残念かな。
無名のキャストがうまくはまっていた印象。

4.まぼろしの邪馬台国
良い評価を誰一人として聞かないのだ が、何故か私のツボにははまった。
例の卑弥呼のシーンは放っておくとして(笑ったけど)
愛だけじゃない夫婦の長い道のりと、歴史の面白さがうまくかみ合ってい たと思う。
窪塚洋介の俳優としての魅力を、再確認できたという意味でも評価する。

3.アイアンマン
ハリウッド大作かくあるべし。一流のエンターテイメン トに興奮!
ロバート・ダウニーJrの格好よさ、ジェフ・ブリッジスの貫禄ある悪役っぷり(笑顔なのに怖いあの感じ)
はもちろんのこと、はじめてグウィネスを魅力 的と思えた映画。

2.ペネロピ(過去ログ参照)

1.イースタン・プロミス(過去ログ参照)

ちなみに個人的ガッカリは「クライマーズ・ハイ」です 。


●2月4日 適応

自分の記憶では、例年2月に入るとセールは完全に終わって、すでに春物一色になってる気がするんだけど
今年は新宿とかの一番栄え ているところでも、まだまだセールが続行中ですね。
広島だったら例年2月中旬くらいまでやってたけど、こんなのは本当に稀。
有名ブランドでもガンガンセール続い てるもんね。
つくづく、不況なんだなー、普段なら捌けるものが捌けてないんだなー、と思う。
自分のようなファッション中毒者にとっては嬉しい部分もあるけども 。
(セールになってから、春先にも使えるようなものを大分買った。特にロングJKは愛用中!)
小売業は相当苦しいだろうなあ、今は。

「バブルの甘い汁も 吸わず、最初からこんな不況で、可哀そうな世代だよね」とよく言われる。
確かに、物心ついたときはすでにバブルははじけていた、幼稚園から中学生まで過ごした90年 代は
後になって“失われた10年”だなんて言われるけど、自分たちとしてはよくわからない。
だって私たち自身は別に何もしてないのに。
高校生で小泉ブームを 迎えて、ちょっと好景気に沸いたかと思ったけど
就職して1年目で、100年に1度の大打撃、大不況。
まあ内定取り消しがないだけ、マシなのかもしれないけど。
そ れが私たちの世代。

でも私は、自分がアンラッキーなんて思ってない。
だって最初から世の中が下降気味で、それが当然だったんだもの。
バブルで散々遊ん でた先輩も上司もいるだろう、でも特別うらやましくなんてない
だってまったく実感がないから。むしろ「なんでそんなに浮ついてるんだ・・・」と思うだけ。
乱暴 な言い方が許されるとすれば、私にしてみれば、バブル世代の人たちのほうが断然可哀そうだと思う。
まあ一部の人たち限定だけど。
だって彼らはそれが当然だと思 ってしまっているから。
一度上がった水準を、後になって下げるのは最も難しいこと。
ただ単純に、客観的に、それはハードだろうなと思う。
でも同情はしない 。時代や環境は誰かひとりのせいじゃないけど、その分の責任は
「適応できるかどうか」という形で、後から降りかかってくるんだもの。
80年代は確かにそうだった んだろう、それでいい、だけどずっとそのままなんて有り得ない。
ダーウィンは凄いよ
「生き残る種というのは、最も強いものでもなければ、最も知能の高いもので もない。
変わりゆく環境に最も適応できる種が生き残るのである。」
それは今後、常に自分にも言い聞かせなきゃいけないことだけどね。


●1月30日 セラヴィーナガノ

こないだ仕事で新宿御苑の近くにいくことがあり、お昼に時間があったので
せっかくなので評判のいいお店に行ってみ よう!と、tabelogを見てから出かけました。
お店の名前は「セラヴィーナガノ」。フレンチ・ビストロ。
プリントアウトした地図を片手に、このへんかな〜と思いな がら路地を入ると

ちょ、ま!

ここは昭和の喫茶店?しかも店の入口は地下。
しかし「外観に惑 わされないで」ってネットに書いてあったなーと思い出しながら、恐る恐るドアを開く。

中に入ると、13時半くらいだったのにほぼ満員。ちょっと狭いのが玉にキズ だけど
カウンターにはスーツ姿のサラリーマンのおじさんも何人かいて、素敵な気持ちになりました。
そして結論から言うと、お料理も最高に美味かった!
ラン チコースは1365円で、スープと前菜とメインと食後のコーヒーがつきます。
選択肢が多くてかなり迷ってしまった!
結局前菜は鶏レバームースと合鴨胸肉のバルサミ コソースにしたんだけど
昼間から結構な量! でも美味い!
ワインがあればもっと美味かっただろうに・・・と思いながらモリモリ食べる。
メインの本日の魚と 帆立貝のポワレもやわらかくて、ソースが奥深い味で・・・じゅるり。
これでこのお値段は絶対安いです。
今度はぜひとも夜に行こうと思う。このへん他にも素敵な お店が多くていいわあ。

去年からの邦楽熱がますます盛り上がっております。
というのも、イキのいい新人の女の子が夏くらいからガーッと出てきてる気がする から。
やっぱり女子が好きじゃ!!
というわけで、最近特に気になってるのはこの子。

福井舞

ドラマ「恋空」、第1回だけ見て、何も得るものはないなと思って視聴を やめたんですが
唯一の収穫が、主題歌を歌っていたこの福井舞。
その曲「アイのうた」は自作曲じゃなかったようで、曲調自体は私の好みじゃなかったけど
とに かく声がいいね。ハスキーだけど大人っぽすぎなくて、力のある声。
続く「Lucky」がなんじゃこりゃな歌詞だったので、自作曲じゃダメな子か?と思ったのですが
最 新曲「Can Can」を聴いてまたビックリ! ラブサイケデリコをもっとストリートっぽくした感じで新鮮。
ドラムを叩きながら歌うビデオもパンチあるわ。
「赤い糸」 の挿入歌もlego big morlをいち早く起用してたし、ケータイ小説系作品侮りがたし。


●1月25日 慰めの報酬

今日は007の最新作「慰めの報酬」を見てきました。
昨日から公開されたばかりということもあって、劇場は結構な人出でし たよー
前作「カジノ・ロワイヤル」は非常によくできていて、もちろんダニエル・クレイグも格好いいし
何よりボンド・ガールのエヴァ・グリーンasヴェスパーが最 高に魅力的で。
エヴァ・メンデスみたいな「That's ラテン!」ってタイプじゃなく
ラテン系だけど黒髪で色白、妖精っぽくどこかミステリアスなルックスの女子が大 好物なもので・・・
最後の赤いワンピースとか最高に似合ってたよね。

てな感じで前作への評価が高いゆえに、どうかなー?と思いながら臨んだ今回。
割と 厳しめな口調の批評もみかけたしね。
結論から言うと、前作ほどではないにしろ、それなりに楽しめた。
ただ前作から話が続いてるから、前知識なしではちんぷんか んぷんだろうし
私も結構忘れてたので、後から「あー、そういえば・・・」と思った部分が多々ありました。

ダニエル・クレイグのアクションも相変わらず素晴 らしくて、それだけ動いても表情を崩さない姿は
これぞハードボイルド!なのだけど、全体的にハードボイルド過ぎたのも事実。
バンバン人は死ぬし、ボンドはずっ と苦悩してるし、舞台は砂漠だしで(これはまあいいんだけど)
007シリーズの魅力である軽妙洒脱な部分が損なわれてるんだよね。
ボンドが英国諜報部のスパイとい うよりは、旧ソ連の殺し屋にしか見えなかったよ!
あとアクションの撮り方が割と俯瞰気味というか、演出は凝ってるんだけど大味だなーって感もあった。

ファ ッションは非常に良かった。ボンドのトム・フォードのスーツの着こなし具合は最高だったし
ふたりのボンドガールの、対照的なファッションもナイス。
特にカミー ユ(オルガ・キュリレンコ)の、オレンジのキャミソール&カーキのスカートに
太い金の鎖ネックレスを合わせたコーディネートなんて、まさに今年流行のアフリカンな 感じ。
ジェマ・アータートン扮する、イギリス大使館職員“ストロベリー・フィールズ”も超キュート!
赤毛の、前髪あり長めボブが超超可愛い。真似したいー
オードリー・ヘップバーン風の正統派ドレスアップも素敵でした。

他にもいろいろ言いたいことはあるんだけど、なにより一番印象に残ったのは
悪役のマチュ ー・アマルリックが三上博史そっくりだってことです。
もうマジで、見ればすぐわかるから!絶対そう思うから!
おかげで映画の内容に集中できませんでしたよ 。


●1月24日 BE MY BABY

寒い日が続きますが、心はすっかり春物に向かっております。
もう厚手のニットとかかさ張るコートとかいやん!!!
と いっても、それらを着なければ凍え死んでしまうのは自分なので、とりあえず色味とメイクで春めかせています。
最近メイクは、目元にあまり色を使わず、全体のトーン を白っぽくして、ナチュラルな感じにしてみたりとか
目元は淡い水色やグリーンにシルバーラメを重ねて、チークはピーチピンクとかの組み合わせが気分。
メイクは 寒さとか関係ないから楽しいね!!

2月号の「PINKY」が面白かった!物欲を見事に刺激されました。

鈴木えみ、佐々木希、木下ココ、木下優樹菜の4人表紙が豪華&華やか!
ちょうど1年前くらいはモデルもスタイリングも低迷してる 印象があって、しばらく買ってなかったんだけど
最近はモデルがどんどん育ってきてて、かなりいい雰囲気になってると思います。
特に、メインスタイリストをやっ てる井関かおりさんのセンスが素晴らしい。
去年の10月号、久々に立ち読みしたときに井関さんの特集があって、それがかなり好みだったので
その後またちょこちょ こチェックするようになりました。
文章は相変わらずアホっぽいけどね・・・

特に好みだったコーディネートがこのふたつ。

左:ココちゃんの着るレトロマリン。非日常が似合うルックスでうらやましい。
なんだかんだ毎年流行ってるマリ ンだけど、今年はより60sな雰囲気で素敵ね。
やっぱりトリコロール以上に可愛い色の組合せはないと思っています(自分に似合うかどうかは別だが)
右:ギンガムチ ェックのロンパースにカラーパンプスの、甘辛MIXがツボ。
ロンパースorサロペットorオールインワンって去年から流行ってるけど
可愛いコーデももちろんあるけど、 どうもベビー服のイメージが強くて
「いやいや、赤子じゃねえんだよ!」と思ってスルーしてきたわけですが
この春出てるのは丈もちょっと長めで、微妙に心くすぐ られています。
モデルの栞は、今までPINKYにいなかったタイプの新人で好きだなー

そんな感じで、春物見に行くつもりで新宿に行ったら
意外と最終セールで 掘り出し物があり、思わずバンバン買ってしまった。
そのとき知ったんだけど、ルミネエストの地下にある「VANITY VANILLA」が
ブロンド自体をクローズするらしく てショックだわ・・・


●1月18日 Redeemed

私が毎週欠かさず見る数少ないテレビ番組のひとつに、
日曜24時〜@テレビ東京で放送される「ショウビズ・カウントダウン」 があるのですが
本題はそこじゃなくて・・・さっきその「ショウビズ・カウントダウン」を見てたら
海外ドラマ「カシミア・マフィア」DVDのCMをやっていたのですよ 。
「SEX AND THE CITY」のスタイリスト、パトリシア・フィールドが手がけて話題になったやつ。
その割に第1シーズンで打ち切られてしまったようで残念ですが
そのCMに使われていた曲が、Charlotte Martinの「Redeemed」だったからビックリ!!
セカンド・アルバム「Stromata」のラストに収録されている曲で
連続で100回流 されても余裕で聞けるくらい、大大大好きな曲なのです。
しかしシングル曲でもない、そもそも日本盤すら出ていないこの曲を
まさか地上波で(CMだけど)聴ける日 がくるとは・・・と感動したよ。
このサイトを見るに、エピソード3のエンディングに使われてたようですね。
アメリカのドラマは、日本と違って挿入歌が いっぱい使われてていいよね。
他にもいい曲いっぱい使ってるみたいで、改めて打ち切りになったのがもったいない。

ちなみに「Redeemed」はこんな曲です。

映像は映画「毛皮のエロス」を つなぎ合わせたもののようです。
ピアノ主体の美しく静謐なメロディ、シャーロットの凛とした歌声。
歌詞も非常に宗教的な内容で、日本人にはちょっと作れないタ イプの音楽だと思う。

Where is the hand
For me to reach?
Where is the moral
I'll never teach myself?
In all the black
In all the grief
I am redeemed

私の稚拙な訳を載せるのもなんなんで、興味のある方は是非ご自身で読み解いてみてください。
redeemとはキリストが人間を罪から救う 、という意味の単語。
原曲も最高なのですが、よりスピリチュアルな空気を堪能できるのはこちら。

MW Splashという、ワシントン大学のゴスペルサークルのライブ映像。
宗教心の薄い私でも、途端に心が洗われます。

先週開催されたゴールデングローブ賞のファッションチェックを掲載しました。
どうぞトップページからご覧 くださいまし。


●1月17日 こんにちはDELL

遂にパソコンを買い換えました。
これまで使っていた富士通のは、大学入学時に買ったものなので、6年弱使っていた計 算。
よくぞこれまで壊れずにもってくれたものだと感心です(さすがに最後は変な音してたけど・・・)
当初は正月の初売りで、特価のパソコンを買おうかなあと思 っていたのですが
広島で買って東京に送るのも馬鹿らしいかなと思い、先週見に行ったら
1月10日から各社、春モデルが出ていて、秋冬モデルの安いパソコンが一斉に 取り払われていたという。
それでもいろいろ回っていたら、秋葉原のソフマップで週末大特価のDELLを発見、お買い上げと相成りました。
Core2Duo、メモリ2GB、 HDD160GB、オフィス装備済で、5ケタで買えたのでまあ満足。
この週末で昔のパソコンから新しいものへ、ファイルも移さなければ。
しかし新しいパソコンというのは 、こんなにも動作がラクなのね。
今までの重さ(起動するのに5分かかる)を考えると、あれは一体・・・と遠い目になります。

Cheeza(チーザ)が美味い件。
突然ですが、ワインにめちゃくちゃ合うお菓子を発見して、最近はこればかり食べてます。
グリコのCheezaというお菓子で、コンビニなら190円、スーパーで170円く らい?
説明のとおり、チーズをそのまま焼き焦がしたような絶妙な味で、
薄いのでサクサク食べられるし、お腹にたまりすぎない量で、かなり便利。
カマンベー ル味とチェダーチーズ味の二種類ありますが、個人的には前者のほうがオススメです。
しかし今週はよく飲んだわ。
金曜、同期とスペインバルでがっつり食べて(豆 のマリネ?とイベリコ豚型ロースの炭火焼が特に美味)
さあ帰ろうかな、と思ったところで部長から飲みのお誘い。
普段から、行きたくない飲み会は割とサクッと断 ってしまう私ですが
さすがに部長のお誘いは断れねーよ。しかも何故かさし飲みだし。
いっぱい話してもらって楽しかったけどね。
午前3時半、酔っぱらった部長 を帰らせなきゃ!と、部長の日本酒(瓶)を自分で飲んでたんだけど
まったく酔わなかった・・・酔いと精神状態とは、まことに密接なことよ。

Joe Buddenのセ カンド・アルバム、遂にリリース。
Joe Budden Myspace
03年のDef Jam作品がかなり好みだったので、メジ ャーで復活してくれただけでもありがたい。
Just Blazeプロデュース曲がひとつもないのが残念だけど。
レクター博士みたいなジャケットも◎だわ!


●1月10日 ファッション好きには3つの人種がいる説

新年のセールは、今のところすべて広島で済ませました。
地方だと取扱量が少ないし、店舗自 体がないブランドもあるけど
このくらいの規模の方が落ち着いて買い物できてラクだわ。
一度悩んでやめておいたものが、数日後に行ってもまだある、とか東京じゃ 考えられんし。
今回は特に買うものを決めていたわけではなかったのですが、
去年限りだと思っていたお年玉をもらったりしたこともあり(おばあちゃんありがとう !)
結構いろいろと買っちゃいました。後悔はしていない。
・ロング丈テーラードJK
・ガーリィなTシャツ
・ラメのヘアバンド
・リボンブローチ
・ゴ ールドの華やかパンプス
・グレーのブーティ
・お財布
・バングル
特に気に入ってるのはブーティで、トウがころんと丸くてお茶目な雰囲気。
何にでも合 わせやすいし、春先もずっとはけそうなので嬉しい。

そして財布! 遂にGETした。
しかも騒いでたmiu miuじゃなくて、結局選んだのはマイケル・コース。
私は財布はファッションではなく耐久品だと思っているので、気にするポイントは重要な順に
1.使い勝手と質の良さ(更にコンパクトな長財布であること)
2.飽きな いデザイン
3.人とかぶらない
で、予算的にも◎だったので購入しました。
前の財布を高校から6年以上使っていたもので、まだなんとなく慣れずに
特に小銭出 す時にちょっともたつきがちだけど・・・でも仲良くしていこうと思います。

財布もそうだし、私は実をいうとバッグもそんなに興味ない。
通勤用バッグはそれ こそ耐久品で、4月から毎日同じもの使ってます。
そのくせパーティークラッチなんかはホイホイ買ったりするんだけど。

最近考えてたんだけど、「ファッション が好き」な人には3種類いるんじゃないかなと。
1.トレンドに敏感で、衣食住全般的に“オシャレさん”な人
2.ギャルやゴスロリなど、独特の美意識に基づいて自分の 世界を構築する人
3.マニア的に個々のアイテム・キーワードを偏愛する人

で、この中で私は明らかに3なわけです。
我ながら偏ってるなあとしょっちゅう思う もん。靴は30足あるのに鞄は毎回同じとか
ガーリィなワンピース着てるのにヘアはほったらかし、とか。
お金の問題とかじゃなくて、本当にあまり興味がないんです よ。どうでもいい。
だから私はきっと、いつまで経っても垢抜け切ることはないんだろうな。
「何が足りないのか?」と悩んだこともあったけど、こりゃもう先天的 なものなのかも。


●1月7日 新年の抱負

新年明けてまして、おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年はやらなかったけど、今 年は年始の目標を立てておこうかな。
社会人になったことだし。

1.仕事とうまく付き合う
2008年は新入社員ということで、何もわからなかったし、周りもそ ういう目で見てくれてた。
だけど今年からはきっと、「新人」という免罪符も使えなくなるでしょう。ある意味ここが一番の勝負どころ。
仕事はハードじゃないとい ったら嘘になるけど(でも波が激しいだけで、全然ラクなときもあるのよ)、
私の性には合ってるし、何より楽しい。
「楽しい!」「すごい!」という新鮮な気持ち をキープしつつ、よりプロフェッショナルになるのが目標。
まず根本的なところでは、言われたことをきちんと反映できるようにならなくては。
社会人としては当然 のことなのですが、意外と穴があったりしてて・・・元から大雑把な性格ではあるんですが
ベースをきちんと固めるのは大事だと思うので、それをしつつ、でもそれに縛 られ過ぎず。
でもほんと、仕事は好きですよ。同時に怖くもあるけど。
どうやら予想以上に期待してもらってるようなので、そのプレッシャーをいい風に消化したい な。

2.貯金する
具体的にはレーシック手術を受けようか、考えているところ。
周りに数人成功した人がいて、いいなーと思う反面、即決できる事柄でもない ので・・・
でも目が悪いというのは本当に面倒くさいなと度々思うので、真面目に検討するつもりです。
まずはそのためのお金を貯めないとね。もちろんそれ以外の 貯えも必要ですし。

3.生活ペースをより良いものに
漠然とした目標ではありますが・・・要は掃除や料理など、生活の根幹に関わるものをブラッシュアップしよ うと。
今の状態でも悪くはないと思うけど、ちょっとずつでいいので、レベルアップさせていきたいな。
特に料理。簡単な家庭料理レベルなら特に問題はないのです が
ハレの日のレシピやワインに合う料理など、個々のジャンルのものを充実させたいです。
あと、パンにはお金を出し惜しみしないでいこう。

4.すてきなれ んあい
照れくさいので平仮名で書いてみた・・・なんのこっちゃ。
彼氏はこの春から9割9分、地方に飛ばされる予定。
また遠距離恋愛かよ!って感じですが、一 度東京−NYを経験しているので
「国内なら大したことない」と思えるのは幸運なことかも。
明るく力強く、やさしい恋愛を楽しんでいきたいです。



サイキッシュ 過去ログ TOP


ARTICLE

HOME



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO