78th Oscar Fashion Check


サイコの独断と偏見により、2006年3月5日に行われた
第78回アカデミー賞のファッションチェックをお届けします。


ベストドレッサーはキーラ・ナイトレイ!

「プライドと偏見」の演技で主演女優賞にノミネートされたキーラ。
今年の女優陣では最年少21歳のノミネートでしたが、先輩たちに負けない輝きを放っておりました。
くっきりした顔立ちなので、濃い化粧が見事にマッチ。
本人は割とサバサバした性格みたいですが、このくらい女優!って感じの方が小気味良い。
ドレスはヴェラ・ウォン、アクセサリーはブルガリのヴィンテージ。


30代ベテラン女優たちが次々と艶姿を見せてくれました。

ユマ・サーマン35歳。
さすが元モデルだけあって、身体のラインが出るドレスもこんなに美しい!
柔らかなパールピンクのドレスにヘアメイクが相まって女神様のようです。ヴェルサーチのもの。


こちらも元モデルのシャーリーズ・セロン30歳。
毎年お世話になっているジョン・ガリアーノの手によるディオールのドレス。
批判的なコメントも結構見かけたのですが、私は好きです。だって似合っててるんだもん。
悪女っぽいメイクがまたたまりません!
おみ足も美しいこと。


37歳にはとても見えないナオミ・ワッツ。
自分に似合うものをよくわかってる彼女は、肌と同化しそうに優雅なドレスを選択。
羽のような軽やかさです。ジバンシー。


上のユマといいナオミといい、今年はベージュ系の薄いカラーが人気のよう。

(L→R リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、リンジー・ローハン)
見事主演女優賞を獲得したリース。
コンサバで上品なドレス選びを外さないリース、今回はディオールのヴィンテージ。
小柄な彼女、可愛くまとまっています。
ちょっと久々感のあるニコールさまはバレンシアガのドレスで登場。
相変わらず美しいし、ドレスも綺麗でいいんですが
全体的な色味が薄いのとヘアを下ろしているせいかちょっと手抜きな印象も。
リンジーはシャンパンゴールドでドレスと靴を統一して。
赤い口紅が女優らしくていいですね。


NEXT



STYLE

HOME

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO