シャンドライの恋 全編解説



シャンドライの恋(原題:Besieged)
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:ベルナルド・ベルトルッチ クレア・ペプロー
原作:ジェイムズ・ラスダン
音楽:アレッシオ・ブラド
主演:サンディ・ニュートン デヴィッド・シューリス
1998 Italia

ここでは、映画「シャンドライの恋」のストーリーとみどころを、画像とともに紹介していきます。
そんなことしたら逆に観る気が失せるのでは、と言われそうですが
この映画はむしろ、結末がわかった後でも何度も観たくなる作品ではないかな、と自分では思っていますので
どうぞご理解してお楽しみ下さい。
ここで紹介できるのは画像だけですが、音楽の素晴らしさも魅力のひとつですし
このページを観て興味を持たれたら、是非実際に映画を鑑賞していただきたいです。




アフリカ某国。
シャンドライは何かの予感を感じて、小学校で教える夫のもとへ自転車を走らせる。
しかし遅かった。
この国は軍事独裁政権。
政治活動をしているとみなされた夫は捕まってしまう。
このシーン、夫は子供たちに「リーダーとボスの違いはなんだかわかるかい?」と教えています。
これだけで、彼が反政府的(=民主的)な考えをもっていることがわかります。



場面は変わってイタリア、ローマ。
シャンドライは医学を学びながら、住み込みの家政婦として働いている。
有名なスペイン階段のすぐそばにある美しい屋敷。

主人は、内向的で家にこもってばかりのイギリス人ピアニスト、キンスキー。
彼は伯母の遺産としてこの家を譲り受け、時々子供にピアノを教える程度。
この画、まるでフェルメールの絵のような光の構図です。


螺旋階段のあるこの家の上と下に住むキンスキーとシャンドライだが、
ある夜から荷物用のエレベーターでシャンドライに贈り物が届く。
最初はただ「?」と書かれた五線譜。
次は、一輪のカトレアの花。


学校へ出掛けるシャンドライをキンスキーが眺める様子。
わざわざ目覚まし時計をかけてシャンドライを追っています。
はっきり言ってきもい(笑)
完全にストーカーです。


そしてエレベーターに、値打ちものらしき指輪が。
以前からキンスキーの行動にうんざりしていたシャンドライ。
キンスキーの奏でる音楽も、キンスキーの考えていることも全然理解できない。
ピアノを弾いていたキンスキーに、指輪を突っ返しに行きますが
逆に激しく求婚されてしまう。

「こんな気持ちになったのは初めてだ、結婚してくれ!!」
キンスキー、ただの痛い男。

「アフリカに行ってもいい、君のためならなんだってする。」
という言葉に遂に切れるシャンドライ。
お前にアフリカの何がわかるか。
「何でもするっていうなら、刑務所に入ってる私の夫を助けてよ!!」



愕然とするキンスキー(笑)
何も知りませんでした。浅はかだったね。




新しい部屋を探してみたりするシャンドライ。
しかし以来、キンスキーが何もしてこなくなったこともあり、そのまま彼の家で働いている。
そんなある日、滅多に出歩かないキンスキーが外出する。
驚いて螺旋階段の上から眺めるシャンドライ。
その手から雑巾が離れ、それがふわりと漂い、落ちていく・・・。





緊張感のある非常に美しいシーンです。
また、物語の中でも、今まで「見られる」立場だったシャンドライが
ここで「見る」立場に変わったことを示す、重要なシーンとなっています。


キンスキーは出歩いて何をしているのだろうか?
彼は屋敷の骨董品を写真に撮ったり、
また、あった筈の場所から絵がなくなったりしていく。


キンスキーがピアノを弾いている横で、掃除機をかけるシャンドライ。
流れてくるピアノは、これまでのクラシックではなく彼の自作曲。
アフリカっぽいメロディを取り入れたこの曲に
思わずシャンドライは聴き惚れ、体を揺らしてしまう。

今までキンスキーの音楽に無関心だったシャンドライが耳を奪われていくさま、
更に激しく弾くキンスキー、思わず笑みがこぼれるシャンドライ、
この一連の、両者のスリリングな感情表現が素晴らしい。

そしてキンスキーの手が綺麗過ぎます(笑)


しかし電話がふたりの邪魔をする。
急いで家を飛び出したキンスキーを窓から眺めると、そこには黒人神父と一緒の彼が。


また別の日、シャンドライに手紙が届く。
夫は無事で、しかも近いうちに釈放されそうだという嬉しい知らせだった。
一体誰のおかげで?と考えて、寄付金を思い当たる。まさか?
思い切り騒ごうと、友人とクラブへ出掛けるシャンドライ。
しかし、何故か気分は浮かない。
ひとりでテーブルに腰掛け、ビールを注いでいる。




このビールの泡が、次の螺旋階段を掃除するシーンへ見事にリンクする。



キンスキーが子供たちを呼んで小さな演奏会を開く。
彼が弾く曲は、あのアフリカのメロディを取り入れた自作曲だった。
その途中に郵便が届き、シャンドライは玄関へ。
それは夫からの手紙で、釈放され明後日の朝早くにローマに着くという内容だった。

思わず家を飛び出すシャンドライ。
彼女がいなくなったことに気付きながらも、悲しそうな表情でピアノを引き続けるキンスキー。
ローマを走るシャンドライの姿に、ピアノの激しい音色が重なります。

演奏会が終わった頃戻ってきたシャンドライ。
庭に出た子供たちを喜ばせようとキンスキーは果物でお手玉してみせる。
いつになく晴れやかな表情で、子供たちも大喜び。



今までキンスキーの前ではあまり表情を変えなかったシャンドライも微笑んでいるのがわかります。
このシーン、さんさんと輝く太陽、果物の色、人物の表情が非常に鮮やかで
映画の中で一番好きなシーンです。

次の日、屋敷からピアノが運び出され、売られるのを目撃するシャンドライ。


彼女は遂に、キンスキーの意思がなんたるかを理解するのだった。


※ここからネタばれ



シャンドライはキンスキーにお礼の手紙を書こうとする。
しかし書き損じばかり。いつしか便箋は「Thank you」の文字で埋められていく。
一方キンスキーも、神父と夜遅くまで酒を酌み交わす。


シャンドライは、夫のために買っておいたシャンパンを自分で飲んでしまう。
遂に手紙を書き上げた彼女。

泥酔したキンスキーは、真夜中の、誰もいないスペイン階段に座り込む。

シャンドライの部屋をじっとみつめ・・・


キンスキーのこの表情!!



夢うつつのシャンドライの脳裏に流れるのはキンスキーのピアノ。
彼女は自分が何を欲しているかを悟る。
手紙を持ってキンスキーの部屋へ。


酔って洋服のまま寝ているキンスキー、彼の靴を脱がせ、ボタンを開ける。
隣に静かに横たわるシャンドライ。



これまで音楽が重要な演出道具として使われてきたこの映画ですが、
このシーンは無音です。
それだけに、こちらも息を潜めて見つめてしまう。



ローマの夜明け。
一台のタクシーが走っている。




目を開くキンスキー、枕もとに置いてあった手紙をみつけて、微笑する。
そこにはただ一言「I love you」の文字が書かれていた。

その時、玄関のブザーが鳴る。

はっとするキンスキーとシャンドライ。
再びブザーが。キンスキーはシャンドライへ顔を向ける。
彼の腕を掴み表情をこわばらせながらも、一点を見つめ続けるシャンドライ。


そして、彼女はベッドを下りた。
ドアの外には、黒人男性が立ちつくしている。


キンスキーの表情があまりにやさしくてぐっときます。
このシーンの彼が一番素敵。
この静けさが永遠に続けばいいと思う反面、現実は訪れる。
究極の選択を迫られるシャンドライですが、キンスキーは何も言いません。
みつめるその目線は、全てを彼女に委ねているようで余計せつない。
キンスキーが貫いた愛の形が最後まで表現されていて感動します。
そして、シャンドライはきっと夫を選ぶでしょう。
それでいいと思います。


原題「Besieged」は、包囲された、かこまれたの意味。





CINEMA

HOME

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO