Gael Garcia Bernal ガエル・ガルシア・ベルナル

恋に落ちた瞬間:
2002年秋頃の雑誌「Figaro」のインタビュー。
白黒の写真でしたが、やさしく熱い眼差しにハートは撃ち抜かれてしまいました。
その時は「天国の口、終わりの楽園。」のプロモーションだったと思います。
とかく格好良く、その日から自分の中の要チェック若手俳優のナンバー1に登録されました。
その後3本の出演作を見て、彼への評価は確かなものに。
今は売れすぎないでー!!と願うばかり(笑)

魅力:
マジでこの人からは”イイ男”オーラがぷんぷんと漂っています。
メキシコ出身でサッカーが大好きという逞しいラテンの血と、
ロンドンに演技留学していた経験がもたらす欧州のインテリジェンス。
このふたつの点が彼の主要な魅力を担っていることは間違いない。
いやしかし、経歴がどうこうとか言う以前に、
あの瞳にみつめられたら、婦女子はまず倒れると思います(笑)
仔犬のように無垢で凛とした瞳なんだけど、
同時に凄くせつないです。熱く哀しい感じ。これはラテン男の必須条件ですな。
無邪気な少年性と悲哀に満ちた男らしさ、
ガエルには相反する2つの魅力が共生しているのです。

Best Scene:
演技で言ったら「アモーレス・ペロス」ですね。
義姉に対する狂おしい感情を全身で表現しててやばかった。
しかし最も印象に残っているのは、2003年のアカデミー賞でのスピーチです。
彼は「フリーダ」の主題歌を紹介する役として壇上にのぼったのですが、
なんと事前の原稿を無視して、反戦をうったえかけました。
会場からは喝采。私はテレビの前で感動泣き(笑)
凄まじくかっこよかったです。やっぱ男はハートだ、ハート。



Joaquin Phoenix ホアキン・フェニックス

恋に落ちた瞬間:
2002年7月に見た映画「クイルズ」のド・クルミエ神父。最高すぎた。
私の人生を変えた映画。そして、私の人生を変えた男といっても過言ではないだろう。
とかくこの映画は、それまで無知な高校生のガキだった私には衝撃的すぎました。
ストーリー、キャスト、映像など(詳しくはCINEMAの欄を参照されたい)、
物凄いパッションで迫ってきて私は完全にノックアウトさせられてしまったのです。
中でも印象的だったのは、ホアキン演じる敬虔な神父。
清廉さを貫き通すが故に最後には破滅してしまう
その苦悩や繊細さが素晴らしく表現されていた。ホアキン・フェニックス、巧すぎ。

魅力:
死んだお兄さん、リバー・フェニックスのように、見るからに美男子!というタイプではないけど
なんとなく母性本能をくすぐるルックス。精悍な瞳。
本人の誠実さが容姿によく表れていて非常に好感が持てます。
そしてやはり演技力ね。素晴らしいです。本当にうまいです。
他には「グラディエーター」「誘う女」等見ましたが、特筆すべき演技力。
おそらく若手の中でもトップクラスだと思われる。誇張抜きで。
なんというか、体の芯から、どんな事細かな振動も逃さず演じ切れる人だと思う。
あと、性格がとってもいい人らしくて、動物愛護の気持ちから
衣装でも毛皮を着ないようにしている、って逸話には感激します。

Best Scene:
忘れられないのはもちろん「クイルズ」ですが
演技の面で、感動するくらい良かったのは「誘う女」かな。
これは、ホアキンにとって長い休養期間を経てのカムバック作だったのですが
そんなブランクは微塵も感じさせない恐るべき演技力を発揮しています。
ホアキンが演じるのはニコール・キッドマンにたぶらかされる高校生。
頭はあんまり良くないけど、彼女の愛を必死に守ろうとしてる、
そんな愚かでひたむきな姿が神懸かってさえ見えた。おすすめ。



Darren Hayes ダレン・ヘイズ

恋に落ちた瞬間:
2002年3月、CDショップをうろついていた私の目に飛び込んできたブロンドの色男。
なんだこのイケメンは!!と心の中で何度も叫んでいました。
それがまず第1波。
更に数日後、ダレンがソロデビュー前に所属していたポップデュオ、
SavageGardenのファーストアルバムを聴いて、ショック死。するぐらいの感動。
ここで確実に恋に落ちました。
ルックスに、歌声に、歌詞に、性格に、
知れば知るほどダレンに惚れていったのです。あの時は相当ブームだった。やばかった。

魅力:
上記のとおり、ダレン・ヘイズはどこもかしこも私のツボをついてくるのですが、
最大の魅力はやっぱり音楽性です。揺るぎなく。
マイケル・ジャクソンやプリンスに影響を受けたというファンクネス、
マドンナ大好き!と公言しているところからも窺えるポップ性、
欧米の男性シンガーには珍しいほどの、実直かつ文学的な歌詞、
リスナーの心の奥をふわりと開いてしまう絹のような歌声。
特に歌唱力については文句無い。ファンだから言うのではなく、現代のシーンの中でも
相当な実力を持っているのではないかと思う。
小説家が羽ペンで愛の物語を綴るように、なめらかに歌い上げる。
この人は本気で音楽を愛しているし、同時に音楽に愛されていると感じるくらい。
特にアコースティックライブでの歌力はまさに天才的才覚です。

Best Scene:
PVだと「Insatiable」。金髪+スーツという最強タッグで、
しかも影がかったミステリアスな画で、最高にフェロモン放出しています。
設定が”ハリウッド女優を見守る守護天使”みたいな感じで。
狂おしくラブソングを歌う様はやばすぎ。悶える。
歌詞ではアルバム「Affirmation」収録作品が特に好き。染み入ります。
ジャケットの中ではやはり「Spin」ね。一目惚れしただけある。
曲は、どれも大好きだけど、今いちばんをあげろと言われたら
マーヴィン・ゲイの「Sexual Healing」をカヴァーしたラジオ局でのライブテイクを選ぶ。
輸入シングルのカップリングに収められているような、彼のキャリアの中では
かなりマイナーな1曲かもしれないけど。
ダレンは、スタジオ収録はもちろんだけど、ライブ音源がことのほか優れているのです。
また、曲が良ければ良いほど、その歌唱力も際立つわけで。
「Sexual Healing」は元々、ゆったりとして気持ちのいいソウル曲ですが
ダレンのこのカヴァーバージョンは筆舌にしがたいほど素晴らしい。好き。
彼の歌声の持つやさしさと彩り、セクシャリティを堪能できます。
また、他にもカヴァーでは、ピーター・ガブリエルの「In Your Eyes」
プリンスの「I Wish U Heaven」なども劣らず良いです。



OH MY DARLING

HOME

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO